プログラミング

プログラミング

【仮想通貨取引のプラットフォーム開発】ホワイトラベル VS. オープンソース、どちらを使用すべき?

675 views

読了時間 : 約3分25秒

恐らくあなたが仮想通貨取引プラットフォームの世界で初心者であれば、さまざまな種類のプラットフォームに直面しているでしょう。ホワイトラベル仮想通貨取引とは何か、オープンソースの仮想通貨取引ソフトウェアソリューションを使用するとはどういうことなのか、情報の波にこん睡状態に陥っていませんか?

 

ホワイトラベル仮想通貨取引

ホワイトラベルのソフトウェアは通常、ライセンスと呼ばれ、プロバイダ(会社)が提供する既製のプラットフォームです。原則として、このようなシステムでは、コア、バックエンド、およびデータベースがあるクライアントから別のクライアントにコピーされます。

 

長所:

1.迅速な展開時間

コアが存在することので、最初から何かを構築する必要はありません。 新しい環境に展開、インストール、構成するだけで済みます。

 

2.コアは確実に動作

既に販売されているコピーの数に応じて、各顧客はすでにそれをテストしています。つまり、安定した機能を得ることができます。

 

 

短所:

1.企業は、クライアントにとって独特のデザインを提供することはめったにありません。したがって、独自のデザインのプラットフォームとはなりません

 

2.サポートの欠如があげられます。ホワイトラベルのプラットフォームは、原則としてソフトウェアベンダを提供します。彼らはサポートに興味がありません。彼らの主な仕事は製品を販売することです。それらのためには、システムをサポートするためにチームのリソースを使用すること、さらに将来的には新しい機能を導入することは非効率的です。医療におけるブロックチェーンと同じ状況です。信頼できる会社を見つけるのが理にかなっています。

 

3.サポート会社を見つけるのが難しいでしょう。すでに述べたように、ライセンシーはあなたのプラットフォームをサポートしません。しかし、問題はよりグローバル化しており、他の企業もサポート会社を探しています。しかし、システムの構造を理解できる人は少なく、サポート会社はより高額なサポート料金を提示できるようになるでしょう。

 

4.ライセンス。一部の企業では、毎月または毎年のライセンスで販売を行っています。そして、その支払いを続けなければなりません。

 

このタイプのプラットフォームは、特定のエリアでそれを始める最初の人になりたいときに最適です。 最小限の展開時間とすぐれたソリューションは、これに貢献します。 一方、サポートコストは、ライセンスのコストと同じくらい高額です。 そして、本当の欠点は、ユーザーに適したユニークなデザインが欠けていることです。

 

 

 

オープンソースの仮想通貨取引

オープンソースの仮想通貨取引プラットフォームは世に出始めてまだ新しいです。それらをダウンロードし、サーバーに展開し、その働きを見てみてください。

 

長所:

1.導入時間が短い

 

2.無料である

 

 

短所:

1.デザインについては忘れてください。 オープンソースプラットフォームは、開発者1人、最高でも数人のアマチュア愛好家によって作成されています。

 

2.不十分な品質。 機能の欠如は氷山の一角です。複雑さは品質の悪いソースコードになります。

 

3.弱いセキュリティー、あるいはセキュリティの欠如。 データベース暗号化を使用して安全なフレームワーク上でオープンなプラットフォームを見つけることは期待しないでください。 プラットフォームには何百もの穴があり、その代償は後で支払うことになります。

 

4.管理とサーバーの部分。セキュリティは、ソースコードの品質だけでなく、ファイアウォールやソーシャルエンジニアリングの脆弱性にも依存します。

 

 

では、オープンソースの仮想通貨取引プラットフォーム(ソフトウェア)を使用する価値はあるのでしょうか。

答えはイエス、ノーの両方です。 実際のユーザーがいる作業プラットフォームでは、その使用を推奨しません。いくつかの穴や脆弱性は、ビジネス全体に影響を与えることがあります。この場合、非常に危険です。セキュリティは、ソーシャルネットワークやEtsyのようなマルチベンダーのプラットフォームに不可欠なコンポーネントです。

 

一方、実際のユーザーから隔離されたテストサーバーについては、手頃な価格のソリューションです。どちらを実装すべきか。特にプログラミングやWeb開発に精通している場合は、アプリケーションとデータベース設計のアーキテクチャーとロジックを恐れることなく、自分で導入してみてください。

 

大規模な開発チームをお持ちの場合は、オープンなプラットフォームが良い解決策になります。

 

 

 

この業界では、牽引力とテストのアイデアを得るためにできるだけ早く製品をリリースすることが非常に重要です。おそらく、取引の歴史はオープンソースコードから始まりましたが、前述のようにカスタマイズが必要となるでしょう。オープンソースのプラットフォームの背後には、勤勉さが必須です。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

 

※本記事はWhite Label Crypto Exchange Software vs Open Source Cryptocurrency Exchange Platformを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ