話題

話題

車の初代から進化の歴史がわかる、特徴的な出来事をピックアップ

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、The Evolution of Cars: 1769 to Present
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

322 views

読了時間 : 約5分47秒

地球上に存在するすべてのものには歴史があります。人間のように、自動車にも膨大な歴史があります。4世紀前を起源として(今日私たちが知っているように)自動車は、ほんの数人の発明家によって1日で発明されたものはありません。

 

車の初代から進化の歴史がわかるものを特徴的な出来事をいくつかマイルストーンとしてご紹介していきたいと思います。

 

Cugnot’s Fardier a vapeur

ニコラ・ジョセフ・クグノットがファルディエ・ア・ベイパーとして知られる自走式の機械式車両を製造したのは1769年から1771年頃でした。それは蒸気動力の三輪車でした。蒸気動力の初代として、蒸気圧と水の供給を維持することの課題を共有しました。

 

カグノットは機械式車両で認知されましたが、最初に知られている蒸気エンジンは、おそらく1672年に中国でFerdinandVerbiestという名前のフランダースのメンバーによって設計されています。中国の皇帝のためにおもちゃのモデルとして作られたようです。彼の作品は今でもパリの美術館に保存されています。

 

パフデビル

30年後のカグノットの開発の後、リチャードトレビシックは、「パフデビル」という名前の道路機関車の開発に成功しました。リチャード・トレビシックは、イギリスのコーンウォールで生まれたイギリス人エンジニアでした。1801年に、彼は実物大の蒸気道路機関車であるパフデビルを製造しました。これは後に、フォアストリートからイギリスのカムボーンヒルまで数人の乗客を運ぶことによって実証されました。

 

内燃機関

外燃機関や蒸気機関の開発は大成功でしたが、現代の自動車の原型になるものとしては、まともに受け入れられませんでした。1807年、ニセフォールニエプスは、弟のクロードとともに、史上初の内燃エンジンを作成し、「ピレオロフォール」と名付けました。内燃機関は、2つ以上の要素を使用して、燃焼プロセスによってエネルギーを生成します。発明後、両者はエンジンをボートに取り付けることにしました。

 

偶然にも、同じ年に、フランソワ・イサク・デ・リヴァーズというスイスの発明家が、独自のバージョンの内燃エンジンを設計および開発しました。NiepceバージョンとRivazバージョンのエンジンの主な違いは、前者はLycopodium粉末、細かく砕いた炭塵、およびオイルと混合した樹脂の組み合わせを使用し、もう一方は水素と酸素の混合物を使用してエネルギーを生成することでした。

 

どちらのタイプのエンジンも、寿命の問題と長時間の実行での出力の問題により、長い成功を収めることはできませんでした。

 

カールベンツとDMGの台頭

1844年にドイツで生まれたカール・フリードリッヒ・ベンツは、現代の自動車の発明者として多くの人に知られました。1883年にカールベンツはベンツ&シーという名前で会社を設立し、1885-86年に最初の実用的な自動車であるモーターワーゲンを製造し、1886年1月にドイツ特許を取得しました。モーターワーゲンは最初の自動車と見なされています。内燃エンジンによって注目されました。

 

フェニックスエンジン搭載のDMGカー

 

1880年代後半、他の2人のドイツ人エンジニアであるゴットリープダイムラーとヴィルヘルムマイバッハがレースに参加し、ドイツのカンシュタットに有名なダイムラーモトレンゲゼルシャフト(DMG)会社を設立しました。数年後の1894年、DMGは、ヴィルヘルムマイバッハをメインデザイナーとして、フェニックスという名前の最初の主要エンジンを製造しました。フェニックスエンジンの主な機能は次のとおりです。

 

・縦横に配置された4つのシリンダー

・カムシャフト式排気バルブ

・スプレーノズルキャブレター

 

マイバッハW3

 

10年後、ゴットリープダイムラーが亡くなったとき、彼のパートナーであるヴィルヘルムマイバッハは、1902年にエミールイェリネックメルセデスに続いて象徴的なメルセデスエンジンを製造し続けました。メルセデスエンジンは大成功を収めました。しばらくの間、マイバッハはDMGのチーフデザイナーとして残りましたが、1909年に会社を辞め、マイバッハ-モトレンバウGmbHを設立しました。ここで彼は1921年にマイバッハW3の最初のモデルを作成しています。1929年に彼は83歳で亡くなりました。

ボクサーエンジン

 

それ以前の1896年、カールベンツはすでにボクサーモーターと呼ばれる史上初の水平対向エンジンを設計しています。水平対向ピストンで、対応するピストンが同時に上部中央に到達し、勢いでバランスをとる設計になっています。このデザインは、ポルシェ、スバルなどの多くの自動車メーカーや、特にレーシングカーの一部の高性能エンジンで今でも使用されています。

 

ヘンリーフォード時代

これまでのところ、カールベンツ、ヴィルヘルムマイバッハ、ダイムラーが優れた発明家であったことがわかるでしょう。彼らの発明は、現代の自動車に向けた最初の大きな一歩と見なすことができます。しかし、彼らの会社は主に西ヨーロッパにあり地域的に限定されてました。彼らの機械は高価であり、一般市民には手の届かないものでした。

 

フォードモーターカンパニーの創設者であるヘンリーフォードは、1863年7月30日に米国ミシガン州で生まれました。彼は大量生産の大きな支持者であり、自動車産業全体の変革に単独で責任を負っています。彼は1891年にエンジニアとしてのキャリアを開始しました。ガソリンエンジンに関するいくつかの初期実験の後、彼はついに フォードクォードサイクルという名前の自走式車両の作成に成功しました。

 

フォードクォードサイクル

 

数年にわたって、フォードとハロルドウィルズは、1901年に26馬力の車両を設計し、最終的に製造に成功しました。その結果、デトロイト自動車会社の利害関係者はヘンリーフォードに資金を提供し、ヘンリーフォードをチーフエンジニアとして会社を設立しています。

 

しかし翌年、ヘンリー・フォードは個人的な論争のために会社を辞めました。彼の退職後、会社はその名前をキャデラック自動車会社に変更しています。1903年6月16日、ヘンリーフォードは、アレクサンダーY.マルコムソンとともに、フォードモーターカンパニーを再編しました。

 

フォードモデルT

ウィキメディアコモンズ

 

フォードモデルTは1908年10月に発売されました。当時の車種は非常に印象的で人気が高かった一方で、フォードは自社製品のマーケティングというまったく新しいコンセプトも導入しました。ヘンリー・フォードは、すべての新聞に彼の製品に関する記事や広告が掲載されていることを確認しました。彼は、北米のすべての都市で車を有名な人物にした地元のディーラーのネットワークを構築しました。

 

彼は、一般市民の注目までも集めることに成功しました。1913年にフォードは工場に組み立てベルトを取り付け、生産増加を可能にしました。1918年までに、アメリカの道路を走るすべての車の半分がモデルTのものでした。「黒である限り、顧客の望む色にいくらでも塗り替えられる。」とフォードの自叙伝に書かれています。

 

モダン/ポストモダン時代

世界大戦中、多くの自動車会社は廃業していました。市場での地位を維持できた企業はごくわずかでした。フォードモデルTの成功後、多くの自動車会社はクローズドボディと標準化された制御を追跡し始めました。マルチバルブおよびオーバーヘッドカムシャフトエンジンの人気が大幅に高まりました。1922〜1931年の注目すべき車には、オースチン7、ランチアラムダ、ブガッティタイプ35、フォードモデルAがあります。

 

ブガッティタイプ35A

 

第二次世界大戦後、車のデザインは革命的な変化を遂げています。新しいポントンスタイルが採用されました。このスタイルを採用した最初の車は、ソビエトGAZ-M20ポベダ1946と英国スタンダードヴァンガード1949でした。1949年に、ゼネラルモーターズとキャデラックはアメリカで高圧縮V8エンジンを導入しました。

GAZ-M20ポベダ

 

1950年代、自動車技術が進歩するにつれて、デザインはより複雑で巧妙になりました。アメリカンモーターズは、コンパクトサイズのランブラーモデルの新しいコンセプトを打ち出しています。1960年代に市場のムードが変化するにつれ、米国を拠点とする企業はヨーロッパや日本からの輸入車との競争に直面し始めました。

 

アメリカンモーターズの成功により、フォードとGMはコンパクトサイズのスタイリッシュな車を生産することを余儀なくされ、まったく新しい時代に突入しました。また、次のトレンドとなった「マッスルカー」の時代をアメリカにもたらしました。

 

1980年代には、独立懸架、改良された燃料噴射システムなど、技術的に高度な新しい機器の使用が一般的になりました。NSUのワンケルエンジン、ガスタービン、ターボチャージャーは重要な革新の一部です。

 

BMWとサーブはこれらの革新を彼らの製品に最初に導入しましたが、後にクライスラーによって1980年代にマスマーケットで使用されました。マツダは、寿命、排出ガス、燃費に問題のあるバンケルエンジンの開発に注力しました。

 

1966年のポンティアックGTO–クラシックなマッスルカー

 

20世紀の終わりまでに、米国は自動車産業における主導的地位を部分的に失うこととなりました。日本は自動車生産の世界的リーダーとなり、アジアや東欧などで自動車の量産を始めました。

 

21世紀、自動車産業は多くの革新的な技術的変化が起こりました。今日、標準化、プラットフォーム共有、およびコンピュータ支援設計に対する大きな需要があります。

 

ボディスタイルもポストモダン時代の一連の変化を経てきました。世界市場はハッチバック、セダン、スポーツユーティリティのデザイン車が支配しています。今日、多くの自動車会社が毎日自社製品を販売しています。それらのいくつかは過去にルーツを持っていますが、多くは最近開発されています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ