その他

その他

分子の作る新しいデータ管理の世界【革命】

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、A New Way To Store Information In Molecules For Millions Of Years
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

140 views

読了時間 : 約1分59秒

・柔軟に分子のデータを書いたり、保存、分析したりすることができる

・DNAに比べて安くて扱いやすい

・読むのに1秒間で20ビット、書くのに8ビット行うことができる

・99.9%の正確さ

 

インクを紙に印刷することから、複雑な電子的、視覚的、磁気的方法まで、様々な技術がデータを集めるために使われています。DOMOのレポートによると、1日に25億ギガバイトものデータが集められており、これからも増えていきます。

 

最近では、科学者は科学的にこの大量のデータを管理する方法を考えています。これは、分子(炭水化物、タンパク質、DNA、RNA)及び代謝ネットワークに含まれる細胞が持っている情報量に完全に依存するものです。

 

ハーバード大学の研究者は100万年もの間、分子を保存する方法を考えてきました。いったん書かれたらエネルギーは必要ではなく、ハッキング可能なインターネットの「外」に置くことができます。そしてデータ、科学者、そして安い数個の分子のみで行えるのです。

 

 

小さな分子でデータを

 

DNAは料理のビデオ、栄養の傾向、ドキュメントなど様々な情報を取り込むことができます。そして、DNAの統合にはいくつかのやり方があります。DNAは生物ではとても大きな分野で、DNA の統合は繰り返しが多く、時間のかかる作業です。もし、ゼロから情報を集めるとなると、とても費用がかかる上、長くつまらない作業になりかねません。

 

そのため、研究者たちは別の方法を探したのです。それが、分子をデータの書き換えのために利用することでした。これは従来の分析と有機化学を使った技術です。これは、DNAを使ったやり方より安価で手軽になりました。1つの統合で、同時に複数のビデオを書き換えるのに十分な数の小さな分子が生産できます。

 

この研究のために、チームはオリゴペプチドと呼ばれるペプチドを使用しました。このペプチドは一般的で安定しており、2から20のアミノ酸から構成されています。これは、DNAやRNAより小さい大きさです。混ぜるとオリゴプチペドは互いに見分けがつくようになります。研究者たちは書類を「書き」、「保管」し「読む」ことができるようになりました、1バイトのデータは8オリゴペプチドに、4バイトのデータは32オリゴペプチドに保管することができたのです。

 

「読む」のには1秒に20ビット、「書く」のには1秒に8にビット行うことができます。さらに、保管された情報は99.9%の正確さを誇ります。これはDNAより優れていて、安くて、速い方法と言えるでしょう。

 

 

今後の展開

 

読むことと書くことのスピードは、技術の速さによります。また、容量や安定性を高めるため、別の分子を使うことができます。

 

 

オリゴペプチドは特別な目的で使われているため、値段が高額です。将来的には、10億ビットで1ドルほどのアルカンチオールの使用を目指しています。オリゴペプチドは1000年以上も安定性を保つことができます。分子は高温や乾燥している場所でも生きることができ、光や酸素が要りません。

 

他の分子データ保存システムが決まった分子を使うのに対し、この方法では様々な分子を柔軟に利用し、ビットを形成することができます。これは次の世代のための破損に対する耐性があるデータ保存技術です。今までのものとは違い、分子の持つ全ての情報を何世紀も守り続けることができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ