話題

話題

【あなたは何人知っていますか】歴史上最も有名な自由の戦士10人

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、10 Most Famous Freedom Fighters In The History
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

462 views

読了時間 : 約5分41秒

これまでの歴史でどんな自由の戦士がいたのしょうか。彼らは何をし、誰のために戦ったのでしょうか?

 

 

文字通り、自由の戦士は、既存の政治制度に挑戦し、彼や彼女自身の自由と彼の人々の自由のために戦う人のことです。 しかし、多くの場合、自由を求める平和デモに関与する人は、自由の戦士ではなく政治指導者と見なされています。

 

 

「自由の戦士」という用語自体はインドと密接に関連し、インドの独立探求に参加した人々に公式には使用されていますが、世界中の革命組織のメンバーも自由の戦士とも呼ばれています。 アメリカの自由の息子達と南アフリカのウムコント・ウィ・シズウェなどが有名です。

 

 

では早速、近代の歴史の中で最も有名な10人の自由の戦士の紹介を始めましょう。

 

10. ネルソンマンデラ

 

 

 

ネルソン・マンデラが1994年に南アフリカで行われた総選挙で投票している様子

 

 

主な活動:反アパルトヘイト運動

 

政党:アフリカ民族会議

 

ネルソンマンデラは、1918年7月18日に南アフリカのムベゾにある貴族の家に生まれました。彼は弁護士として短期間働いた後、1943年にアフリカ民族会議に参加しました。これが南アフリカの人種差別制度に対する彼の戦いの始まりでした。

 

1950年代、マンデラは抵抗キャンペーンや人民会議などの平和的な抗議活動に深く関っていました。1961年に彼は、武装勢力であるUmkhonto we Sizweを設立し、南アフリカ政府との積極的な戦いを開始し、1962年に逮捕されました。

 

裁判手続中、マンデラは有名な「私は死ぬ準備ができています」というスピーチを行い国際メディアで広く報道されました。フィデル・カストロの「歴史は私を赦してくれる」というスピーチに触発されていました。マンデラは、マルクスのイデオロギーを生涯にわたって支持しました。

 

 

 

9.チャンドラ・シェカール・アザード

1988年のインドの切手のチャンドラシェカー| 画像提供:インド政府、インド政府。 GODL-インド

 

所属:ヒンドゥスタン社会主義共和党軍

 

「アザド」の名で知られるチャンドラ・シェカール・アザドは、その行動により彼が市民の間で英雄になったインドの革命的指導者でした。

Ram Prasad Bismilと他のHSA創設メンバーの死後、組織を復活させ、ヒンドゥスタン社会主義共和党軍(HSRA)と改名したのはチャンドラ・シェカール・アザードでした。

 

チャンドラ・シェカールは、有名なカコリ列車強盗を含むイギリス領インド帝国に抵抗する複数の陰謀に関与しました。 彼はまた、ラホール(現在パキスタン)でイギリス警察官のジョン・サンダースを殺害した、共謀者(バガットシンとラージグルと共に)でもありました。

 

彼は都市公園で警察に囲まれた後、1931年2月27日に射殺されました。

 

 

 

8.ラニ・ラクシミバイ

ラニ・ラクシミバイの肖像|画像提供:大英図書館

 

所属:ジャンシ州

 

「ジャンシキラニ」(ジャンシ女王)としても知られるラクシュミバイは、1857年のインド反乱の最も影響力のある人物の1人でした。イギリス東インドはラクシミバイにジャンシーを放棄するよう命じました。

 

1858年3月23日、はじめはしぶしぶ従っていたものの、数年後彼女はイギリスの支配に公然と抵抗しました。ラクシュミバイと戦うイギリス軍を指揮していたイギリス人将校ヒュー・ローズは、彼女を「人に好かれ、賢く、美しい」、「最も危険なインド革命指導者だ」と表現しました。

 

 

 

7.スバス・チャンドラ・ボース

政党:インド国民会議

 

スバス・チャンドラ・ボースは、インド独立運動において物議を醸す人物です。彼の反抗的な愛国心と忠誠心は彼を市民の間では英雄でしたが、第二次世界大戦中にナチスのドイツと日本の助けを借りてイギリスの支配を転覆しようとするボーズの試みは大きく批判を集めました。

 

日本の助けにより、ボーズはインド亜大陸を英国人の手から解放するという唯一の希望でインド国軍を復活させました。

 

 

 

6.ララ・ラジパット・ライ

ラル・バル・パル

 

政党:インド国民会議

有名なラルバルパルの三人のうちの一人であるラララジパットライは、インドの独立運動の中で最も影響力のある人物の1人でした。

 

敬虔な家族に生まれ育ったラジパットライは、ヒンドゥー教の信奉者であり、すべてのインドのライフスタイルはそれに基づいているに違いないと考えていました。 彼の信念と実行力は、リーダーとしての中心的役割を果たしました。

 

政治家としての経歴の中で、ラジパットライは米国を訪れ、インドのイギリス領インド帝国に対する国際的な支持を集めるために、インディアンホームルールリーグオブアメリカを設立しました。

 

 

5.バルガンガダーティラック

政党:インド国民会議

 

バルガンガダールティラックは、インドの独立運動において最も著名な自由の戦士の一人です。ティラックは、他の多くの政治指導者とは異なり、独立に関する穏健派の見解に反対しました。

 

彼は支配に好意的であったにも関わらず、同意年齢法(1891)に反対した最初の指導者の一人でした。ティラックは、英国のヒンズー教の信仰に対する干渉は、宗教への直接の攻撃であると信じていました。

 

彼は3つの扇動罪で裁判にかけられました。英国当局はかつて彼を「インド不安の父」と呼ばれていました。

 

 

 

4.マンガルパンディー

Mangal Pandeyは、第34ベンガル先住民歩兵の兵士で、1857年4月9日に英国によって反逆罪で絞首刑にされました。彼の死は1857年のインド大反乱の始まりとして知られています。

 

1875年3月29日、マンガルパンディーはイギリスの高官に対して公然と反乱を起こしました。彼は目の前に来る最初のヨーロッパ人を撃つと脅し、彼の仲間のインドの兵士にも同じようにするように説得しました。

 

後の調査で、パンディとイシュワリプラサドという仲間の兵士の一人が処刑されました。北インドの多くの地域で反乱が起き、彼の死のニュースがセポイ(インドの兵士)の間で広まり、最終的に大反乱につながったのでした。

 

 

3.サミュエル・アダムス

1772年のジョン・シングルトン・コプリーによるサミュエル・アダムスの肖像

 

政党:民主共和党

 

アメリカ合衆国の創始者の一人であるサミュエル・アダムスは、アメリカの政治において幾分物議を醸す人物です。 アダムズは、1760年代にボストンの政治分野で目立った存在でした。彼がアメリカ植民地に新たに導入された英国の課税に長期間二渡り反対した後のことです。

 

1765年、サミュエル・アダムスはイギリス人によって課せられた新しい課税と戦うために、自由の息子達と呼ばれる秘密組織を設立しました。 組織のメンバーは、イギリス人に忠実な役人を公に屈辱し、罰するものでした。

 

1765年の自由の息子達|画像提供:マサチューセッツ歴史協会

 

数ヶ月以内に、メンバーは目的を果たすため厳しい手段を講じる可能性が高いことが明らかになりました。ボストンの副知事トーマスハッチンソンの家の取り壊しなどの暴力行為です。

 

アメリカ独立戦争への貢献にもかかわらず、多くの同時代人はサミュエル・アダムスを暴徒の暴力や暴動を企てたう不届き者(ハチンソンの「マサチューセッツ湾の歴史」)と見なしました。

 

 

 

2.マハトマガンジー

マハトマガンジー、またの名をモハンダスカラムチャンドガンジー、改めて紹介する必要もありませんね。インドの独立運動における彼の行動は有名で、世界中の公民権運動のインスピレーションとなっています。

 

23歳でガンジーはインドを離れて南アフリカに向かい(20年間住みました)、法律家として仕事をしました。そこで初めて、彼は人種差別を経験し、同国で公民権キャンペーンを開始しました。

 

ガンジーは1915年にインドに戻り、人種的、経済的差別を農民や労働者に気付かせることで対差別キャンペーンを続けました。彼は、英国の弾圧に反対し、宗教の調和を図り、カースト制度を終わらせるために、全国で非暴力キャンペーンを主導しました。

 

 

 

1.バガットシン

21歳のバガット・シン

 

バガットシンが、ジャリアンワラバグの虐殺の恐怖を目撃したのはわずか12歳の時でした。似たような経験を数回繰り返した後、彼はガンジーの非暴力哲学に失望しました。

 

その結果、シンは若くしてイギリスのイギリス領インド帝国を打倒するために、暴力的なアプローチを採用しました。

 

1928年12月17日、バガット・シンはシバラム・ラジグルとともにラホールのジョン・サンダースというイギリスの警察官を射殺しました。しかし、本当の標的は警察長官ジェームズ・スコットであり、彼はボイコット抗議中にララ・ラジャパット・ライへの暗殺を命じました(それにより彼は死亡しました)。

 

1年後、彼はデリーの議会で簡易爆弾を爆発させました。国民の注意を引く目的のみのためであり、死傷者は出ませんでした。

おすすめ新着記事

おすすめタグ