その他

その他

自動車保険一括見積もりサイトランキングで比較!保険料を安くする6つのポイントと注意すべき5項目【2019年最新版】

294 views

読了時間 : 約5分58秒

車の保険料を安くする6つのポイント

車両保険内容を見直す

加入している自動車保険会社を変えずに、保険料だけ安くしたい場合、車両保険の内容を見直し変更することで保険料を安くすることができます。

例えば保険をエコノミータイプのものに変更したり、車の修理は実費にすることにして車両保険を外すと、数万円の減額になることがあります。

免責金額付き車両保険の設定をしている保険会社なら、免責金額を設定することで数千円程度保険料が節約できることがあります。

人身傷害補償保険は内容が重複していないか見直す

人身傷害補償保険は、事故が起きてしまった時に運転者だけでなく同乗者の怪我や死亡に対しても補償をしてくれるものです。

家族の1人が「車内・車外共に補償」に入っていると家族全員が補償されることになるので、他の家族や2台目の車の補償範囲を「車内のみ補償」に変えることで保険料の節約になります。

「搭乗者補償保険」と「人身傷害補償保険」の両方に入っている場合は、補償内容が重複するので内容の手厚い「人身障害補償保険」に一本化することで、余分な保険料を払わずにすみます。

保険契約更新の際、加入条件・補償範囲を見直し再設定する

自動車保険料は、年齢、利用目的、年間走行距離などの条件やその車を運転する人の範囲によって変わります。
条件を見直し、適切に再設定をすると保険料が下がることがあります。

例えばリスク細分型タイプの保険では、年間走行距離が細かく分けられて設定されているので、年間走行距離が正しく申告されているかどうかチェックしましょう。

契約期間中でも、契約条件に変更がある場合はすぐに保険会社に連絡をすると翌月からの保険料が安くなることがあるので覚えておきましょう。

必要のない特約は外す

自動車保険には様々な特約が付いています。中には自分には全く必要のない特約もあり、それが付けられたまま気がつかないうちに余分な保険料を支払っているということもあり得ます。

保険契約を更新する時などに、保険の内容をよく見直し、不要な特約他と重複する補償内容の特約が付いていれば排除するようにしましょう

支払い方法を変更する

保険料を銀行振込で支払うより、クレジットカード払いにした方が、カードのポイントが付くのでお得です。
また、保険料の支払いは月払いより年払いがお得です。

一月ずつの支払いの方が負担にならないという人がいるかもしれませんが、トータルで見ると月払いの方が割り増しになってしまいます。
年払いに変更することで、5%程度の保険料が節約できます。

ダイレクト自動車保険へ乗り換える

従来の代理店型自動車保険と比べると、インターネットから申し込みができるダイレクト(通販型)自動車保険の方が代理店手数料や店舗などの経費がかからない分保険料が安くなります。

事故が起こってしまった時の補償内容にもそれほど差が無く、同様の保険内容なのに数万円も保険料に差がある!なんてことも。

一括見積もりサービスなどを利用して、複数のダイレクト自動車保険の見積額を比較することで、納得のいく料金一番自分に合った保険を選ぶことができます。

 

自動車保険一括見積もりサイト おすすめランキング

【インズウェブ】

公式サイト:https://www.insweb.co.jp/

業界NO.1の最大大手!

一括見積保険会社:22社 アクサダイレクト/イーデザイン損保/セコム/ソニー損保/チューリッヒ/三井ダイレクト損保/そんぽ24/SBI損保/おとなの自動車保険/チャブ保険/あいおいニッセイ同和損保/朝日火災/共栄火災/損保ジャパン日本興亜/東京海上日動/日新火災/三井住友海上/AIG損保/リロケーション・インターナショナル/シースタイル/福島銀行/かながわ県民共済

・利用者数900万人以上!年間節約額平均30,0879円
・最大22社への一括見積もりが5分で完了
・参加保険社数は最大規模
・独自の視点で、各社事故対応サービスを比較
・顧客満足度が高い
・生命保険、火災保険、旅行保険などその他の保険の見積もりにも対応

公式サイトはこちら
【インズウェブ】

 

【インズウェブ】の口コミ

30代|男性
対面型と通販型の任意保険をインズウェブで無料見積もりしたら使っていた対面型より2割ほど安くなっていたので通販型に移行しました。
30代|女性
人身障害と搭乗者障害のダブってる部分だけ削ったりできるのが良かった。あまり不要なオプションをゴリ押ししてこないのも好印象です。

 

【保険スクエア bang!】

公式サイト:https://www.bang.co.jp/

初心者も安心のFP・弁護士監修!

一括見積保険会社:17社 ソニー損保/アクサダイレクト/おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)/三井ダイレクト損保/チューリッヒ/イーデザイン損保/SBI損保/セコム/あいおいニッセイ同和損保/楽天損保/AIG損保/三井住友海上/損保ジャパン日本興亜/東京海上日動/共栄火災/朝日火災/全労済

・利用者数400万人突破、平均節約額25,000円
・サイトフォームは入力がしやすく使いやすい、入力途中保存が可能
・タイプ別各社保険料を徹底比較
・見積もりに便利な機能が満載
・生命保険、バイク保険、火災保険などその他の保険の見積もりも可能

公式サイトはこちら
【保険スクエア bang!】

 

【保険スクエア bang!】の口コミ

20代|男性
「参考データ」からサービス利用者の何割がどのような選択をしているか?のデータを見ることができるのが便利。初めにやった見積もりから「車両保険だけを外した状態で再見積」みたいに条件変えて比較見積もりできるのもいい◎
30代|女性
かなり対応が早いし、他社のサービスを参考にしながら相見積もりができるところが便利。しつこい電話勧誘もなかったです。

 

【楽天保険一括見積もり】

公式サイト:https://insurance.rakuten.co.jp/

価格.com提携なので比較に強い!

一括見積保険会社:16社 アクサダイレクト/朝日火災/イーデザイン損保/SBI損保/おとなの自動車保険/ソニー損保/損保ジャパン日本興亜/そんぽ24/東京海上日動/チャブ保険/チューリッヒ/日新火災/富士火災/三井住友海上/三井ダイレクト損保/全労済

・利用者節約額平均16,599円(※価格.com)
・サイトが見やすく相場がわかりやすい
・比較に特化したサイトなので比較しやすい
・コシヒカリ1等米、すき家牛丼ギフトなどプレゼントキャンペーンあり
・火災保険、共済もあり

公式サイトはこちら
【楽天保険一括見積もり】

 

【楽天保険一括見積もり】の口コミ

30代|男性
価格.comと同じ検索システムなので使い慣れていてわかりやすい。普段7万代の保険を使っていましたが見積もり4社の相場は2万~3万でかなり安くなっていて驚きました。
40代|女性
特典プレゼントとしてコシヒカリ1等米750gをいただきました。さすがの1等米すごく美味しいです!普段わざわざ1等米を選んで買うことがないのでちょっと嬉しい贅沢でした。

 

法人向け自動車保険一括見積もりおすすめサイト

【保険スクエア bang!(法人)】

公式サイト:https://www.bang.co.jp/hojin/

安心感とコストカットを両立!

一括見積保険会社:7社 損保ジャパン日本興亜/東京海上日動/あいおいニッセイ同和損保/三井住友海上/楽天損保/他

・3台以上なら割引適用!
・9台以下は「ノンフリート多数割引」を適用
・10台以上ならさらに割安の「フリート契約」を適用

公式サイトはこちら
【保険スクエア bang!(法人)】

 

自動車保険一括見積もりで注意するべき5項目

ネットのランキングや宣伝は参考程度に

こう書いてしまうとこのサイトもその一つとも言えるのですが、一括見積もりサイトを紹介・宣伝するサイトは数多くあり、アンケート内容や口コミも様々なものが掲載されています。

中には根拠のないアンケート結果や実績の伴わない評判が掲載されている例もあります。

ネットの情報だけに左右されず、ランキングNo. 1の肩書きだけで保険会社を決めるのではなく、あくまで参考としてネットの情報を活用しましょう。

保険料の安さだけで決めない

一括見積もりで複数の見積額が出ると、値段だけを見比べて一番安いことを理由に保険を選んでしまう人がいます。

保険料を安く抑えることしか考えず、保険の内容、必要な補償をきちんと考慮しないと、いくら保険料が安くても保険に入る意味そのものが無くなってしまいます。

費用対効果に重点を置き、補償の内容に見合った料金であるかどうかを考えることが大切です。
安さだけでなく補償内容や特約を十分に検討した上で保険を選ぶようにしましょう。

契約の条件を比較する

基本的な補償(対人賠償保険・人身障害補償・対物賠償保険・搭乗者傷害保険)については、各保険会社でそれほど違いはありません。

各保険会社を比較するには、条件に関する部分(年齢、運転者の範囲、補償金額、使用地域、走行距離など)に注目するのがポイントです。

自分の生活や家族構成、運転する家族のメンバーに見合った、一番良い条件が設定されている保険会社を選ぶようにしましょう。

一括見積もりで各社を比較する時には、この条件の部分を見比べてみることが大切です。

入力内容と補償内容を確認する

車種、等級、特約などの条件を全て同じにして入力し一括見積もりを出しても、見積額に差が出ることがあります。

入力したはずの内容が入っていなかったり、無制限を選んだつもりが金額が入っていたりすることがあるので、入力内容が正しいかどうか確認しましょう。

対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、人身障害補償は絶対に外せない補償です。この3つが補償内容に入っているかどうかも、必ず確認するようにしましょう。

詳細は会社に直接確認を

インターネットから申し込みができるダイレクト型自動車保険は安く済ませられ、簡単で便利です。
ただし、自動車保険の知識があまり無い人には判断の難しい内容もあるでしょう。

一括見積もりで契約したい保険会社や内容をある程度絞り込んだ後、実際に契約をする前に保険会社の公式サイトで再度見積もりを取ったり、資料請求、直接電話で問い合わせをすると良いでしょう。

インターネットだけで済ませず、会社に直接確認をして不安や疑問を残さないようにしましょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ