話題

話題

MITの研究者が開発した最新のオムツを紹介します

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、MIT Researchers Build Smart Diapers That Sense Wetness
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

175 views

読了時間 : 約1分58秒

インターネットの普及と物の最小化が、健康器具を発達させました。 2025年には、この経済効果は2000億ドルになるだろうと予測されています。

 

MITの研究者は、排泄を感知し、取り替えの時期を介護者に知らせるセンサーを取り付けたオムツを開発しました。他のオムツと違って、これは入手しやすく、使い捨てです。 オムツに取り付けられたセンサーは 2セント以下です。

 

この技術は、失禁や便秘などの特定の健康問題を経過観察する事ができるようになるでしょう。それは、特に一度に複数の赤ちゃんを世話している乳母や、新生児を担当している看護師に役に立つことが予想されます。

 

このオムツは、寝たきりで自分でトイレに行けない老人にも役に立ちます。それは、発疹、尿路感染症、他の細菌性感染症を防止することもできます。

 

 

 

どの様に使うのか?

 

オムツのセンサーには RFID (radio-frequency identification無線自動識別)が入っています。これで、排泄を感知して、コンピューターかスマートフォンに通知することができます。通常、おしめは湿気を簡単に吸収することができるように、吸収性ポリマー(SAP、ヒドロゲルのサブクラス)を重ねて作られています。研究者は、下の層にセンサーを入れました。

 

SAPの特性は、濡れると変わります。RFIDのタグを起動させると、少し通過できるようになります。一度通過すると、RFIFに信号を送ります。

 

従来のRFIDタグは、2つの構成要素があります :

1. 後方にRF信号を送るアンテナ

2. 一時的な識別番号などのタグの情報を格納するためのチップ

 

タグを動かすのにバッテリーは必要ありません。RFIDを受信する側は、電波を発します。それが、RFIDタグを動かします。 タグが信号を受信すると、チップのスイッチが入ります。それから、その信号を修正して(電波の範囲内で情報をコード化します)受信側に返します。

 

 

 

 

これがRFIDタグを埋め込んだオムツが動く仕組みです。

 

 

 

利点

いくつかの既存のオムツには、湿り具合がわかる様になっているものがあります。それは湿った時、色が変わる様になっています。しかし、これは思ったほど便利ではありません。実際にオムツを確認するのに、服を脱がせなければなりません。

 

いくつかのメーカーは、バッテリーの他に、オムツの外に付けるタイプの湿りを感知するBluetooth対応のセンサーを研究しています。このセンサーは、取り外して、綺麗にして、他のオムツに再利用する事ができます。しかしこれはとても高額です。40ドルかかると言われています。

 

新しく開発されたオムツは、安くて使い捨てです。タグがバーコードになっていて、ステッカーの様なものに印刷されています。最新版のRFIDタグは、1メートル離れている受信者に無線信号を送ることができます。信号を受信できる範囲は、センサーに銅を加えることによって増やすことができます。

 

開発チームは、例えば尿を感知した時、SAPでpHを計測し、ブドウ糖の変化を観察し、糖尿病を監視するための機能を備えたおむつを開発しています。ヒドロゲルを用いてRFIDタグ上で、色々な検査をする事ができる様になるでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ