話題

話題

PR

吾輩は神である? 知っておきたい「猫の目」の事実と神話

444 views

読了時間 : 約4分2秒

猫の目(キャッツアイ)は、様々なものを指すことがあります。1934年にイギリスの発明家が考案した同名の再帰反射性の舗装路標識は、現在世界各地で使用されています。

 

また、サイモフェインという希少な宝石は、一般的にキャッツアイ【金緑石の猫目石】と呼ばれます。サイモフェインは、クリソベリルというベリリウムを多く含む希少な鉱物の2種のうちの1種です。しかし、この記事では(ネコ科の)猫の視覚についてお話します。

 

猫は優れた感覚を持っている

概して、猫の感覚は非常に敏感です。人間や多くの犬種よりも高い音(最大79kHz、60dB)を聞き分けることができるだけでなく、その音源の位置を正確に把握することができるのです。また、猫は触覚と嗅覚も鋭敏です。嗅覚上皮(鼻腔内の匂いに関連する組織)の感覚細胞が、人間には500万個しかないのに対し、猫には約2億個もあります。

 

一方、猫の目は、動物界で最も魅力的でユニークな目のひとつです。猫がなぜ狩りをするのか、その理由を探るため、長年にわたって重要な研究が行われてきました。その結果、その目が大きな役割を担っていることがわかりました。

 

以下に、おそらく猫好きの読者が知っておくべき、猫の目に関する事実と神話や俗説をまとめました。

 

8. 異色症は猫にはよく見られる

オッドアイの猫
画像出典:Keith Kissel/Flickr

 

虹彩異色症、または単に異色症とは、虹彩の色調が異なることです。この現象は、人間よりも猫、犬、馬によく見られます。異色症の猫はよく「オッドアイ」と呼ばれます。

 

猫に存在する異色症には、セクター型と完全型の2種類があります。セクター型異色症では、ひとつの虹彩の一部分だけが他の部分と異なる色をしています。

7. 猫は暗いところでも見ることができる

猫は、人間とは対照的に、極端に暗い場所や暗闇に近い状況でも見ることができます。これは、猫の網膜には、人間の約8倍もの桿体細胞(9200万個)があるからです。桿体(かんたい)細胞は、視細胞(しさいぼう)と呼ばれる2種類の主な視細胞のうちの一つで、人間でも動物でも夜間視力に重要な役割を担っています。

 

暗いところでよく見える理由のひとつは、網膜のすぐ後ろにある透明帯という組織が、網膜を通して光を反射する再帰性反射器として働いているためです。この層があるおかげで、猫などの動物たちは薄暗いところでも目が見えるのです。

フラッシュ撮影で猫の目の色が明らかに変化して見えるのは、この透明帯の反射によるものです。

俗説:猫は真っ暗闇でも見える

誰も(猫も含めて)光のないところでは何も見えないというのが自然界の法則です。猫の目は、極端に光量の少ない状況でもうまく機能するように設計されてはいますが、完全な暗闇では、私たち同様、その効果はありません。

6. 猫は短い間隔でまばたきをしない

人間は、目の表面を潤すため、また、ほこりや明るい光などの有害なものから目を守るために、短い間隔でまばたきをしています。しかし、猫にはそのような仕組みは必要ありません。しかし、猫は人間や他の猫のそばで目を細めたり、まばたきをしたりすることがあります。これは愛情表現のひとつなのです。

神話/民間伝承:猫の目は異世界への入り口

猫、特に猫の目は、様々な神話や民間伝承の一部となっています。エジプト神話では、猫の目に宿る神秘的な輝きは太陽の光とされ、エジプトの太陽神を象徴していると信じられています。ケルト神話では、猫の目は全く別の世界への入り口とみなされています。

5. 猫の瞳孔(目)は光の量によって細くなったり光ったりする

暗い場所での猫の目
画像出典:Wikipedia Commons

 

キツネやワニなどの動物とともに、猫も縦に細長い瞳孔を持っています。これは、明るい光でも色調の歪みなくピントが合うようにするためです。薄明動物(夕暮れから明け方にかけて活動する動物)として、細長い瞳孔は暗い状況から非常に明るい光の状況へ迅速に適応するのに役立ちます。

 

ご存知かと思いますが、猫の瞳孔は、明るい場所に比べると、暗い場所の方が大きくなる傾向があります。明るい場所では、瞳孔はスリット状になり、網膜が受ける光の量が少なくなります。

 

逆に、暗闇や薄暗がりでは、瞳孔は目の表面のほとんどを覆うように広がります。

4. 周辺視野が広い

犬、馬、猫(下)の視野
画像出典:John Doval氏、カリフォルニア大学デービス校

 

周辺視野に関しては、猫は人間よりはるかに優れています。人間の視野が180°であるのに対し、猫の視野は200°です。よく知られた捕食動物の多くがそうであるように、猫の目は正面を向いており、前方140°の広い両眼視が可能です。そのため、獲物の位置を正確に把握するのに必要な奥行き知覚に優れているのです。

 

ご覧のように、猫は犬や馬に比べて単眼の視野(目を別々に使う)が左右に小さく、死角がかなり大きいことがわかります。

 

視野が目の配置に依存することは明らかですが、目の構造に何らかの関係があるのかもしれません。猫(犬も)は中心窩の代わりに視線筋があり、遠くのものを広角で見ることができます。

3. 飼い猫の色覚はやや劣る

猫は、私たちよりも錐体の数が少ない(桿体の数は多い)ため、色覚の能力が低いか、非常に限られています。赤と緑、赤と黄の光を区別することはできますが、青と紫の違いを見分けるのは、飼い猫の方がはるかに得意です。ただし、人間と違って、猫は色の濃淡や強弱の違いを認識することはできません。

 

2014年に行われた研究により、猫は紫外線で見ている可能性があることが明らかになりました。犬や他の哺乳類と同様に、猫も紫外線(UVA315~400nm)を透過します。

2. 近視である

猫の視力は20/200と言われています。これは、普通の人間が200メートル離れていても見えるのに対し、猫は20メートル離れていないとはっきり見えないということです。

 

猫は人間ほど近くのものをはっきりと見ることができません。これは、目のレンズの形を調整するのに必要な筋肉が、猫の視覚器官にはないためです。同様に、遠くのものもぼんやりと、あるいはぼやけて見えています。この近視は、高度なハンターであるネコ科動物にとって有利です。

1. 猫の目には特殊な膜があり、第三のまぶたとして機能する

画像出典:Paul Miller/ウィスコンシン大学マディソン校

 

ホッキョクグマやアザラシ、ラクダなどの哺乳類には、半透明のまぶたのような膜「瞬膜(しゅんまく)」があります。爬虫類の仲間や鳥類にも多く見られます。

 

飼い猫では、この膜が目の表面の健康と安全に重要な役割を担っています。この膜は、目の表面を湿らせ、角膜を柔らかい傷から保護すると考えられています。この膜は、ある意味では、真菌や細菌の感染から角膜を保護する役割も果たしています。

 

通常は、この膜は猫では見ることができませんが、体調が悪いと目立ちます。また、眠っている猫の上まぶたをそっと押し下げると、この膜が見えるようになります。人間の場合は、両目の目尻にのみ、瞬膜の残骸を見ることができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ