話題

話題

PR

バミューダトライアングルはなぜ「魔の三角海域」と呼ばれるのか?興味深い12の事実

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、12 Fascinating Facts About The Bermuda Triangle
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

62 views

読了時間 : 約4分18秒

1945年12月5日、フロリダ州フォート・ローダーデールにある海軍航空基地は、ごく普通の日でした。この海軍基地では定期的な航行と戦闘訓練の準備が行われていました。

 

最初の飛行計画では、フォート・ローダーデールから真東に141マイル飛行した後、左旋回で真北に73マイル飛行し、グランド・バハマ島の上空を通過し、最終的に直行ルートでローダーデールの基地に戻る予定でした。

 

無線送信機の謎の故障の後、フライト19は広大な北大西洋で行方不明となり、発見されることはありませんでした。多くの人々は、バミューダトライアングルと呼ばれる仮想領域が存在し、それが非現実的な事件や失踪を引き起こしていると信じています。この記事では、バミューダトライアングルに関する興味深い事実をいくつかご紹介します。

 

エリア

 

画像出典:wikimedia

 

バミューダトライアングルと呼ばれるエリアの総面積は、実際には広大です。多くの識者や作家が三角形の異なる境界や頂点に印を付けており、その総面積は130万km²から390万km²まで様々です。これはアメリカのカリフォルニア州とテキサス州を合わせた面積よりもはるかに大きいものです。

 

非公認である

 

アメリカ地質調査所傘下の連邦機関であるアメリカ地名委員会(BGN)は、連邦政府全体で統一された地理名称の使用を維持することを目的としていますが、このバミューダトライアングルについては認めておらず、アメリカ国内のいかなる当局が作成した地図にも記載されていません。

 

USSサイクロプス

 

バミューダトライアングルで最も早く記録された事件は、1918年のUSSサイクロプス(給炭艦)の謎の失踪でした。309人の乗組員とともにマンガン鉱石を積んでバルバドス【東カリブ海の島国】を出港したUSSサイクロプスは、1918年3月中に行方不明になりました。暴風雨の影響、転覆、敵の活動などいくつかの独立した説が存在しますが、多くの人々はサイクロプスがバミューダトライアングルで遭難したと信じています。

 

経済的な重要性

 

バミューダトライアングルという名前を聞くと恐怖を感じる人もいるかもしれませんが、実際には世界で最も忙しい貿易ルートのひとつなのです。大西洋のこの部分には、世界の様々な地域から様々な形や大きさの船が定期的に航行しています。フロリダ州のマイアミ港とポート・エバーグレーズ港では、毎年約73万TEU(2014年)の貨物を扱っています【TEU:貨物の容量のおおよそを表す単位】。

 

AUTEC

 

画像出典:wikipedia

 

大西洋海底試験評価センター(AUTEC)は、バミューダトライアングル地域のバハマ諸島にあるアンドロス島の真下にあります。このアメリカ海軍の地下研究施設は、水中兵器のテストと再調整を担当しています。しかし、多くの人はAUTECが水中実験施設以上のものだと信じています。

 

「バミューダトライアングル」の起源

 

「バミューダトライアングル」という名称は、アメリカの作家ヴィンセント・ヘイズ・ガディス【1913年~1997年】が雑誌『Argosy』1964年2月号の記事で初めて使った造語です。

 

メタンハイドレート

 

バミューダトライアングルの海底には大量のメタンハイドレート【天然ガスの主成分でエネルギー資源である「メタンガス」が水分子と結びつくことでできた、氷状の物質】が眠っています。もしこのガスが放出されれば、水の密度が影響を受け、海水が泡立ち、航行できなくなります。海水は著しく加熱され、その結果、浮力が低下し、その上を航行する可能性のある他のすべての船が沈むことになるのです。

 

空気はメタンで高密度に飽和し、非常な乱流になり始めます。それにより、沈没した船や失われた航空機をすべて説明することができます。しかし、メタン説を裏付ける有力な証拠はまだ見つかっていません。

 

「モップ掛け」の水流

 

メキシコ湾流は強く、暖かく、速い大西洋の海流で、メキシコ湾からフロリダ海峡を経てバミューダトライアングルを覆い、ヨーロッパ沿岸のはるか沖に達します。この海流は非常に強力で、瓦礫や海洋廃棄物をある場所から別の場所へと次々と運び去ることができます。このメキシコ湾流が、失われた船から沈没した船まで、残骸の謎の喪失の大きな要因となっているのです。

 

クリストファー・コロンブスと日記

 

歴史的な遺物や埋蔵物によれば、クリストファー・コロンブスはバミューダトライアングル付近で起こった珍しい出来事について言及した最初の人物です。コロンブスの航海日誌の原本は残っていないものの、バルトロメ・デ・ラス・カサス[1484年~1566年、スペイン出身のカトリック司祭]の航海日誌と日記が残っています。その日記の中で、彼は1492年9月15日にコロンブスと乗組員たちが見た2つの奇妙な遠くの光について触れています。多くの学者は、最初のものはおそらく流星の落下であったと推測しています。

 

日記によると、1492年9月のある日、乗組員たちは航海上の問題に直面します。エル・フェロ島(カナリア諸島)から約200リーグ(長さの単位)の地点で、コロンブスは初めてコンパスの針が異常に変動していることに気づきました。このことが、早くも1492年に、この地域における地球外からの干渉の推測に火をつけたのです。

 

バミューダトライアングルの電子の霧

 

ブルース・ジャーノン【民間パイロット】と彼の父親は、1960年代後半から1970年代にかけて、バハマからマイアミへ定期的に飛行していました。1970年12月のある晴れた日、彼らはマイアミのフライトサービスからの好天の報告を受けて飛び立ちました。ジャーノンがバミューダトライアングル上空を飛行していると、前方にユニークな雲の層が見えました。彼は、飛行機のすぐ後ろにも別の雲が形成され、文字通りこの2つの雲に飲み込まれ、トンネル状になっていることに気づいたのです。

 

飛行機がトンネルを進むにつれ、渦が形成され、螺旋状になっていることがわかりました。飛行機は無重力状態になり、電子コンパスと磁気コンパスも故障しているため、この光景でより混乱し、恐怖も増します。さらに奥に進むと、霧のような広大な無の領域に到達しました。この電子的な霧は、この特定の地域の歴史を通じて、航空機や水上船舶の多くの失踪の原因である可能性があると信じられています。

 

サルガッソ海

 

サルガッソ海は、北大西洋の中心部の環流の中にあるユニークな水域です。地球上で唯一海岸線がなく、褐色のサルガッスムという海藻が生い茂る、他の大西洋とはまったく異なる穏やかな海です。専門家の中には、このサルガッソ海の存在がバミューダトライアングルの大惨事を説明する可能性があると考える者もいます。

 

卑劣な渦

 

卑劣な渦(Vile vortex)とは、原因不明の失踪やその他の不可解な現象が起こる12の特定の地域、またはその場所のことです。1972年、生物学者で作家のアイヴァン・T・サンダーソン【1911年~1973年】が、『サガ』誌に「世界の12の悪魔の墓場」という記事を発表しました。彼が言及したこれらの場所は、互いに等距離にあり、南回帰線と北回帰線、北極と南極の間に等分され、奇妙な失踪や現象、あるいは電磁気の「異常」が起こるとされる地域を表しています【バミューダトライアングルも含まれている】。

 

おすすめタグ