その他

その他

運動エネルギーとは何かがわかる10例

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、10 Best Examples Of Kinetic Energy
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

127 views

読了時間 : 約5分39秒

運動エネルギーは、動いた時のエネルギーです。何かが動いた時、それを運動エネルギーと呼びます。古典力学では、循環していない物の運動エネルギー(E)は、その質量(m)と速さ(v)で決まります。

 

E = ½mv2

 

エネルギーはスカラ量なので、方向がなく、いつでも見れます。量が2倍になると、エネルギーは2倍になります。しかし、速さが2倍になれば、エネルギーは4倍になります。

 

 

運動エネルギーは、動作のタイプで3種類に分類されます。

 

 

⒈解析力学における運動エネルギー:物が移動する時のエネルギー。例えば、動いている電車や、重力で落ちる物は解析力学の運動エネルギーが働いています。

 

⒉回転運動の運動エネルギー: 回転する時のエネルギー。地球の自転が一番いい例です。

 

⒊質点の運動エネルギー:振動によるエネルギー。例えば、フォークを叩いた時に出る音が、質点の運動エネルギーです。

 

エネルギーの単位はジュールですが、運動エネルギーの単位はフットポンドです。これは、対象物を変えたり、エネルギーの種類を変換する事ができます。

 

 

例えば、ランナーは科学的なエネルギー(食べ物から取った)を自分自身に使います。この場合、科学的エネルギーは、動くエネルギーに変わっています。これがいわゆる運動エネルギーです。しかし、多くのエネルギーが熱になってしまい、効率的でありません。

 

 

運動エネルギーは、主に次の5つの要因から起こります。機械、電気、熱、光、音です。わかりやすく説明する為に、毎日の生活で起こる運動エネルギーの最も基本的な例をいくつか集めてみました。

 

 

 

 

 

1. 乗り物に乗って移動する

 

 

引用先: GIPHY

 

 

機械的エネルギーの形

 

運動エネルギーは、体が動く事で発生するエネルギーです。この定義では、全ての動いている乗り物は、それぞれエネルギーを持っています。

 

質量と速さが大きくなれば、運動エネルギーも大きくなります。四輪車は二輪車より運動エネルギーが大きいです。(同じスピードで動いたとしても、四輪車の方が大きいので)

 

 

同様に、飛んでいるジェット戦闘機や宇宙船 ( 国際宇宙ステーション のサテライトシステムなど) も運動エネルギーが大きいです。

 

 

 

 

 

 

2. サイクリング

 

 

 

機械的エネルギーの形

 

 

サイクリングは運動エネルギーの一つです。自転車に乗っている人は、まず初めに自分の身体に食べ物で科学的エネルギーを入れます。自転車のペダルを漕ぐ事で、科学的エネルギーが運動エネルギーに変わります。

 

しかし、このエネルギーの変換は効率的ではありません。自転車に乗っている人は、熱を出す為と摩擦と空気に対抗する為にも多くの科学的エネルギーを使っています。

 

 

 

 

 

 

3. 携帯を床に落とす

 

 

機械的エネルギーの形

 

 

携帯が落ちる時、何がおきていますか? 重力が働いて、それによって速度が早くなり、運動量が大きくなります。

 

 

落ちるものは全て、空気抵抗と重力が同じになるまで、落ちる速度が加速し続けます。しかしこの場合、空気抵抗は重力よりかなり小さいので、考えなくてもいいです。

 

 

まず初めに、携帯は一番高い位置に一番多くのエネルギーがあります。落ちる時に、このエネルギーが運動エネルギーに変わります。携帯が持っているエネルギーが大きければ、 運動エネルギーも大きくなります。

 

 

携帯が床についた時、運動エネルギーは音を鳴らし、バウンドさせ、壊すか変形させます。

 

 

 

 

 

 

4. 銃から発射される弾丸

 

 

機械的エネルギーの形

 

 

飛んでいる弾丸には、非常に大きい運動エネルギーがあります。これは初活力とも呼ばれます。外部の要因(例えば重力や空気力学)以外では、初活力は銃口やカートリッジから生まれます。

 

銃弾の動きが速いか銃弾が重いと、その分運動エネルギーが大きくなります。そして、より大きいダメージを与える事ができます。

 

 

 

 

 

 

5. 雷雨の間の稲妻

 

 

電気のエネルギーの形

 

電気のエネルギーは運動エネルギーの一つで、負の電極に流れる電子の流れです。エネルギーの量は、電子の速度に比例します。速度が速ければ、エネルギー量が大きくなります。電子の動きとは、電気装置を動かす事です。

 

 

雷雨の間の稲妻は、電気エネルギーの一つです。私たちが実際に見えているものは、雲の中で静電気が起こり、電子が放出されている状態です。稲妻が空気を温め、稲光を起こし、雷を起こします。

 

 

 

 

 

 

6. 自動車のバッテリーから出される電気

 

 

電気的エネルギーの形

 

車のバッテリーは、化学的エネルギーを機械的エネルギーに変換します。電子が陽極と陰極の間を動く事で、バッテリーから化学的エネルギーが生まれます。これらの電子は、車の電気回路に流れます。

 

 

バッテリーを充電する事で、電子の流れが逆になります。(陰から陽へ). さらに、これらの充電式バッテリーは破裂しないようになっていて、急速充電できるようになっています。

 

 

 

 

 

 

7. ステレオスピーカーの振動

 

音のエネルギーの形

 

音は、媒体(例えば水や空気)が動く事で発生するエネルギーです。音のエネルギーは、波で動き、私達の鼓膜が振動し、それを私達は音として認識します。

 

 

ステレオスピーカー (何かしら音を出すもの)も同じ仕組みです。スピーカーの音量をあげ、手をかざすと振動を感じます。この時、スピーカーは前後に動き、空気の分子を動かし、気圧を音の波に変えています。

 

 

もう一つのわかりやすい例は、ドラムです。ドラムを叩くと、表面が振動して音が鳴ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光のエネルギーの形

 

白熱電球と呼ばれる従来の電球は、電流が2つの金属接媒の間を移動します。これはワイヤーとタングステンフィラメントを通して電流が流れ、光が放射される所が熱を発します。

 

 

電球は、光を出す時、同時に熱が出てきます。例えば60ワットの白熱電球は、1秒間に60ジュールの電気エネルギーを光と熱に変えます。これはどちらも放射エネルギーです。

 

放射エネルギーは、分子や波が移動するエネルギーです。 これは、電磁波から発生し、通常熱を持っています。

 

 

 

 

 

 

9. 高速のラジオ波

 

無線信号を発している塔

 

放射エネルギーの形

 

ラジオ波も、波動で動きます。通常3 kHz から300 GHzで、100キロメートルか1ミリメートルの範囲で動きます。 他の電磁波と同様、ラジオ波も光速で動きます。ラジオ局は、このラジオ波を使って、広範囲に聞こえるようにしています。

 

 

放射エネルギーのもう一つの例は、太陽の光です。陽の光が暖かいと感じるのは、このせいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

10. お湯を沸騰させる

 

 

熱エネルギーの形

 

放射エネルギーと同様、熱エネルギーは温めたり熱を持ったりします。しかし、大きな違いがあります。 放射エネルギーは分子の流れや波であり、熱エネルギーは分子と原子の間の動きです。

 

原子と分子が早く動いてぶつかり合うと、熱エネルギーが生まれます。なので、熱エネルギーは動的エネルギーの一つと言えます。

 

 

お湯の沸騰は、目に見える熱エネルギーの一例です。水が熱を持つと、分子の動きが活発になります。そして、それは沸点に達するまで動き続けます。

 

 

火山の爆発や天然鉱物の腐敗による地熱エネルギーも運動エネルギーです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ