話題

話題

PR

ビットコインが30年以内に地球の気温を2℃以上上昇させてしまう?!

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Bitcoin Alone Can Increase Global Temperature Above 2°C Within 3 Decades
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

504 views

読了時間 : 約1分58秒

・2017年だけで、ビットコインは6900万トンの二酸化炭素を排出しました。

・ビットコインが他のテクノロジーと同じ速度で成長し続ければ、30年以内に二酸化炭素を排出して地球温暖化を2℃以上に押し上げる可能性があります。

 

近年、オンライン取引の新しい手段として、暗号通貨が登場しました。現在、4,000以上の暗号通貨が存在し、中央銀行システムとは違う、分散型制御を採用しています。これらはすべて、追跡ができ安全性を高めるブロックチェーン技術を使用しています。

 

しかし、多くの研究者が環境への影響を問題視するようになってきました。これらのデジタル通貨の需要が大幅に増加しているため、二酸化炭素の排出量を押し上げているのです。

 

近年、ハワイ大学の研究者が発表した論文では、暗号通貨の元祖であり最も広く使われているビットコインが、他のテクノロジーと同じ速度で成長を続けた場合、30年以内に地球温暖化を2度以上に押し上げるだけの二酸化炭素を発生させる可能性があると述べています。

 

研究者たちは、電子書籍や食器洗い機、インターネット、電力など、40種類の技術の普及状況を分析しました。このデータをもとに、近い将来ビットコインがどの程度普及するかを予測しました。

 

ビットコインの二酸化炭素排出量

ビットコインの二酸化炭素排出量を測定するのは、非常に複雑な作業です。この研究では、ビットコインの採掘に使われる機械の電力効率、採掘者の地理的位置、それらの国の電力による二酸化炭素排出量を調査しています。

 

ビットコインのマイニングは多くのエネルギーが集まるプロセスです:1回の取引に200キロワット時以上のエネルギーが必要です。2017年だけでも、ビットコインの取引とマイニングを合わせると、約6900万トンの二酸化炭素を排出しています。

 

住宅や交通機関に比べればはるかにCO2排出量は少ないのですが、この暗号通貨による累積排出量は、2040年までに地球の気温を2℃以上上昇させると予測されています。しかし、技術の平均的な普及率を考えると、16年以内に実現する可能性があります。

 

著者によれば、その数字は気の遠くなるようなもので、私たち全員の心配の種です。技術が初期段階にあり、排出量がこれほど膨大であれば、事態はどこまで進むか想像がつくでしょう。暗号通貨が普及すればするほど、必要なエネルギーは劇的に増大します。現在、交通機関も食料も、20年以内に地球を2℃温めることはできません。しかし、暗号通貨はできます。

 

Bitcoin Alone Can Increase Global Temperature

 

北極の氷の消滅やサンゴ礁の絶滅など、地球温暖化の最悪の影響を避けるためには、平均気温が1.5℃を超えないようにする必要があります。

 

不安になるのは早すぎるかもしれない

ビットコインは創業以来、素晴らしい成長率を示してきましたが、ここ数カ月で変わりました。2017年末以降、成長率はやや停滞し、環境への影響に対する懸念が時期尚早である可能性が考えられます。

 

数名の研究者は、その著者が報告した厳しい結果に疑問を持ちました。彼らは、暗号通貨の将来は色々な説があり、他のテクノロジーと比較して予測することはできないと言っています。

 

また、世界的に電力産業は脱炭素化が進み、IT分野の省電力化が進んでいる。この2つのトレンドは、今回の研究では完全に見落とされており、同時にビットコインのマイニングの大幅な増加が主張されています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ