話題

話題

きっとサメが好きになる!手乗りするペットのような可愛いサメも存在する、サメ19種の魅力をご紹介。

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、19 Different Types of Sharks
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

155 views

読了時間 : 約7分39秒

「サメ」と聞くと、大きくて恐ろしい映画「ジョーズ」のような水中のモンスターを思い浮かべるのではないでしょうか?しかし、恐ろしいものとは限りません。サメの種は500種以上もあり、すべてが怖くて危険なわけではありません。わずか数センチのサイズのサメもいます。人間に優しいタイプも存在します。

 

この記事では、そんなサメについて知って頂きたいことを纏めました。サメを好きになるはずです!

 

19.ジンベイザメ

ジンベイザメ

 

二名法:ジンベイザメ
最大長: 18.8 m
最大重量: 11,018 kg

 

ジンベイザメは地球上で最大の魚種であり、最大の既知の非哺乳類脊椎動物です。小魚とプランクトンのみを餌とする3つのろ過摂食サメ種の1つです。

 

通常、海面下約1200メートルの深海で見られる移動性のサメ種です。まれに水面下1,800メートルも潜ることが知られています。

 

巨大なサイズにもかかわらず、ジンベイザメは人間にほとんど脅威を与えず、ダイバーにも友好的です。

 

18.レモンザメ

レモンザメ

 

二名法:ニシレモンザメ
長さ:3.4 kg
重量: 183 kg

 

ニシキザメは卵ではなく胎生の子供を産む、亜熱帯の海域でよく見られる移動性のサメ種です。ニシキザメはグループを作って暮らしており、交配のための特定のロケールを持っていることが知られています。

 

そのような行動は、捕食者(より大きなサメ)から自分達の身を守るだけでなく、ニシキザメがお互いにより良くコミュニケーションすることを可能にします。彼らは平らな頭を持っており、外観は茶色がかった黄色であるため、その名前が付けられています。

 

17.メガマウスシャーク

鳥羽水族館に展示されているメガマウスサメ

 

二名法:メガマウスシャーク
オス長さ: 5.4 m
体重: 1,215 kg

 

最初のメガマウスシャークは、ハワイの海岸から数マイル離れた場所で、1976年に発見されました。それ以来、世界中で約100匹程度しか目撃されていません。メガマウスシャークは深海のサメであり、人間が発見することはめったにありませんが、輝く上唇で簡単に識別することができます。

 

ろ過摂食のいとことは異なり、メガマウスは活動性が低く、比較的静的なスイマーです。

 

16.ウバザメ

二名法:ウマザメ
長さ: 8 m
重量: 4,700 kg

 

ウバザメは、巨大なジンベイザメに次ぐ2番目に大きなサメ種です。メガマウスやジンベイザメのように、ろ過摂食法を使用してプランクトンの餌を食べます。

 

ウバザメは、口を大きく開けて水面でゆっくりと泳ぎ、動物プランクトンや小魚を水からろ過しているのがよく見られます。彼らは通常温帯に住んでいますが、赤道の近くにもいます。

 

15.ホオジロザメ

ホオジロザメ| 画像提供:テリーゴス

 

二名法:ホオジロザメ
長さ: 6 m
重量: 1,900 kg

 

ホオジロザメは、小さなサメを含むさまざまな海洋動物を餌にするサメの種です。ホオジロザメほど人間を噛む事件を報告しているサメ種は他にいないため、彼らは人間に対して敵対的です。

 

ホオジロザメはすべての軟骨魚の中で最も敏感な電気受容体の1つを持っており、動きのない動物でさえも至近距離から心拍を感知することができます。2008年に実施された調査によると、体重が約3,324 kgのホオジロザメは、噛むと18,216ニュートンの力を発揮する可能性があるようです。

 

ホオジロザメは熱帯および温帯の海域で世界的に見られます。

 

14.ヨゴレサメ

二名法:ヨゴレサメ
最大長:4 m
最大重量:170 kg

 

ヨゴレサメは動きの遅い大きなサメで、独特の丸い白い先端のヒレで認識されます。通常は海岸から離れた熱帯および亜熱帯の海域で世界的に見られます。

 

ヨゴレサメは、食べ物のように見えるものを追いかける傾向があるため、頑固であると知られています。さらに、彼らの超攻撃的な性質が激しい捕食者というイメージを抱かせます。

 

ヨゴレサメの後に小さなブリモドキのグループが続くのはよくある光景です。それらは相利共生関係を維持し、非常にまれなケースでサメによって消費されます。

 

13.イタチザメ

二名法:イタチザメ
長さ: 3.25 m〜4.25 m
重量: 385 kg〜635 kg

 

イタチザメは海洋食物連鎖の最上位にいます。魚、カメ、アザラシ、イルカ、そして小さなサメを含む他のさまざまな海洋動物を捕食します。人工または人工の物体も胃の中に発見されています。

 

イタチザメは孤立して生息し、主に熱帯および亜熱帯地域の沿岸地域の近くで見られます。イタチザメは、他のほとんどすべてのサメ種(ホオジロザメを除く)よりもはるかに大きな脅威を人間にもたらします。

 

12.アオザメ

二名法:アオザメ
最大長:3.8 m
最も重い: 600 kg

 

アオザメは地球上で最も速く泳ぐサメの種です。これらのサメが移動できる最高記録速度は時速40マイルです。実際、アオザメは多くのスポーツカーよりも速く加速することができます。それらはかなり大きく、円筒形です。

 

1990年代後半の研究によるとアオザメは物覚えが早く、最もインテリジェントなサメの種であるかもしれないことが明らかになりました。通常、人間に対して攻撃的ではありませんが、スピードと生の強さのために非常に危険であると考えられています。

 

11.オオメジロザメ

メジロザメ属のサメ

 

二名法:Carcharhinus leucas
平均長さ:2.4 m
平均体重:130 kg

 

オオメジロザメは、おそらく淡水環境と塩水環境の両方で繁殖できる唯一のサメ種であろうと言われています。オオメジロザメは海岸線の近くで自然に発見されますが、川のはるか上を移動することも珍しくありません。

 

オオメジロザメは、人間や他のサメ種に対する攻撃的な行動でも知られています。ホオジロザメやイタチザメに加えて、人間を攻撃する可能性がはるかに高くなります。オオメジロザメがビーチや港の入り江の近くでスイマーを噛んだという確認された例は沢山報告されています。

 

10.エビスザメ

エビスザメ

 

二名法:エビスザメ
最大長: 3 m(成体雌)
体重: 59〜70 kg

 

エビスザメは、多くの点で通常のサメとは異なります。たとえば、背びれは背びれの尾びれまたは尾びれに近い背びれのさらに下にありますが、最も重要なのは、他のサメ種の中で最も鰓の切れ目(7つ)が特徴的なことです。

 

エビスザメは硬骨魚から光線まで多種多様な海洋動物を食べます。さらに小さなサメを狩ることが知られています。

 

9.シュモクザメ

ヒラシュモクザメ| 画像提供:ブライアン・スケリー

 

種類:シュモクザメ科
長さ: 6 m
体重: 580 kg

 

シュモクザメは、独特のハンマーのような頭の構造を持ついくつかのサメの種を識別するために使用される一般名です。これまでに9種のシュモクザメが発見されており、そのほとんどが絶滅の危機に瀕しているか、ほぼ絶滅しています。

 

シュモクザメの目はユニークで、360度を完全に見ることができます。それは彼らの奥行き知覚を改善するだけでなく、彼らを優れた捕食者にします。

 

シュモクザメは、ほぼすべての大陸(南極大陸を除く)の海岸線に沿って見られます。

 

8.コモリザメ

コモリザメ| 画像提供:Gary Rinaldi

 

二名法:Ginglymostoma cirratum
最大長:3.08 m
重量: 330 kg

 

コモリザメは、人間の干渉に非常に耐性があり、捕獲中に攻撃的に報復することは通常ないため、おそらく地球上で最も広く研究されているサメ種です。

 

コモリザメは底生生物です。通常、深いサンゴ礁、避難所や食べ物を探すためのサンゴに見られます。それらは大西洋の両側の沿岸地域で一般的です。

 

7.ブラックチップリーフシャーク

ソロモン諸島のツマグロ| 画像提供:Flickr

 

二名法:ツマグロ
平均長さ:1.6 m
体重:13.6 kg

ツマグロは比較的小さなサメ種で、独特の黒い先端のヒレで簡単に識別できます。ツマグロは浅い沿岸水域で繁栄し、時にはサンゴのプラットフォームやサンゴ礁の棚に沿って見られます。

 

通常、ツマグロは人間の周りに用心深く、深いダイバーに簡単に恐れられますが、この種による挑発されていない攻撃の記録されたケースはほとんどありません。

 

カマストガリザメは、インド太平洋地域でよく見られる光景です。

 

6.シロワニ

ニューポート水族館のシロワニ| 画像提供:Jeff Kubina

 

二名法:シロワニ
長さ: 2 m〜3.2 m
重量: 91 kg〜159 kg

 

シロワニ(イタチザメとは無関係)は、熱帯および亜熱帯の海域の水没した海岸線に沿って見られます。灰色のナースシャークやブルーナースのサンドタイガーなど、さまざまな名前で知られています。

 

シロワニの頭は尖っていますが、鼻は平らになっています。彼らは、鋭くとがった歯を見せて口を開けて泳ぐことを好みます。

 

しかし、威圧的な体格と鋭い歯にもかかわらず、これらのサメは人間に深刻な脅威を与えることはありません。

 

5.イヌザメ

 

二名法:イヌザメ
平均長さ: 1.4 m

 

イヌザメは地球上で最も小さいサメ種の1つであり、ペットとして飼うことができる希少なサメの1つです。この種は西太平洋の沿岸地域に固有のものです。

 

名前が示すように、イヌザメは外観が茶色がかっています。幼いサメは、年をとるにつれてかすかに成長するだけの暗いパターンまたはバンドを特徴としています。

 

4.ノコギリザメ

日本のノコギリザメ

家族:ノコギリザメ
平均長さ:1.5 m
平均体重:8.4 kg

 

ノコギリザメは、獲物を捕まえて無力化するために使用する、のこぎりのような長い鼻を持つ独特のサメ科の通称です。世界の海で見つかったノコギリザメには8種類あります。

 

ノコギリザメ8種は、それぞれ物理的にユニークで特徴的ですが共通する特徴もあります。たとえば、8種すべてが、鼻の途中にぶら下がっている1対のバーベル(ひげのような感覚器官)を備えている点です。

 

一般的なノコギリザメとしても知られているロングノーズノコギリザメは、その非常に長い鼻のために他のノコギリザメよりも際立っています。

 

3.オナガザメ

マオナガ| ウィキメディアコモンズ

 

長さ: 6.1 m(マオナガ)
重量: 500 kg

 

オナガザメは、長い鎌のような尾や尾びれにちなんで名付けられました。これらの尾びれは、獲物を気絶させたり、斬ったりするために使用されます。これらのサメは、外洋と世界の海岸線の両方で見られます。

 

これまでに3種のオナガザメが発見されています。これらのサメは人間に直接の脅威を与えることはありませんが、スイマーが上尾で怪我をしたという報告例があります。

 

2.ドワーフランタンシャーク

ドワーフランタンシャーク| 画像提供:スミソニアン協会

 

二名法:ペリーカラスザメ
長さ: 0.2mまたは20cm

 

記録上世界最小のサメであるドワーフランタンシャークは、合衆国魚類野生生物局が実施した調査によって、1964年に最初に発見されました。この種は、現状では、ベネズエラとコロンビアの沖合の小さなポケットにのみ見られます。

 

カラスザメは、長く平らな頭とそれに比例して大きな目で認識されます。さらに、それは生物発光種であり、それは彼らが彼ら自身の光を生み出すことができることを意味します。

 

1.フクロザメ

アメリカンポケットサメ| 画像提供:Mark Doosey / Tulane University

 

二名法:フクロザメおよびアメリカンポケットシャーク
長さ: 14 cm
重量: 14.6 g

 

1979年、研究者のグループが、チリの海岸から数マイル離れた場所で、まったく未知の種のサメの標本を発見しました。それは小さく、両方の鰓の前に珍しいポケットがありました。その結果、標本はモリスクアマパリニまたはフクロザメと呼ばれるまったく新しいサメ種が生み出されました。

 

2010年にメキシコ湾でほぼ同一のサメが発見されるまで、この種の唯一の個体であり、最近の研究によると、完全に新しい種として分類されています。それはフクロザメまたはアメリカのポケットサメと呼ばれています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ