話題

話題

タンパク質のセストリンを使って運動の簡単な代替え手段を手に入れる研究

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Can There Be An Easy Alternative To Exercise?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

310 views

読了時間 : 約2分6秒

・科学者は、セストリンとして知られる天然のタンパク質を研究しています。

 

・運動の効果(利点)を模倣できます。

 

・マウスとハエの実験により、セストリンの上方制御は運動の分子的および生理学的効果の両方を模倣することが示されています。

 

 

高齢者の増加に伴い、医療責任に関する懸念も増しています。加齢に伴う関心事の1つは、身体的、心理的健康の維持です。

 

加齢に伴う機能低下を緩和する有望な治療法の1つに、持久力トレーニングがあります。人間と実験動物で行われた研究では、持久力トレーニングが健康のいくつかの指標に重要な効果があることがわかりました。

 

しかし、筋肉を動かさずに激しい運動と同じ効果を得ることは可能ですか。

 

最近、ミシガン大学の学術医療センターの研究者は、セストリンとして知られる天然のタンパク質について研究を始めました。彼らは、マウスとハエで実験したところ、セストリンは運動のさまざまな効果を模倣できることを発見しました。

 

この研究は、怪我、病気、年齢などのさまざまな理由のために運動できない人々にとって朗報です。また、研究者が老化による筋肉の消耗を研究するのに役立つ可能性があります。

 

 

実験

ストレス誘導性の小さなタンパク質であるセストリンは、動物界全体にあります。C.elegansはショウジョウバエを使って1つのセストリンオルソログ(それぞれcSesnとdSesn)を証明しましたが、哺乳類は3つのセストリンを有しています。セストリンの発現は運動トレーニングによって強化されます。運動後に筋肉に蓄積します。

 

セストリンと運動の関係についてさらに学ぶために、研究チームは多くのハエとマウスを使って実験を行いました。

 

彼らはショウジョウバエのために特別なトレッドミルを作り、3週間訓練しました。その後、2つのグループのハエの飛行能力と走行能力を比較しました。最初のグループには通常のハエが含まれ、2番目のグループにはセストリンを生産する能力のないハエが含まれていました。

 

通常のハエは4〜6時間走り能力が向上しました。ただし、2番目のグループ(セストリンを生産する能力のないハエ)には能力の向上が見られませんでした。

 

研究者は、正常なハエの筋肉にあるセストリンを最大にすると、運動しなくても信じられないほどの能力(運動をして手に入れた能力を超える)を出すことに気づきました。さらに、このようにセストリンが最大でもう増やすことができないハエに運動をさせても、持久力は改善しませんでした。

 

マウスを使った実験でも同様の結果が示されました。セストリンのないマウスでは、運動に関連した呼吸、有酸素能力、脂肪燃焼が改善されていませんでした。

 

 

 

研究者によると、セストリンは単に持久力を改善するだけではなく、いくつかの代謝経路を切り替えることにより、このような生物学的活動を調整するそうです。

 

これは、運動の効果を生み出すために重要です。セストリンは、固定されている筋肉の萎縮を止めることもできます。

 

要約すると、運動におけるいくつかの利点を得るには、セストリンだけで十分であることを示しています。しかし、それはセストリンのサプリメントがすぐ発売されるという意味ではありません。

 

体内でセストリンがどのように生成されるかは、まだよく理解されていません。チームは、運動できない患者の治療につながる可能性のある、セストリンの低分子モジュレーターに取り組む予定です。

おすすめ新着記事

おすすめタグ