話題

話題

麻薬王パブロ・エスコバルの知られざる狂気的事実23

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、23 Craziest Facts About Pablo Escobar
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

92 views

読了時間 : 約4分49秒

コロンビアには、以前からコカイン取引があります。現在、コロンビアの街角では大小十数社の麻薬カルテルが活動しています。その中で最も注目されているのがロス・ウラベーニョスです。

 

しかし、状況は今と全く同じではありませんでした。今から30年前、20年近くコカイン業界を支配していたパブロ・エミリオ・エスコバル・ガビリア、通称エル・パトロンと呼ばれる男がいました。彼は故郷メデジンのビルの屋上で、コロンビア警察と悪名高い対決を繰り広げ殺されたのです。

 

今回は、このコカイン王について、非常識であまり知られていない事実をいくつか紹介します。

 

 

23.

 

 

エスコバルは農家に生まれ、母親は小学校の教師でした。麻薬取引に手を染める前、エル・パトロンは盗んだ墓石を密輸業者に売ることと、車を盗む商売をしていたと言われています。一方、彼の息子は、父親が犯罪を始めたのは偽造の高校卒業証書を売ることからだったと話しています。

 

 

22.

 

 

カルテルが全盛期だった1980年代中頃、拠点のメデジンでは、1週間に推定4億2000万ドルから4億9000万ドルを売り上げ、年間ではほぼ220億ドルに達していました。

 

 

21.

 

エスコバルは1987年にフォーブスの世界億万長者リストに入りました。1993年に亡くなるまで、このリストに載り続けました。1989年には、世界第7位の富豪に選ばれています。

 

 

20.

 

 

1980年代末には、彼と彼のカルテルが世界のコカイン市場全体の8割を支配していました。コロンビアには他に、カリ・カルテルとノルテ・デル・バジェ・カルテルというカルテルがありました。

 

 

19.

 

 

彼と彼のカルテルは、1日あたり約15トンのコカインをアメリカに密輸する役割を担っていました。もともとはボリビアとペルーからほとんどのコカインを輸入し、自分の研究所で加工し、コロンビアからフロリダ、ニューヨーク、カリフォルニアの主要な密売ルートで流通させていました。

 

 

18.

アメリカの麻薬市場に与えた影響は大きく、コカインをやっているアメリカ人の5人に4人はエスコバルから買っていたと言われています。

 

 

17.

 

 

ある時期から、彼は多額の財産を農地の穴蔵や荒れ果てた倉庫に埋めておくようになりました。会計士と弟は「パブロは稼ぎすぎて、毎年、倉庫でネズミに食べられたり、水濡れや紛失で10%ずつ償却していました」と話しています。時には、毎月21億円もの利益の損失が合計で出ることもありましたが、そんなことはどうでもいいことでした。

 

 

16.

2009年、ドンファン誌に掲載された一人息子のフアン・パブロ・エスコバル(現在はセバスチャン・マロキーンに改名)のインタビューには、父親は逃亡中の娘と家族を暖めるために200万ドル札を燃やしたことがあると書かれています。

 

 

15.

 

 

息子は、札束を束ねる輪ゴムに毎月2,500ドルも使っていた、と話しています。

 

 

14.

 

 

彼の経歴の大半は悪名高く残虐なものでしたが、彼は頻繁に住宅プロジェクトやその他の市民生活に必要な資金を分配していたので、貧しい人々の間ではとても人気がありました。彼はコロンビアの貧しい人々を助けるために多くのプログラムに資金を提供し、「ロビン・フッド」というニックネームで呼ばれるようになりました。彼は教会や病院に寄付し、食料プログラムを確立し、公園やサッカースタジアムを建設し、またバリオ(居住区)を作りました。

 

 

13.

数年にわたり政府と戦争をしていましたが、ついに降伏することにしました。しかし、それは他と違う形のものでした。彼はコロンビア政府と、街頭での大量爆撃をやめて降伏するが、その代わりシカリオ(護衛)に囲まれた自主管理下の刑務所に入り、国家公務員は一切介入しない、という取引をしたのです。この監獄は「ラ・カテドラル」(大聖堂という意味)と呼ばれるようになりました。彼の豪華な刑務所には、カジノ、ナイトクラブ、スパまで併設されていました。

 

 

12.

 

 

エスコバルは、推定200人の裁判官、1000人の警察官、ジャーナリストを含む約4000人の政府関係者を殺害しました。彼のやり方は大胆で、まず邪魔な人間に賄賂を提供し、その後に排除しました。

 

 

11.

 

 

信じられないかもしれませんが、コロンビアの身柄引き渡しに関する法律を変えるために、当時100億ドル近くあったとされるコロンビアの国際債務を返済すると申し出ました。

 

 

10.

 

 

輸出量が急増すると、エスコバルと彼のカルテルには変わったキャッシュフロー問題が発生しました。コカイン輸出による利益が膨大になると、コロンビアに密輸しなければならない現金の量も膨大になったのです。この問題を解決するために、彼は現金輸送のためだけにリアジェットを購入しました。これで問題は解決しました。

 

 

9.

 

 

エスコバルのビジネスは、飛行機、ヘリコプター、車、トラック、ボートに加えて、コカインをアメリカに運ぶためのナルコ潜水艦2隻まで購入するほど巨大なものでした。

 

 

8.

エスコバルの自宅から当局が発見した所持品の中には、自己啓発書の古典である『The Power Of Positive Thinking』のスペイン語訳が含まれていました。

 

 

7.

 

 

パブロ・エスコバルは、身柄の引き渡しを一番恐れていました。何があっても、アメリカの監獄で一日たりとも過ごしたくなかったのです。

 

 

6.

 

 

エスコバルがアメリカに送ったコカインの重さは、最大で51,000ポンドもありました。

 

 

5.

 

 

エスコバルは、並外れた富と権力と人気を利用して、コロンビアの下院議員になりました。彼が政治の世界に入った主な理由は、身柄引き渡しを恐れていたからで、下院と上院に影響力を及ぼしていれば免れると考えたからです。これは間違いなくパブロ・エスコバルが犯した最大の過ちでした。

 

 

4.

 

 

エスコバルは、飛行機のランディングギアやタイヤにコカインを仕込んで密輸したと言われています。コカインを安全に輸出するために、彼はこのような様々な方法を考えました。パイロットは運ぶ量によりますが、1日50万ドルもの収入を得ることができました。

 

3.

 

 

コカインビジネスの本質を問われたエスコバルは、「ビジネスは簡単だ。ここで誰かを買収し、あそこで誰かを買収し、友達になった銀行員に金を払って、金を戻すのを手伝ってもらうんだ」と答えました。

 

 

2.

 

 

ラ・カテドラルにいた頃、パブロ・エスコバルはノリエガ将軍の助けを借りて麻薬帝国を運営していました。パナマの軍事独裁者マヌエル・アントニオ・ノリエガ・モレノは、1989年に降伏するまで、メデジン・カルテルのために重要な役割を担っていました。また、決定的な証拠はありませんが、ニカラグアの大統領ダニエル・オルテガとも親密な関係にあった可能性があります。

 

 

1.

 

彼は、「プラタ・オ・プロモ(金か銃弾か)」または「シルバー・オア・リード(銀または鉛)」と呼ばれる、法執行機関と政府を味方につけ、自分に従わないものを排除する政策を作りました。彼は、1990年のコロンビア大統領選挙で候補者ルイス・カルロス・ガランの殺人、1989年のアビアンカ航空203便爆破事件、1989年ボゴタのDASビル爆破事件に関与したとされています。

おすすめタグ