話題

話題

PR

【2024年版】最高の金属探知機13選[価格と価値で総まとめ]

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、13 Best Metal Detectors To In 2021 [Value For Money]
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

2,532 views

読了時間 : 約10分51秒

金属探知機は、トレッキング、浜辺の散歩などで埋もれた宝物の発見に使用できる興味深い電子機器です。トレジャーハンターや考古学者によって、コイン、宝石、金属製の宝飾品、地下に埋まった多くの遺物などの貴重な品物を発見するために広く使われています。

 

宝探しを夢見たことはありませんか?高品質の金属探知機に投資すると、貴金属を見つけるだけでなく、草の中に落とした鍵や硬貨を見つけることもできます。徹底的な調査後、市場で入手可能な最高の金属探知機の一覧をまとめました。どの探知機にも独自の利点があり、多様な用途に使えるので必要に応じて選択してください。

 

9位 Garrett ACE 300

 

 

長所

・周波数を調整可能

・5つの検出モード

・ターゲット深度インジケーター

・鉄の識別量の制御

 

短所

・グランドバランス機能がないため、塩水では少し不安定

 

価格:255ドル

 

最適:初心者および中級レベルのハンター

 

Garrett ACE 300 には、宝探しの冒険でやりがいがでるような深度と技術のすべてが備わっています。ゼロディスク、宝石、コイン、遺物、カスタムモードの5つの検出モードで動作します。

 

ゼロピックモードでは、センサーが有効化され、すべての種類の金属を検出し、ゴミ付近に隠れている価値ある物を識別します。カスタムモードでは、特定種類の素材を追加または削除できるので、対象の物体を検知する可能性が高くなります。

 

探知機は、対象金属の導電率を示すデジタルターゲットID(0から99までの数値目盛り)を備えています。値が高いほど、大きな宝石、金塊、銀、銅を示し、値が低いほど、小さな宝石、鋼、鉄を表します。全体として、この目盛りは表面下にどんな種類の物体が埋まっているかを正確に判断するのに役立ちます。

 

250ドルというお値段の割にお得です。金属探知機には水中サーチコイルとヘッドフォンも付属しています。

 

8位 Bounty Hunter Junior

 

 

長所

・軽量かつ人間工学に基づいたデザイン

・グラフィックターゲット深度インジケーター

・3段階のターゲット識別

・手頃な価格

 

短所

・子供は成長すると使わなくなるかもしれません。

 

価格:70ドル

 

最適:10歳未満の子供

 

子供をしばらくビデオゲームから遠ざけたい、そんな場合は、子供向けに Bounty Hunter Junior 金属探知機を購入してみてください。外での健康的な運動や、実際の宝探しに興味を持ってもらうのに最適な方法です。

 

探知機の画面は読み取りやすく、子供が何かを見つけると、どの程度の深さで埋まっているのかを教えてくれます。6インチの丸型サーチコイルは、水中や濡れた場所で使用できます。

 

この装置は周波数6.6 kHzで動作し、ターゲットの特定に非常に優れています。金からコイン大の物体まで、あらゆるものを検出できます。この探知機のもう1つの優れた機能は、ボタンを押すだけで不要なアイテムの信号を除去できる識別機能です。

 

7位 Minelab Vanquish 540

 

 

長所

・複数の周波数で同時に動作

・4つの検索モード+1つのカスタムモード

・赤色のバックライト付きモノクロLCD

・自動ノイズキャンセル

・カスタム検索の設定を保存

 

短所

・製造品質はそれほど良くありません。

 

価格:369ドル

 

最適:さまざまなターゲットを正確に特定したい真剣な探知者向け

 

Minelab Vanquish 540 は最高額の機器にも見受けられないような高度な技術を備えており、中級ユーザーおよび専門家向けの究極の探知機です。この軽量な機器には、深度の高い場所のための防水12インチサーチコイルが付属しています。

 

この製品の独自性はMulti-IQ技術にあります。この技術により、高、中、低の3段階の周波数で同時に動作し、探しているものが何であれ最高の結果が得られます。

 

3段階の事前設定の検出モード、鉄識別制御、24の識別セグメント、およびピンポイントモードがあるため、高精度でターゲットを特定できます。カスタム検索の設定を保存することも可能です。乾燥地、湿った砂、塩水の環境下でも同様に機能します。

 

このモデルには、370ドル未満という価格にも関わらず、ヘッドフォン、赤色LEDバックライト、レインカバー、アームストラップ、充電式バッテリーがすべて付属しています。

 

6位  Fisher 22

 

 

長所

・耐候性

・読み取りやすいインターフェース

・軽量で調整可能

・長バッテリー寿命

 

短所

・高感度レベルでの誤検知

 

価格:219ドル

 

最適:過酷な環境での狩猟

 

Fisher 22は、過酷な条件での狩猟向け耐候性金属探知機です。水中で使用するようには作られていませんが、乾燥した環境と濡れた環境の両方での動作は良好です。

 

周波数7.69kHzで動作し、小さなコイン、宝石、遺物を検出するのには十分です。 1回の充電で15〜20時間動作します。 LCD上では、数値ターゲットID、深度レベル、バッテリーレベルなど、重要な情報がすべて表示されます。

 

9インチの三角サーチコイル、4つの動作モード、10レベルの感度、20レベルの調整可能なボリューム、およびピンポイント機能により、埋没したターゲットを簡単に識別できます。

 

FeToneと呼ばれる機能があり、鉄製物体のボリュームを非鉄製物体のボリュームよりも低く設定することで、ターゲットをより明確に検知することができます。

 

つまり、この金属探知機は、狩猟を成功させるために必要なすべての重要な機能を備えています。

 

5位 National Geographic Pro

 

 

長所

・組み立て不要

・不要なアイテムを除外するための3つの検出モード

・地下30cmまでのアイテムを検出するための4つの感度モード

・オーディオアラート検出

・優れたカスタマーサービス

 

短所

・製造品質は他のブランドほど良くありません

 

価格:159ドル

 

最適:熱心なアマチュアトレジャーハンター

 

National Geographic Proシリーズの金属探知機は、子供でも操作できるほど軽量にもかかわらず、専門家が望むような強力な検索機能が組み込まれています。調節可能な伸縮アーム、パッド入りアームストラップ、快適なグリップにより、どんなサイズの人にも最適です。

 

この装置を使用すると、30cmの深さにある小さな金属や、さらに深い場所にある物を見つけることができます。特定の種類の材料を検索したり、特定の金属を除外するように設定することもできます。

 

幅広い探知範囲を提供し、埋もれたアイテムの発見確率を最大化するために、スイープパターンが移動中に継続的に表示されます。物体が検出されると、LCD画面に見つけた物質の種類(鉄、アルミニウム、指輪、コイン)が表示されます。

 

装置全体は非常に軽量なので、どこにでも簡単に持ち運べます。自宅の庭で使用したり、公園、ビーチ、またはハイキングに携帯してご利用ください。

 

4位 RM Ricomax GC-1028

 

 

長所

・高感度で防水のサーチコイル

・直感的なLCDコントロールボックス

・さまざまな種類の金属に固有の音声トーンを準備

・生涯保証

 

短所

・プラスチックボルトは時間の経過により、交換の必要がある場合があります

 

価格:110ドル

 

最適:アルミニウム、金、青銅、銀、および鉄の検出

 

RM Ricomax GC-1028 は、最新のLCDパネルを備えており、箱から出して直接組み立てるのも簡単で説明書を読む必要すらありません。

 

41〜47インチで長さを調整できるこの探知機は、ティーンエイジャー、若者、大人に適した商品です。 3つの検索モードとピンポイントモードがあり、8インチ以内の物体を見つけることができます。 LCDパネルには、ターゲットの深度が継続的に表示されるため、どの深さまで掘らなければならないかがわかります。

 

ほとんどの金属探知機とは違い、LCDにはバックライトが付いているので、夜明けから夕暮れまで探知を続けたい人にとっては、素晴らしい機能です。

 

このモデルにはキャリーバッグと、検索結果を丁寧に掘り出すための小さなコテが付属しています。さらに印象的なのは、メーカーが生涯保証と無料交換を提供していることです(Amazon経由で購入した場合)。この探知機を選択しても間違いありません。

 

3位 Nokta Makro Simplex +

 

 

長所

・調整可能な周波数

・最大水深3メートルまで完全に対応

・ターゲット検出時に振動でお知らせ

・付属の充電器またはUSBパワーバンクによる充電

・定期的なファームウェアの更新

 

短所

・深海底での狩猟用には設計されていません。

 

価格:250ドル

 

最適:聴覚障害のあるユーザー向け

 

Nokta Makro Simplex+ は、すべてのユーザー向けに高品質の金属検出を手頃な価格で提供しています。初心者には十分に簡単なのにも関わらず、上級ユーザーにも十分に印象的な機能を提供します。

 

この装置には、自動グランドバランス、複数の検索モード、わかりやすいメニューデザイン、LEDフラッシュライト、キーパッドバックライトなど、すべての必要な機能が備わっています。

 

Simplex +は、12 kHzの周波数で動作し、さまざまな種類の物質を検出できます。電磁干渉や同様の周波数域で動作する近くの他の機械に対して、ノッチを上下に動かすことで周波数を微調整することもできます。

 

対象を検出すると装置が振動するのは、水中での検出や聴覚障害のあるユーザーにとって非常に便利な機能です。

 

さらに、Nokta Makroではファームウェア(USB経由でインストール可能)の更新が定期的に行われるため、探知機を最大限に活用できます。

 

2位 Garrett AT Pro

 

 

長所

・調整可能な周波数

・防水性と水中での使用

・ストラップ付の快適なアームグリップ

・40レベルの鉄識別

・3段階の標準音声モード

 

短所

・バックライトディスプレイなし

・塩水中での誤検知

 

価格:550ドル

 

最適:陸上、ビーチ、および水中での宝物探知

 

Garrett AT Pro は陸上、淡水中、塩水中(最大水深10フィート)で使用できる高品質な機械です。設定可能なノッチ識別機能を備えているため、許容するアイテムと許容しないアイテムを設定できます。

 

15 kHzの周波数で動作しますが、4段階で周波数を微調整できます。ピンポインターのボタンを押すと、ターゲット位置を正確に特定できます。

 

金属探知機には、特許取得済みのギャレットの高解像度鉄識別技術と音声技術が統合されており、ボトルの蓋やワッシャーなどの鉄製の「ゴミ」を音声で識別できます。

 

掘るべき場所を2インチ以内で正確に特定できるので、真剣な愛好家とっては完璧な選択です。探知は趣味なので費用はあまりかけたくないという方には、他のブランドの方がいいでしょう。

 

1位 Fisher F75

 

 

長所

・デジタル保護技術により電磁放射を抑制

・ゴミの多い地域での探索のための二重フィルター識別モード

・磁気鉱化作用棒グラフと読み出し

・完全に調整可能なアームレスト

・最大40時間のバッテリーバックアップ

 

短所

・学習が難しい

・非常に高価

 

価格:550ドル

 

最適:ビーチ漁り、金塊探し、コイン探し、金の探鉱

 

Fisher F75は、高度な機能と技術を使いやすい制御表示画面と組み合わせています。そのため、装置の用途は広がり、深度が増し、ターゲットの識別、音声機能が向上しています。

 

電線や牛の柵による問題を最小限に抑えるデジタル保護技術(DST)を搭載しているため、装置が不安定になったり予期せぬタイミングで鳴り出したりすることなく、対象に近づくことができます。

 

探知機は13kHzの周波数で動作するため、さまざまな地面条件で広範囲の対象を見つけることができます。周波数を変更して、コイン、金、銀、遺物などの特定の物体を正確に見つけることもできます。鉄が多い地域では、探知機は求めていない対象を簡単に排除します。

 

自動グランドバランスを有効にするFastGrabという機能があり、土壌に自然に存在する鉱物による干渉を打ち消すために、土壌の磁気特性を測定します。LCD画面には、検出されたアイテムの電気署名(ターゲットID)が表示され、検出深度に影響を与える地上の鉱化作用に関して継続的な情報が提供されます。

 

その他におすすめの金属探知機

 

10位 OMMO

価格:200ドル

 

OMMO 金属探知機には、小さなコインや金属物体は深度8インチまで、大きな物体は36インチまで検出できるIP68防水サーチコイルが付属しています。検出プロセスを最適化するのに役立つ3つのモードがあります。たとえば、ディスクモードでは、特定種類の金属を他の金属と区別することができます。

 

乾燥地、ビーチ、水中で機能しますが、過剰な金属廃棄物がある地域や高度に鉱化された土壌の地域は避けてください。

 

11位 Fisher GoldBug-DP

価格:600ドル

 

Fisher GoldBug-DPは、小さな金塊を見つけるために特別に設計されています。高度なグランドバランス機能、高度な識別制御システム、および信号上昇としきい値の個別制御を備えています。

 

この装置は19kHzの周波数で動作し、高度に鉱化された土壌でも非常に小さな金塊を見つけることができ、地面の状態の読み出しを継続的に表示します。たとえば、グランドフェーズ値は鉱化作用の種類を示し、Fe3O4グラフィックは鉱化作用の量を示します。

 

12位 SUNPOW OT-MD03

価格:110ドル

 

OT-MD03 は、複数の地形での検索を可能にする初心者向けの金属探知機です。アルミニウム、金、銀、青銅を正確に検出できます。固有の音声信号によって素材の種類を区別し、ディスク範囲を設定して検出効率を高めることにより、ジャンクな物体を無視できます。

 

10インチのサーチコイル、キャリーバッグ、折りたたみ式ショベル、およびユーザーマニュアルが付属しています。単三電池8本を別途購入する必要があります。炭素電池よりもアルカリ電池を使用することをお勧めします。

 

13位 Garrett Sea Hunter MK-II

価格:750ドル

 

Sea Hunter MK-IIは、深さ200フィートまでの宝物を探索できる高度なパルス誘導金属探知機です。周波数が22種類準備されており、過酷な環境で高度の検出を可能にしています。

 

装置全体が防水で、付属のヘッドホンも水中で使用可能です。水中に沈む宝物を探りたいスキューバダイバーやユーザーにとって素晴らしい選択です。ショート、ロング、フルレングス、ヒップマウントの4種の構成で組み立てることができます。

 

よくある質問

 

金属探知機を発明したのは誰ですか?

1874年、フランスの電気技師ギュスターヴ・トルヴェは、患者から弾丸などの金属製の物体を正確に特定して抽出するための携帯型機器を発明しました。 トルヴェに触発されたアレクサンダー・グラハム・ベルは誘導平衡装置を使った金属探知機を開発しました。

 

1925年、ゲルハルト・フィッシャーは、無線方向探知に基づくさらに正確な金属検出装置を発明しました。1931年に商業的に販売された最初の高度な金属探知機でした。

 

探知機はどのように機能しますか?

多様な金属探知機があり、異なる方法で機能しますが、主要な機構は同じです。金属探知機の最も単純な形式には、送信機コイルと呼ばれるワイヤーコイルが含まれています。このコイルに電気が流れると、周囲に磁場が発生します。

 

導電性の物体の上で検出器を動かすと、物体はそれ自体の磁場を生成します。金属片から来る磁場は、受信機コイルと呼ばれる別のワイヤーコイルによって検出されます。

 

この2番目のコイルは受信回路に信号を送信し、受信回路はスピーカーを鳴らして、何かを見つけたことを警告します。

 

金属探知機はどのくらいの深さまで検出できますか?

高品質の機器は、6〜10インチの深さにあるコイン大の物体を検出できます。理想的な条件下では、14〜16インチの深さにある大きな物体を見つけることができます。複数の周波数で動作する一部の高度な探知機は、最大深度は60インチになる場合があります。ただし、次のような条件に依存します。

 

・対象のサイズと形状

・金属組成(銀、銅、真ちゅうは導電率が高い)

・土壌の状態(鉱化した土壌は問題を引き起こす可能性があります)

・検出器の感度レベル

 

金属探知機を購入する前に考慮すべきこと

購入する前に次のことを確認しましょう。

 

・見つけたいものは何か

・探知機を使用する場所

・どの程度の頻度で探知機を使用するか

・自分にどのくらいの経験があるか

・予算はどれくらいか

 

初心者の方なら、ゴミのようなアイテムを発見しても無視できるように、自動グランドバランス、デジタル制御、複数のプリセットモード、感度調整を備えた軽量の装置を使用することをお勧めします。

おすすめタグ