その他

その他

年賀状はもう不要?LINEでの新年挨拶はマナー違反と感じる人の割合は?

    1,165 views

    読了時間 : 約1分22秒

    年末が近づいてきましたが、みなさんは年賀状どうしますか?メールやSNSで済ませるという人も年々増えてきましたが、大きな流れとしてはどのようになっているのでしょうか?

     

    LINEが、15~59歳の男女3,600名を対象に、「新年の挨拶風習」に関する調査を実施。その結果を発表していましたので、ひとつの参考としてご紹介しようと思います。

     

     

    新年挨拶は「紙の年賀状だけ」という人は、わずか11%。

    「新年の挨拶をどのように送る予定か」を聞いた結果は、「年賀状とLINEの併用」もしくは「LINEのみ」を利用する予定と回答した人が89%。特に10~20代は、「紙の年賀状だけを送る予定」が1割を下回り、20代男性では約半数が新年の挨拶を「LINEだけで送る予定」と回答しています。

     

    10~20代は、年賀状よりもLINEが主流

    年代別の比較では、10代の約6割、20代の約7割が「紙の年賀状よりもLINEで新年の挨拶」を送ると回答。LINEでの新年の挨拶が、若者世代で浸透していることが分かります。

    sub2

    年賀状・LINEともに、送る相手の1位は友達

    年賀状・LINEともに、送る相手は全世代で友達が1位。次いで家族や親戚が続いていました。そのほか、年賀状は「先生」「上司」が上位に入り、LINEは「恋人」「同僚」「知り合い程度の人」が上位に入り、目上の人には年賀状、気軽な間柄はLINEで挨拶と、使い分けされている傾向が読み取れました。

     

    LINEでの新年挨拶がマナー違反と感じる人はわずか30%

    「新年の挨拶がLINEで送られてきたら、『マナー違反だ』と感じる相手」を調査したところ、全世代の平均で「マナー違反だと感じる相手はいない」が70%となりました。

    なお、マナー違反と感じる上位は「取引先(15%)」「部下(12%)」「上司(10%)」「後輩(10%)」となっています。

    sub5

     

    若い世代を中心に年始の挨拶でLINEの利用は一般化。また、多くの人がLINEでの新年の挨拶はマナー違反ではないと感じているようです。とはいえ、マナー違反と感じる人もいるため、仕事関係の人などに挨拶する場合には、年賀状も活用するなど使い分けをすることが必要かもしれませんね。

     

    調査の詳細については、以下のページで

    https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2016/1594

    おすすめ新着記事

    おすすめタグ