話題

話題

時速800㎞以上で空中を走る、環境に優しい列車のアイディアをご紹介!

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、AeroSlider: New Floating Train Concept Goes Over 800 Km/h
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

383 views

読了時間 : 約2分25秒

・線路を走るのではなく、空中に浮かぶ、銃式高架電車のコンセプトが発表されました。

 

 

・高さ65フィートの磁化ループによって、列車は時速500マイル以上のスピードを出します。

 

 

・これは飛行機よりも効率的で、持続可能で、より快適です。

 

 

最も急速に成長している、温室効果ガス排出のひとつの要素は、規制されていない、飛行機からの炭素汚染です。飛行機による旅によって排出される二酸化炭素は、世界で排出されるものの2.5%を占めています。

 

 

また、飛行機での旅の需要が高まると同時に、問題は悪化するばかりです。2010年には、24億人の乗客が飛行機を利用しました。2050年には160億人に増える見通しで、二酸化炭素排出量も3倍になるでしょう。もし厳しい規制等をしなければ、飛行機から排出される二酸化炭素量は、世界で排出されるものの4分の1を占める可能性があります。

 

 

ここでは、ハイブリッド戦略デザインコンサルタントにManyoneと名付けられたものが、なぜ飛行機に変わる効率的なものだと考えられているのかをご説明します。これは、世界の半分を回る巨大な地下鉄システムのような、ハイスピードでレールのないシステムです。

 

 

線路を走る代わりに、65フィートの高さの磁化ループを通して空中に浮かびます。また、これらのループによって、列車は時速805㎞以上のスピードを出します。全体のシステムは、まるでサイエンスフィクション映画の何かのような、AeroSliderと呼ばれています。

 

 

 

エンジニアリングファンタジー

 

 

 

 

 

従来のものとは異なるコンセプトからは、少なくともある程度までは、交通の未来が垣間見えます。多くの人が、従来の旅行手段と比べて“より効率的で、持続可能で、より快適”だと述べています。

 

 

線路

 

 

実は、列車は線路を使用しませんが、磁気パイロンが、銃のように走らせます。65フィートの高さのパイロンが、ローカライズされたエナジーソースで力を作ることができます。また、小さな丘や荒れたエリアなどの、より深くにまで、列車の通路を作ることができます。

 

 

 

 

従来の列車の通路や高速道路とは異なり、動物が、これらの磁気パイロンの下を通ることができます。また、パイロンは、円形でも楕円でも問題ありません。もし楕円のものであれば、2キロメートル以内で4度の回転が可能です。

 

 

ソース:Bringing Aviation Down To Earth | Manyone

 

 

車体

 

 

 

 

車体には、明らかに空力と電磁力への応答が必要です。しかし、走るためのバッテリーや、搭載モーターは不要です。

 

 

カプセル内にヘリウムリザーバーを組み込むことで、車体を約10%軽くすることが可能です。これにより、進むためのエネルギーを下げることができます。

 

 

車体の中には、プライベートキャビンやオープンプラザエリア、バー、レストラン、ジム、ランニングスペース、会議やカンファレンスのための多目的ルーム等や、広い座席スペースがあります。

 

 

これは、世界で最も大きな飛行機(Airbus A380)の、3倍の大きさです。列車の長さは250mほどで、これは野球場2つ分くらいの大きさです。

 

 

接続

 

 

デザインチームは、アジアやアフリカ、ヨーロッパ大陸等で最も人気のある地域と接続できる、実現可能なルートを思いつきました。

 

 

AeroSliderは、上海からモスクワまで12時間で移動可能です。これは、飛行機よりも少しだけ遅いですが、物凄く効率的です。

 

 

文献:China Reveals A Maglev Train Prototype That Goes Up To 600 Km/h

 

 

もちろん、コンセプトは高度すぎる現実離れしたものではありますが、それをからかうのではなく、受け入れることが必要だと思います。多くの人が、交通テクノロジーの正しい方向に向かって、環境に優しいモデルを構築していくことでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ