話題

話題

過去30年間の世界12大金融詐欺

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、12 Biggest Financial Frauds Of Last Three Decades
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

69 views

読了時間 : 約7分1秒

グローバル化の時代において、企業の社会的責任は巨大企業にとって恐らく最も困難な課題の1つです。企業の社会的責任とは何かというと、単純に言うと企業規模での自主規制と誠実さの一形態です。企業の歴史を通じて、投資家から数十億ドルを一瞬で奪い、一般の人々の生活に直接影響を与えた金融詐欺や詐欺が数多くあります。

 

バーナード・マドフのポンジ・スキームからエンロンの大規模な金融スキャンダルまで、本リストには、過去30年間に経済に損害を与え、人々から職を奪った世界中のすべての主要な金融犯罪が含まれています。二度と起こらないことを願うだけですが、そうすれば人間の欲望を無視することになります。

 

12位 ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)不正操作

 

 

Liborの金融スキャンダルは、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に関連する一連の詐欺行為であり、長期にわたって世界のさまざまな地域で発生しました。 LIBORは基本的に国際金利の平均であり、世界中の主要銀行が銀行間で相互に貸し出す意思のある資本金利を提出した後に計算されます。

 

LIBORスキャンダルはWSJ誌に物議を醸す記事が掲載された後、初めて判明しました。同記事は、いくつかの大手銀行が2008年の金融危機の際に借入金利を過小評価していた可能性があることを示唆しており、他の機関は対象銀行の実際の財政状態を誤って判断していました。

 

詐欺は、英国SFOが国際金利指標の不正操作の疑いを調査するために英国および国際銀行の調査を開始した2012年にようやく公表されました。裁判所の調査では、世界中の20以上の銀行が取り上げられました。

 

11位 サティヤム スキャンダル

 

ラマリンガ・ラジュ会長

 

サティヤム スキャンダルは、インドのIT業界に大混乱を引き起こしました。これには、米国のITおよびビジネスコンサルティング会社の1つであるサティヤム・コンピュータ・サービスまたはマヒンドラサティヤムが関与していました。 2009年、同社の創設者兼会長のラマリンガ・ラジュは、取締役会への手紙の中で、収益を膨らませ約14億ドルに見せるように改竄したことを告白しました。

 

サティヤムの告白後、SECはPwC(プライスウォーターハウスクーパース)のインド部門に関する調査を開始し、PwCがサティヤムの監査中、規則と規制および監査基準に従わなかったとして600万ドルの罰金を科し、スキャンダルに大きく寄与しました。

 

10位 AIG(American Insurance Group) スキャンダル

 

ロサンゼルスのAIGタワー

 

AIG金融スキャンダルは、米国の連邦および州の機関が調査を開始後、内部告発者からの告発を受けて、2005年に発生しました。かつて「大きすぎて潰せない」と信じられていたこの保険会社大手は、連邦政府の支援がなければ破産に終わっていたでしょう。調査により、談合の事例を含む、40億ドル近くの大規模な会計詐欺が明らかになりました。

 

同社は、2つの州のSECおよび年金基金と20億ドル以上で和解しなければなりませんでした。 AIGは、西ヨーロッパのほぼ全体とアジアの一部に影響を与えた2008年の米国の金融危機で極めて重要な役割を果たしました。

 

9位 リーマンブラザーズ スキャンダル

 

画像提供: businessinsider

 

リーマンブラザーズは、米国で最も古く、権威のある投資銀行の1つでした。 1997年、同社は住宅ローンという高リスクの事業に参入し、10年間で総資産が6,800億ドルという驚異的な額に増加しましたが、自己資本は225億ドルのみでした。

 

2007年、主要な世界市場の一部に打撃を与えたサブプライム住宅ローン危機は、2008年の金融危機に大きく貢献し、リーマンにとって事態は悪化しました。同社は異常な損失額を計上し、株価は約73%下落しました。

 

リーマンブラザーズの破産から2年後、裁判所職員の調査により、リーマンの経営幹部は、各会計四半期末に巨額の損失を常に隠蔽するために、粉飾決算を行っていたことが明らかになりました。調査によると、同社は不良資産を500億ドルの現金で一時的に銀行に売却し、貸借対照表作成前に買い戻し(レポ契約)することになっていました。

 

これにより、現金は500億ドル多く、不良資産は過少に見積もられた誤ったリーマンの評価につながりました。会計上の不正行為だけで会社が倒産したわけではありませんが、2008年の金融危機時の消滅に確かに貢献しました。

 

8位 ヘルスサウス スキャンダル

 

ヘルスサウス本社

 

アラバマを拠点とするヘルスサウス(HealthSouth Corporation)は、1990年代を通じてCEOのリチャード・M・スクラシーの下で一連の大規模なM&Aを行った後、米国ヘルスケアセクターで大手となりました。 21世紀には、2002年後半のSECによる調査で同社の会計上の問題が表面化し始めるまで、事業は順調に進んでいました。

 

1996年に明らかにされた内容では、スクラシーは、会社幹部に対し、特定の事業目標を達成するために、貸借対照表を偽装し収益の増加を示すように指示したとされています。調査の結果、同社は収益を14億ドル膨らませ、一部の会計年度では報告された収益の水増しが4700%にも上ったことが明らかになりました。

 

どのように判明したのか?

 

巨額の損失計上のわずか数日前にスクラシーが7500万ドル相当の株式を売却したことで、同社はSECの注目を集めました。SECの疑惑を受けて、ヘルスサウスは、スクラシーの株式売却を調査する法律事務所を任命しましたが、米国の規制委員会は満足しませんでした。

 

7位 タイコ スキャンダル

 

 

2002年、ニュージャージーを拠点とするセキュリティサービス企業のタイコ インターナショナルは、前CEOであるデニス・コズロウスキとCFOのマーク H. シュワルツが、1億5000万ドルを横領し、その過程で貸借対照表を操作したことで証券詐欺罪で起訴され脚光を浴びました。

 

どのように判明したのか?

 

SECと地方検事局が主導する調査により、複数の疑わしい会計処理が明らかになりました。当局により、コズロウスキが会社側から非常に多額の融資金を不正受領したことが判明しましたが、結果的には許されました。

 

6位 Waste Management スキャンダル

 

テキサス州ヒューストンの本社

 

Waste Management は、1971年に設立され、テキサス州ヒューストンに本社を置くアメリカの多国籍廃棄物管理会社です。設立以来、同社は1992年から1997年をピークとして、さまざまな告発、訴訟を受け、その間、経営幹部はさまざまな会計上の不正行為に関与していました。

 

これらの会計上の不正が公表された後、同社の株価は急落し始めました。投資家は約60億ドルを失い、株価は33%下落しました。 1999年7月8日、虚偽の陳述を行ったとして、会社とその上級役員に対して訴訟が起こされました。会計事務所アーサー・アンダーセンも関与のため、700万ドルの罰金を科されました。

 

5位 レフコ スキャンダル

 

レフコ元CEO フィリップ・ベネット

 

レフコは、ニューヨークを拠点とするアメリカの金融サービス企業で、CEO兼会長であるフィリップ・R・ベネットによる大規模な金融詐欺の判明後、2005年に破産しました。 2005年10月、同社は、ベネットが貸借対照表から4億3000万ドルの不良債権を隠蔽していたことを公表しました。

 

レフコは、2005年10月10日月曜日、CEO兼会長のフィリップ・R・ベネットが、同社の監査人と投資家から4億3千万ドルの不良債権を隠蔽し、休職に合意したと発表した後に危機に陥りました。

 

ベネットは不良債権が貸借対照表に記載されるのを防ぐためにヘッジファンドである Liberty Corner Capital Strategyの助けを借りて、同社の自己資金から購入していたことが判明しました。公式声明はSECによる調査につながり、結果ベネットが逮捕され、証券詐欺の罪で起訴されました。

 

4位 ワールドコム スキャンダル

 

 

現在はベライゾンの子会社である MCIは、かつて米国の電気通信産業界の巨人でした。この巨大企業は、もともとMCIとワールドコムの合併後に設立されました。 2003年に破産手続きを完了するためにワールドコムを切り離した後、数回名称変更後され、最終的にMCIに落ち着きました。

 

破産前に、会社の株価は急上昇し、CEOのバーナード・エバーズにかなりの利益をもたらしました。すべては、米国の電気通信産業が衰退し、ワールドコムが米国司法省によってスプリントとの合併を断念することを余儀なくされた2000年に始まりました。

 

エバーズ、CFOのスコット・サリバン、デビッド・マイヤーズの3人の最高幹部は、主に2つの方法で詐欺を実行しました。まず、会社は「ラインコスト」(他の通信会社との相互接続費)を経費勘定から資本勘定として振り替えました。また、偽の勘定科目を計上することで、収益を粉飾しました。

 

3位 バーニー・マドフ スキャンダル

 

画像提供: Bloomberg — Getty Images

 

バーニー・マドフは間違いなくポンジ・スキームの現代の王でした。バーニー・マドフは、2008年に逮捕されるまで20年以上にわたり、「スプリット・ストライク・コンバージョン」と呼ばれる投資戦略で数千人の投資家から数十億ドルを騙し取ることに成功しました。マドフは顧客に高い安定した利益を約束しましたが、実際には、すべての資金を1つの銀行口座にプールして管理していました。

 

彼は資金の一部から現金化を望む顧客に返金し、新しい投資家を引き付けることによって赤字を補てんしていました。このスキームは何年も循環して続いていましたが、2008年の金融危機の際、市場の流動性が最小限であったために、多くの顧客を引き付けることができなかったため破綻しました。連邦政府の調査により、648億ドルの詐欺が明らかになりました。

 

2位 パルマラットの金融詐欺

 

 

ワールドコムとタイコの金融詐欺事件後、欧州の大企業の幹部は、欧州ではそのような規模の事態は発生しないと主張しました。実際には、貪欲から安全な国や大陸は存在しないということが判明したわけです。現在ラクタリスの子会社であるパルマラットは、かつては乳製品の巨大企業でしたが、欧州最大の金融詐欺の1つの後、2003年に破綻しました。

 

バンク・オブ・アメリカがパルマラットの銀行口座の独占記録を発表し、その資本の約39億5千万ユーロを粉飾決算であると宣言した後、詐欺は脚光を浴びました。さらなる調査中に、検察官は200億ドルの巨額の赤字を明らかにしました。この金額により、パルマラットは史上最大の金融詐欺の1つになりました。

 

1位 エンロン スキャンダル

 

 

かつてウォール街の寵児だったエンロンは、1985年にテキサスで最大のエネルギー企業であるヒューストン・ナチュラルガスとインターノースを首尾よく合併した後、ケネス・レイによって設立されました。1992年までに、同社は天然ガスの最大の供給企業となり、国内外でさまざまなパイプラインと発電所を所有していました。

 

このスキャンダルの主要人物であるエンロンのCEOジェフリー・スキリングは、他の関係者と共に、さまざまな手段と会計の抜け穴を用いて利害関係者と取締役会から数十億ドルの債務を隠蔽しました。同社の破産後、株主は退職基金と仕事と共に約740億ドルを失うことになりました。

 

エンロンの事件はまた、エンロンの会計監査人であるアーサー・アンダーセンのような監督機関の倫理に関する新たな疑問を投げかけました。

おすすめタグ