話題

話題

飛行機のトイレでうんちをするのは危険かもしれません・・・

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Pooping On An Airplane Toilet Could Be Dangerous | New Study
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

139 views

読了時間 : 約1分39秒

・飛行機の下水には、多様な抗生物質耐性微生物が非常にたくさん潜んでいます。

・微生物の約90%は少なくとも1つの抗生物質に耐性があります。

・抗生物質耐性菌に起因する感染症は、治療が困難な場合があり、死に至ることさえあります。

 

飛行機の衛生設備は国際的に共有されています。結果的にそれが、世界的な腸内微生物のるつぼとして機能してしまっています。研究者の国際チームがドイツの5つの異なる空港からの飛行機の下水を調べたところ、抗生物質耐性微生物が非常に多く多様性であることが発見されました。

 

具体的には、研究者達は、定量的ポリメラーゼ連鎖反応などの従来の技術を使用して、飛行機で運ばれる下水に含まれる抗生物質耐性菌と耐性遺伝子を分析しました。

 

結果として、飛行機からの下水が確かに抗生物質耐性菌の拡散を助けていることを示しました。それらには、近くの病院や近くの廃水処理施設でテストされた下水よりも多くの抗生物質耐性微生物が含まれていたのです。

 

彼らは187個のE.coliをテストしました。これは、人や動物の環境、食物、腸で見つかった多種多様なバクテリアのグループです。これらの細菌の約90%は、少なくとも1つの抗生物質に耐性があることがわかりました。一方、水処理施設からの細菌の45〜60%は抗生物質に耐性がありました。

 

さらに、飛行機のトイレからの大腸菌は、水処理施設からの大腸菌よりも、3つ以上の抗生物質に耐性がある可能性がはるかに高かったことがわかったのです。

 

複数の薬剤に耐性のある微生物は、感染症の治療を妨げる可能性があります。そして最悪の場合、これらの感染症は死を引き起こす可能性さえあります。

 

世界保健機関によると、抗生物質耐性微生物は食料安全保障と世界の健康に対する最大の脅威です。それらは、淋病、肺炎、連鎖球菌性咽頭炎、および食中毒などの感染症の治療を妨げる可能性があります。

 

CDCでは、毎年300万人近くのアメリカ人が薬剤耐性菌や真菌によって引き起こされる感染症の治療が困難となり、約35,000人が亡くなっていることがわかっています。

微生物は、個々の細菌細胞のDNA内をシャッフルして、ある細菌から別の細菌に移動する可能性があります。彼らは徐々に薬剤や治療に対する耐性を進化させ、接触する他の微生物の間でこの耐性を前後に伝達することができます。

 

これらの微生物はまた、食物、渡り鳥、そして旅行する人々と共に移動し、広がります。調査結果では、これらの微生物がいかに移動性であるかを証拠しています。都市や国中でそれらを封じ込めるのは困難です。

 

研究者たちは、飛行機の廃棄物タンク内の進化過程を調査し、抗生物質耐性のレベルの上昇に対処する(または防ぐ)方法を探ることを提案しました。この脅威にはグローバルレベルで取り組む必要があります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ