話題

話題

PR

脳を刺激すると暴力行為が低下するのか?

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Brain Stimulation Can Decrease A Person’s Intention To Commit A Violent Act
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

413 views

読了時間 : 約2分6秒

・前頭前野を刺激することで、身体的暴行や性的暴行を行う意思を低下させる可能性があります。

・研究者が行った実験では、人の暴力行為を行おうとする意思が54%減少することがわかりました。

・また、これらの暴力行為は道徳的に間違っているという認識も31%上昇しました。

 

前頭前野(複雑な認知行動の計画、意思決定、社会的行動の調整、人格表現を担う前脳領域)を刺激することで、身体的暴行や性的暴行を行う意思を減少させることができます。これは、暴力行為を未然に防ぐための新しいアプローチです。

 

これまでの神経学的研究や病変の研究から、前頭前野に損傷を受けた患者は攻撃的な行動をとる傾向があることが明らかになっています。これは通常、彼らの攻撃性、暴力性を刺激し、時には性犯罪に及ぶこともあります。

 

ペンシルバニア大学で行われた無作為化二重盲検プラセボ対照試験において、前頭前野を刺激することにより、暴力行為を行う意図を最大70%減少させることができることが示されました。実際、このような方法は、暴力的な行為が道徳的に間違っているという認識を高める可能性があります。

 

実験の様子

ある暴力的な行為について、人々がどのように考えるかを調べる実験が行われました。ボランティアを81人集め、無作為に2つのグループに振り分けました。

 

参加者は全員成人で、女性と男性の比率は均等で、民族的にも多様であった。性格や社会的逆境を測定するために、実験に参加する前に全員に一連のテストが行われました。

 

参加者は全員成人で、女性と男性の比率は均等で、国籍はバラバラでした。性格や社会的逆境を測定するために、実験の前にいくつかのテストが行われました。

 

1つのグループは、経頭蓋直流電流刺激と呼ばれるものを受け、頭皮に取り付けた電極から目的の刺激を脳に送られました。

 

翌日、両グループのメンバーは2つの物語を読みました。1つは性的暴行、もう1つは身体的な攻撃行為を描いたものです。そして、同様の行為をする可能性を0から10のスケールで評価してもらいました(0は全く可能性がない、10は100%可能性がある)。

 

低侵襲脳刺激療法を行うロイ・ハミルトン | ペンシルベニア大学

 

攻撃性を測定するために(第二の課題)、人形の写真を渡し、それが自分の親しい友人やパートナーを表していると説明しました。そして、0〜51本の小さなピンで人形を刺して、その人に対するすべてのネガティブなエネルギーを放出するように言いました。ピンの数が攻撃性の度合いを示しています。

 

実験の結果

前頭前野を刺激したグループでは、身体的・性的暴行の意図が54%減少しました。また、暴力的な行為に対して道徳的に間違っているという感覚も31%跳ね上がったことがわかりました。

 

しかし、2つ目のテスト(人形テスト)では、両グループに大きな差は見られませんでした。

 

これらの結果は、生物学的治療である認知行動療法が暴力行為を減少させることが可能であることを示しています。このような素晴らしい結果が出たにもかかわらず、研究者たちは、この種の治療が本当に効果があることを確認するために、この研究を再現する必要があると力説しています。

 

私達は結論を出すことができません。研究者は、脳への刺激を20分以上与えるとどうなるかを検証したいのです。週に4回、1ヶ月間続けたらどうでしょうか?

 

現時点で、これらの結果はすべて適応外薬物療法と会話療法に基づいています。したがって、将来の暴力行為を減らすために、研究者が武器庫に加えることができれば何でもよいのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ