話題

話題

騒音の中で会話が聞き取りにくい隠れた難聴を発見するための研究

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Next-Generation Clinical Testing For Hidden Hearing Loss
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

370 views

読了時間 : 約2分0秒

・ノイズの多い環境で特定の音を聴くことが難しいと感じる人がいます。

 

・既存の聴覚検査は、このタイプの難聴を発見するのに十分なほど進歩していません。

 

・研究者は、このような「隠れた」難聴を検出できる2つのテストセットを開発しました。

 

 

世界保健機関によると、世界中で約4億6600万人が聴覚障害を自覚していません。この数は今後数年間で増加する可能性があります。2050年までに、9億人以上が難聴になる可能性があります。

 

それは、老化、過度の騒音、慢性耳感染症、特定の感染症、および遺伝的要因によって引き起こされます。一般的に、聴覚障害は内耳(co牛)または聴覚神経線維の損傷から始まります。

 

現在、難聴は、人が異なる周波数または音高で聞くことができる最も弱い音を示すオージオグラムを介して診断されます。軽度(25〜40 dB)、中程度(41〜70 dB)、重度(71〜90 dB)、および重度(> 90dB)に分類されます。

 

ただし、現在の臨床検査では、すべてのタイプの難聴を検出することはできません。最近、多くの中年の人々に関する特定の問題が報告されています。彼らは騒音の中で会話を聴くことに苦労しています。

 

大きすぎるオーディオデバイスの使用が増えているため、このタイプの難聴は一般的な問題になりつつあります。現在、マサチューセッツ州の目と耳の診療所とハーバード大学医学部の研究者は、このような難聴を検出できる新しいタイプのテストを開発しました。

 

 

仕組み

人々が特定の音を騒音の中からどのように聴き分けているのかを説明するために、研究チームは認知努力と脳の神経処理の初期段階を測定しました。

 

脳機能の2つのバイオマーカーを利用して、通常の人が騒々しい環境で単一の音を追っていることを見つけました。バイオマーカーの1つはリスニングを担当し、もう1つは周波数の迅速な変化を処理する能力の測定を担当します。

 

従来のオージオグラムは、サウンド処理能力を妨げる神経の変化をキャプチャするように設計されていないため、このような隠れた難聴を検出できません。

 

この研究では、研究者は16年間にわたってオーディオクリニックを訪れた100,000人の患者の記録を分析しました。彼らは難聴を訴える10,000人の患者を見つけましたが、オージオグラムでは何も検出できませんでした。

 

このような「隠れた」難聴を検出するために、チームは2つの新しいテストを開発しました。

 

1、外耳道の表面から脳波信号を測定する

2、患者が1人の話者に焦点を合わせ、他の話者がバックグラウンドで話す時の瞳孔径の変化を測定します。

 

 

最初のテストでは、音波の急速かつ微妙な変動が脳内でどの程度処理されるかを把握します。 2番目のテストでは、専門の眼鏡を使用して瞳孔サイズを追跡します。これは、タスクにどれだけの認知的努力が費やされたかを示します。

 

正常な聴力を持つ23人の患者に対してこれらのテストを実行しました。結果、聴力は正常であるという報告があるにもかかわらず、ノイズの多い背景で特定の音を追跡する能力は大きく異なりました。

 

外耳道EEG信号と瞳孔径の変化を統合した後、研究者はノイズの多い環境で特定の音を追跡することを困難に感じた患者を特定することに成功しました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ