話題

話題

大昔からあった! グリーン建築と技術の9の好事例

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、9 Ancient Examples of Green Architecture and Technology
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

143 views

読了時間 : 約3分3秒

人類が初めて天然燃料を使用したのは、何千年も前のことです。グリーンデザイン、持続可能な建築、代替エネルギーは、持続可能な環境をつくるためにとても重要であることは周知のとおりです。

 

太古の昔、様々な場所で、様々な種類のエネルギーの実用的な利用法が発見されました。古代中国では暖房に太陽光を利用し、アメリカでは調理に地熱を利用し、同様にエジプトでは建築に適した場所を決めるために風力エネルギーを利用していました。現代のデザインは、こうしたグリーンエネルギーに強くインスパイアされているものがあります。ここでは、古代のグリーン建築とグリーン技術の代表的な例をいくつかご紹介します。

9. アメリカの断崖住居

画像出典:wikimedia

 

クリフパレスは北米最大の断崖絶壁のくぼみです。メサ・ヴェルデ国立公園内にあり、グリーンの見本のような存在です。過剰な太陽熱からの保護は、最高の例の一つです。古代のプエブロ族によって建設されたもので、パレス全体は、砂岩と木の梁で造られています。砂岩は硬い石を使って彫られ、土と灰と水を混ぜたもので固定されていました。このパレスには150の部屋があり、約100人が住んでいたそうです。

8. ローマ帝国時代の家屋建築

 

ローマ帝国時代の家屋は、ギリシャの建築とは少し違った方向性を持っています。彼らは、目的別に部屋を作ることを信条としていました。冬の食堂や浴室は夕方の光を最大限に取り込むために南東方向に作られ、寝室は朝の光を取り入れるために東向きに作られています。

 

古代ローマでは、「ドムス」は上流階級の人々が住む高級住宅でした。そのため、現在でも多くの素晴らしい建築例が残されています。その最たるものが、雨水を集めて地下のカゴに自動的に排水する仕組みです。

7. ローマ式受動的冷却システム

画像出典:wikimedia

 

暑い季節になると、貯水した水を地下の部屋から取り出してプールに溜めます。それを蒸発させ、アトリウム全体に冷却効果を与えます。気温を下げ、空気中の水分を増やすためです。この方法は、古代エジプトの時代にも使われていました。雨水を集めることは、生活用水を確保するためにとても重要なことだったのです。

6. ローマ時代の重力式水道橋

画像出典:wikimedia

 

ローマは、巨大な建造物やその他多くの古代工学の素晴らしい例で有名です。しかし、最も重要なのは、水とゴミの分配システムである水道橋で、その一部は今日でも使われています。これらの水道橋は、鉱山、製粉所、浴場などの再生可能な水力源と考えられています。彼らは、町に新鮮な水を運ぶために水道橋を建設しました。このシステムは、汚水を近隣の水域に排出し、町を清潔に保つという優れたものでした。

 

5. エルサレムの家庭雑排水の配管

画像出典:Greenprophet

 

イスラエルの首都エルサレムは、海抜2500フィートの高さに位置しているため、街は常に地下水に依存しています。この都市は、水の再利用システムの建築でよく知られています。地下水を逆流させるためのトンネルをいくつも作り、それをガーデニングなどに利用したのです。この街には今でもトンネルが残っています。都市の発展とともに、水の再利用システムも開発されました。

 

4. 古代ペルシャの風の塔

画像出典:kuriositas

 

ペルシャは最も古い換気と冷却システムの本場と考えられています。この技術は2000年も前からあったようです。彼らは狭い通路を作り、それを採風塔と呼びました。一方向性、双方向性、多方向性のものがあります。熱風はこれらの狭い通路を通り、地下の冷たい水と混ざり合い、暑い灼熱の日には室温を調整するのに役立ちます。これらの塔は、古代ペルシャの砂漠建築の優れた例です。この技術は今でも西洋の建築に生かされています。

3. ローマ式温浴施設

画像出典:ナショナルジオグラフィック

 

人類は旧石器時代から地熱を入浴に利用してきました。古代ローマ時代には、地熱を空間の暖房に利用していました。最古の温泉は中国にあり、紀元前3世紀に建設されたものです。その後、ローマ帝国は温泉を公衆浴場として利用するようになりました。しかし、当時はマグマが地表に近い場所にしか建設されず、限定的なものでした。現在では、熱エネルギーは発電に広く利用されています。

2. 古代ギリシャの都市

画像出典:Britannica

 

建築は、燃料を使わずに家を暖かく保つための設計に重要な役割を果たします。古代ギリシャ人は、冬の燃料不足に直面したとき、グリーンエネルギーの利用を考え始めました。そして、街全体を、寒い季節には太陽の光を最大限に取り込めるように作りました。その後、太陽光の熱を最大限に逃がさないよう、窓にはガラスを使うようになりました。

1. 古代ペルシャの風車

画像出典:allempires

 

最古の風車は、3000年前にさかのぼります。この種の技術は、古代ペルシャで最初に使われたと考えられています。これらの風車は、穀物をすりつぶし、地下から水を汲み上げるために使用されました。丈夫な葦を使って作られ、軸を中心に回転するように結ばれていました。これは、日常的な作業を機械的に行うために風を利用した最初の例として知られています。

 

風車は両方向に回転することで発電するよう、慎重に設計されています。2014年6月現在、風力発電は世界の総電力使用量の約4%を占め、急速に伸びています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ