その他

その他

Geekly(ギークリー)の評判や口コミは?【体験レポ】メリットやデメリットもわかりやすく解説!

154 views

読了時間 : 約13分27秒

私は、マーケターを希望して転職したいと思っている男性です。

様々な転職支援サービスがありますが、できれば効率よく、より人気のあるところでスムーズに転職したいと思っています。

私はウェブでエンジニア向け転職サービスを検索して「ギークリー(GEEKLY)」を見つけたのをきっかけに、さっそく転職活動をしてみました。

その結果について記入していきますので、IT・WEB業界への転職を希望されている方や「ギークリー(GEEKLY)」の情報を得たい方は参考にしてみてください。

 

Geeklyは、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職支援サービスとなっていました。

「ギークリー(GEEKLY)」は、実際のところどうなのか、検証してみたいと思います。

実際に利用して感じたことは、案内の件数に対してや、転職活動に対するスピ―ディさは、問題なく満足したものになっています。

もしITエンジニアの転職希望なら、また、プロジェクトマネージャーやWEBマーケターに関しての転職を希望されている場合においても必ず登録しておいたほうが良いです。

 

>>ギークリーの公式サイト

 

ITエンジニアの転職案件は自分が今回利用しているマーケターの転職案件より、非常に多くあるのを知りました。

 

ギークリー(GEEKLY)について

ギークリー(GEEKLY)は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを行っているエージェントです。

今回わかったことですが、ギークリーは、本当にIT業界だけに特化しているということです。

正社員の転職では、その点、唯一のエージェントとなります。

 

・システムエンジニア
・プロジェクトマネージャー
・システムコンサルタント
・webディレクター
・webマーケター
・webデザイナー
・営業関連
・経営企画・新規事業など

 

IT業界特化のエージェントというのは、通常エンジニアに特化されていることが多いです。

ところが、ギークリーはシステムエンジニアを含め、webマーケターから営業まで、IT業界の幅広い職種にどれでも応募できるのです。

これは、とても利用価値の高いエージェントだと思って、即登録したのは言うまでもありません。

 

ギークリー(GEEKLY)を利用するには?

求人応募・書類選考・面接対策まで

①会員登録

まず、ギークリーの公式サイトにアクセスして会員登録をします。

>>IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職【GEEKLY】の詳細はこちら

 

簡単な入力事項を記入(氏名や略歴等)
↓   ↓
履歴書と職務経歴書を添付
↓   ↓
登録が完了
↓   ↓
登録メールアドレスに、完了通知メールが届く

 

●メモ●
現在まだ履歴書や職務経歴書の準備がこれからだという人は、ワークポート の公式サイトに登録すると『職務経歴書・履歴書テンプレートダウンロード』が出てくるので、そこからダウンロードするとよいです。
(職務経歴書については、豊富なテンプレートが用意されています。)

 

②面談予約

登録した電話番号に、ショートメールが届きます。
↓   ↓
面談予約サイトのURLが添付されています。
↓   ↓
そのURLにアクセスし、自身の都合が良い面談日を登録。
↓   ↓
面談日が確定の返信メール届く

 

返信メールに確定した面談日と時間、面談場所(ギーグリー本社)の記載が
あります。

ギークリーは、渋谷駅から徒歩5分ほどの場所なので、確認しましょう。

詳細な住所を知りたい場合は、公式サイトに記載があるので確認できます。

 

●メモ●
事前に問い合わせたい場合は公式サイト上に記載がある代表電話番号へ。
担当者が対応してくれます。

 

③面談・カウンセリング

エージェントとの面談を実施
↓   ↓
転職を希望の理由、自身の経歴や経験、
希望する業務内容などをヒアリング
↓   ↓
その場で求職者に求人情報提示

 

●メモ●
登録から面談までで思ったことは、とても流れがスムーズだということです。
また、ギークリーのミーティングルームが驚くほど綺麗です。

面談のヒアリング時にエージェントは席を外したかと思うと、希望案件にあったいくつかの求人情報を目の前で提示してくれたので無駄な時間がなく、非常に好印象です。

事前に提出していた履歴書と職務経歴書からユーザーにあった求人情報を探しておいてくれるので目を通します。

疑問点を随時質問しながら解決していき、とてもスムーズに時間が流れます。

気になった求人は、本面談から申し込みに向けて行動に移すことができます。

 

④面談完了、書類通過

面談が完了すると、登録メールアドレスに
進歩状況記載のURLが届きます。
↓   ↓
仮パスワードも記載されているのでログイン
↓   ↓
現在の就職活動中の履歴、選考活動の進捗状況を確認。
募集中の求人などを確認。
↓   ↓
書類選考を通過
↓   ↓
面接対策。マニュアル等のダウンロード
↓   ↓
面接日調整・面接
↓   ↓
内定

 

●メモ●
担当者とのやり取りについては、基本的にメールやLINEを使って行います。
求人応募については、平均30社ほどを目安として応募する様に、とのことでした。

また、退職をする場合は、最低でも2ヶ月前から現職場に申し出する事をエージェントから強く勧められました。(これは、あとで出てくる退職交渉時に役立ちます。)

 

書類選考が通過すると、面接に入ります。

担当エージェントから、面接対策情報が詳しく届けられます。

しっかりと頭に入れ、面接に臨まなければいけません。

 

基本的に、1次面接、最終面接(2次面接)の2回の面接があり、その後、内定が出されることが一般的なようです。

内定が出た後、その保留期間は、ある一定期限が設けられている為、内定決定後、辞退する事も可能です。

入社決意が固まった場合、現職のある方は、退職手続きに入ります。

職務によっては、退職交渉が難航する場合もあるそうです。

現職の企業とエージェントが直接交渉する事は不可能ではありますが、実績から、円満退社の方法をエージェントが提示してくれるなどのサポートもしてくれます。

 

ギークリー(GEEKLY)のメリットは?

ここでは、私が実際にギークリー(GEEKLY)を利用して感じた真実を自分の観点から、「ギーグリーのメリットは?」として記入してみます。

ギークリー(GEEKLY)は、エンジニア特化型の転職サイトです。

ですから、IT業界で自分のキャリアを積みたい、自分はIT業界で働きたい!と考えている方にとっては、非常に多くのメリットがあると思いました。

 

IT業界に特化している求人情報多数!

他の総合型の就職エージェントと比較すると、IT業界専門で特化型の為、エージェントがITやIT業界に精通していて、技術的な話についても、きちんと熟知しているので話しやすかったです。

また、特化型であるということは、とても恩恵があると感じました。

エージェント自身が企業との関わりがとても強いのです。

それは、エージェント自身が頻繁に担当企業に顔を出しているので、その企業の詳細な内部事情や、雰囲気を自分にも共有してもらえたところからもわかりました。

さらに、とても大きなメリットとして感じたことがあります。

それは、企業と関係が深いということから、年収交渉やポストの交渉もエージェントを通して行いやすいという点です。

 

紹介求人数がとても多い

現状において、IT・Web・ゲーム業界に関しての求人数は非常に多く、それを保持しています。

現職、ネットワークエンジニアの私は、SIerやNE関連の求人数を実際に面談時に紹介されましたが、他エージェントと比較しても多かったので驚きました。

公開・非公開求人を問わず、幅広く企業を俯瞰出来る点は、求職者にとって企業の選択肢が広がる為、大きなメリットとなります。

 

万全のサポート

転職活動するにおいて履歴書、職務経歴書の用意をするのは当然ですが、それらの添削をしてくれますし、さらにはレジュメの代行作成など、私たち転職活動する者にとって面倒に感じる部分は多々ありますが、それらのほとんどを代行してくれます。

また、職務経歴を求人企業の採用担当者が閲覧できるデータベースがあるのですが、そこへ自分の職務経歴をアップロードすることが可能です。

一次選考確約サービスと言うのだそうですが、このような独自のサービスは有難いです。

アップロードが承諾されると、採用担当が書類選考を実施し、志望者は初めから1次面接に挑む事が出来るという内容がすべてデータベース上でできるのです。

そういったシステムがあることで、求職者は他エージェントからの求職者と比較したとき、円滑かつスピ―ディな転職活動を行うことが可能になります。

 

10年以上のサポート実績がある

採用側企業からの信頼が厚い点は好印象として残ります。

それは、10年以上の転職サポート実績からきているもので、転職活動時の面接対策だけでなく、書類選考対策のノウハウも多々あることで実感しました。

こういった内容からも、ギークリー(GEEKLY)の実績値は高く、年収アップの確率も高い傾向にあるのです。

面接対策では様々な知見内容を共有させてくれるのがとても助かり、またギークリー(GEEKLY)での転職成功率が高いのも、こういったサポート体制の厚さや、これまでの実績があるからに違いないと思わざるを得ません。

 

ギークスジョブ(geechs job)を運営、フリーランスを支援

フリーランスに興味のある方を対象として、ギークスジョブ(geechs job)の運営も行い、その支援活動をしています。

そこでは、エンジニアへの案件紹介にとどまらず、商談、企業との交渉など全面的なサポートを行い、アフターケア・サービスまであるといった充実した運営になっているようです。

また、エンジニアが安心して働ける環境の整備のために「フリノベ」という福利厚生プログラムも存在していて、いたれり尽くせりといった印象があります。

フリーランスでは、とても珍しい取り組みだと感じました。

私も実は一度だけ説明会に参加したことがあります。

そこでは基本的に、案件単位で企業に常駐するエンジニアの募集がメインにありました。

ここに出席することでフリーランスの働き方の不安定要素が払しょくされたように思います。

コンサルタントのサポート体制も万全で、意識改革になったと思います。

ギークスジョブ の公式サイトもあるので、興味がある方は、ぜひチェックすることをおススメします!

 

ギーグリーのデメリット

もちろん、どんなところにもデメリットはあるはずで、自分の感じた部分を記入していきます。

 

キャリアの棚卸にはやや不向き

自分のキャリアについて振り返って自身の市場価値を把握したい人もいるでしょうが、その部分にはあまり積極的に関わらないように感じました。

それは、やはり転職のサポートに力を注いでいるからに他ならず、求人紹介や年収交渉、面談対策は万全である部分がわかっただけに物足りなさがあるかもしれません。

ですから、自分自身の市場価値を知りたい人、棚卸したい人、つまり転職したいと強く希望していない人にとっては、別のエージェントがよいのだと思います。

 

特化型の為、文系職などは不向き

IT・Web・ゲーム業界についての特化型転職支援サービスなので、それ以外については、支援が難しい部分をデメリットとしました。

未経験者のIT業界への転職サポートもありますが、経理や事務などの文系職での転職を志望している方は、総合型の別エージェントを使うのがよいでしょう。

但し、この部分は特化型とわかって本エージェントを利用する訳ですからIT業界志望の方ばかりが応募するはずです。

ですからデメリットとは言えないとは思いますが、大きな視野で見た場合におけるIT業界以外とのつながり不足の点はマイナスとしてとらえ記載しておきます。

 

東京に偏っている

ギークリーは東京23区内の求人がメインです。

そのため、地方での就職を希望する人にとっては、ほぼ求人がない状態なのでデメリットになります。

Uターン就職希望者にとって、ギークリーは選択肢が狭くなるので、もし地方の就職を希望するエンジニアであれば、他の大手求人サイトの利用を強く推奨します。

 

エージェントとしての資質

ここでは、ギーグリーの転職エージェントとしての資質について載せていきます。

全エージェントと面談したわけではないので、私が知る限りでの内容になってしまいますが参考にはなると思います。

 

レスポンスが速い

担当者とのやり取りはメールやLINEで行いますが、他エージェントと比較した場合においてもそうでなくとも、とにかくレスポンスが速いです。

夜中の連絡にも即返信があったときは驚きました。

また、独自サービスや求人サービスにおいての取り組み方がスムーズなので、スピーディに転職したい人には、非常におススメなエージェントとなります。

 

積極的な求人紹介

担当者が非常に積極的で、案件の求人を紹介してくれるだけでなく、確認の連絡などもしっかりしていて素早いので安心して活動ができます。

ゆっくり求人活動をしたい人にとっては、その素早さ、ち密さが煩わしいと感じるかもしれません。

ですが、転職活動をしたくて行動する人間にとっては、非常に助かる頼りになるエージェントとなります。

 

IT関連について博識

特化型の為、エージェントのIT関連知識がとても深いです。

かなり込み入った技術面の内容はある程度までといったところですが、表面的な技術面の内容であれば、略語や専門用語までも話が通じるので知識が深いと思います。

総合型の転職エージェントは、担当者によってばらつきがあり、得意な分野が偏ったりしがちですが、そういったことが全くなかったのは非常に好感が持てました。

専門分野に特化した担当者から、客観的、多角的に自身を評価してもらえて、合うところを紹介してくれるのはギークリーの素晴らしいところです。

 

紹介求人の質は?

ギークリーでは、東証一部上場の大企業から、中小企業まで、私に合った企業を数多く紹介していたくことができ、よかったです。

 

求人紹介内容の年収について

私が紹介を受けた求人情報の年収はおおよそ600~800万円程でした。

中には、年収1,500万円の求人案内もあったので様々な内容と言えます。

基本的に記載されている年収は、ある程度は求職者の質によって調整可能な状態とのことですが、ほぼ、現在の年収の1割から2割増しで決定に至ることが多いようです。

 

職種の幅・内容

もちろん他の転職エージェントから紹介された案件と被っている求人はありましたが、IT業界に関する求人案内数は非常に多く、大手メーカーや、私のようなSIer志望の方であっても、インフラエンジニア志望の方であっても十分納得できる企業数であると思います。

前述したように一般職や経理などの文系向け求人は、ほぼないに等しくその点は注意してほしいのですが、私自身が、提案から構築まで関われる社内エンジニアかメーカー系のエンジニアを志望だったので、大手を含む数多くの選択肢を提示されたことにより満足できる内容となりました。

 

正社員・ホワイト求人が多い

紹介される求人のほとんどが、正社員でホワイトな環境や職場のものです。

福利厚生が整っているものが非常に多く感じましたが、もちろん全ての方にマッチ出来る求人を用意出来るわけではないはずですし、求職者のスキルや環境においても違ってくるはずです。

口コミで、ブラック求人が多いというのを見かけたことがありますが、私は全くそのように思いませんでした。

人により解釈や判断基準は異なるので何とも言えないところではありますが、頂いた求人の多くは大企業であり、福利厚生の面でも、文句の言いようがないものばかりでした。

19時以降残業禁止を徹底している企業や、長時間労働が無い職場の紹介もあったので充実した内容の紹介をしてくれていると感じました。

 

ギークリーを使って良かった点

もちろん、ギークリーを利用しつつ並行して他のリクルートエージェントやワークポートなどの転職エージェントも利用していたのですが、他の転職エージェントと比較した場合において、「ココはよかった!」と感じた点をいくつか記入していきます。

 

IT業界の専門の仕事内容を理解し紹介してくれる

他の転職エージェントでは、やはり総合的に扱っているせいか、IT業界の専門的な仕事をきちんと理解してもらえなかったというのが正直な感想です。

ほとんどの転職エージェントは、IT業界の少しでも踏み込んだ事柄になるとチンプンカンプンで、話が噛み合わなかったのです。

エージェントによっては、全く依頼していないような情報を提供してくるところもありました。

ギークリーのカウンセラーはIT業界出身者が多いので、SEO、SEM、サイトディレクション、KPI設計など、仕事で使う専門用語を使っても問題なく、webディレクターとしての業務に対して、きちんと理解したうえで求人を提案してくれたので、そういった点で評価が高いです。

 

大手ベンチャー企業の新規事業の求人が多い

ギークリー(GEEKLY)には、大企業へと成長したベンチャー企業、つまりメガベンチャーと呼ばれるDeNA、DMM、LINE、グリー等の求人を豊富に紹介していただきました。

メガベンチャーの新規事業ポジションの求人というのは、とてもおいしいですし、一般的には他社に情報が漏れないようにするため非公開募集が多いのでお目にかかれなかったりもします。

メガベンチャーの新規事業ポジションは、年収500~1000万のようにかなり高待遇なことも多く、そういった案件を紹介してもらえるのもギークリーが、これらの採用担当者と太いパイプを持っているからなので、非常に価値ある内容だと思います。

また、それらは、キャリアアップにもつながることなのでIT業界に興味を持ち
どこかいいエージェントはないかと探している人は、ギークリーであれば期待に添えることをお知らせしたいと思います。

 

求人数の母数が5700件!

ギークリーはIT・web・ゲーム業界の求人数が5700件以上あります。

求人数の母数がとても多いだけではなく、一般的には公開されていない非公開求人も2,000求人以上もあります。

さらに、中にはメガベンチャーの新規事業ポジションのように年収1000万円以上の超優良求人もあったりするので、タイミングがぴったり合えば、とてもいい情報に巡り合えたりもするでしょう。

IT企業は人材の流動が激しいようで、常に有料求人が舞い込んでくる可能性があるそうです。

ギークリーは、幅広くIT業界に精通していてアンテナも張っていますから、優良求人はキャッチしやすい状況にあり、またギークリーのほうもそれらを素早く捕まえて情報公開してくれるので、私たちはワクワクドキドキすることになります。

上場を直前に控えていたスタートアップ企業や、まだ誰も知りようがないメガベンチャーの新規事業なども知ることができた事実がありました。

時には、興奮、時には感動もあったりするのです・笑

常にアンテナを張っているので、そんな有料求人の情報をすかさずキャッチして提案してくれます。

実際、上場を直前に控えていたスタートアップ企業や、まだ一般的にリリースされていないメガベンチャーの新規事業についても知ることができて、かなり興奮しました(笑)

 

ギークリーを使って残念だった点

一応、ギークリー(GEEKLY)を使ってやや残念だった点も記入しておかなければいけないと思います。

 

キャリアカウンセリングが甘い

ギークリーは、クルートエージェントやワークポートといったIT業界に強い転職エージェントも同様ではあるのですが、長期的なキャリアカウンセリングに対する時間はそんなに長くかけてはいません。

転職希望者のキャリアプランの相談に乗るというよりも、おおまかな方向性を確認した段階で、すぐ求人を提案されてしまいます。

つまり、全体的なイメージとしては、できるだけ多くの求人に申し込む形をとりながら、書類選考に通過した求人のストックを増やすことをメインにして対象とする企業の母数を増やすことに専念するのです。

ですから、そういった傾向は、長期的なキャリアプランを相談したいといった場合、不満というか、残念に思ってしまう点になると思います。

では、どうしたらいいのか?という点ですが、自ら作っていきたい長期的なキャリアビジョンがある場合は、自分で転職活動の前やその途中にでも自力で対応していくくらいの気持ちでいたほうがいいでしょう。

 

フォローの甘さがある

リクルートエージェントやワークポートは、キャリアカウンセラーが状況確認の為に、頻繁に電話をかけてきます。

ギークリーは、それがないので「聞けば答える」といったイメージです。

しつこくなくていいと感じる人もいれば、フォローが甘いと感じる人もいるでしょう。

 

ギークリーをオススメの人はどんな人?

ギークリーをオススメの人はいったいどんな人でしょうか?

 

急いででもweb業界で転職したい人

ギークリーは転職決定までのスピードがとにかく早いです。

ですから、早く転職したいという気持ちの人、急いで次の転職先を決めたい人にとって最適だと言えます。

ギークリーは、最短で1ヶ月程度で内定が決定したりするのです。

 

エンジニアではない人

IT業界特化型のサービスは、エンジニアに特化していることが多い中、ギークリーに関してはエンジニアのみならず、webマーケター、webディレクター、広告営業、非エンジニア系の求人など多々あり、T業界を網羅しています。

 

新規事業・経営企画などのキャリアアップを目指す人

ギークリーの特徴のひとつとして、ハイキャリア層の求人が充実している点があります。

ですから、ある程度IT業界で専門スキルを自分自身で高めることができた後には、マネジメントや経営などベストのポジションが見つかりやすいです。

ステップアップしたい人にとっては、とてもいい環境に転職できる可能性があります。

 

まとめ

ギークリーは、最終的に満足のいく結果となりました。

口コミにあったように「対応の早さ」がなんとも素晴らしく、また、IT業界のエンジニアのみならず、非エンジニアにも数多くの求人を紹介してくれるのです。

IT業界で転職を考えている人は、ぜひサイトに登録して、面談に行ってみると良いでしょう。

 

>>ギークリーに無料で登録はこちら

 

エンジニアの転職の場合は、「レバテックキャリア」もおススメします。
国内最大級の求人数のIT・webエンジニア特化型の転職サイトです。

 

>>レバテックキャリア公式サイト

レバテックキャリアの詳細はこちらの記事↓

レバテックキャリアの口コミ・評判を徹底比較!IT業界の転職に強い理由とは

 

IT・エンジニア転職を検討中の方はこちらの記事もおすすめ↓

IT・エンジニアに強い転職エージェント5選|エンジニアが転職を有利に進める6つのコツ

おすすめタグ