話題

話題

PR

解読に挑戦してみませんか?有名な未解読の「暗号」11選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、11 Famous Uncracked Code | Mysterious Ciphertexts
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

1,831 views

読了時間 : 約5分3秒

何千年もの間、秘密の通信には暗号が使われてきました。暗号文や記号は、あらゆる機密情報を書き込むための極秘の方法です。世界大戦中、この種の暗号は、重要な情報を長距離で伝送するために広く使用されました。

 

しかし、暗号の発達と並行して、暗号解読、つまり暗号を「破る」ことも発達してきました。暗号解読者が優勢になることもあれば、そうでないこともあり、両者は球技のようなものです。

 

この記事では、謎に包まれた有名な未解読の暗号文や記号のうち、いまだ精査中のものを紹介します。

 

11. ソマートン・マン(タマム・シュッド事件)

画像出典:Wikimedia

 

1948年12月1日、南オーストラリア州グレネルグのソマートン海岸で発見された身元不明の男の未解決ミステリー事件です。死体からは、ペルシャ語で「終わった」という意味の「Tamam shud」という文字が印刷された紙片が発見されました。その後、この紙片はウマル・ハイヤームの詩集『ルバイヤート』から切り取られたものであることが判明しました。

 

切り取られた元の本が回収され、最後のページに書かれた謎の文字について調査が行われましたが、何も解決しませんでした。F.B.I.やロンドン警視庁などの国際機関でも、何も解明できません。この事件は、「オーストラリアで最も深い謎のひとつ」とされています。

10. ゾディアック事件

画像出典:Wikimedia

 

「ゾディアック」は、1960年代後半から1970年代にかけて北カリフォルニアを恐怖に陥れた謎の連続殺人犯です。サンフランシスコ湾、ベニシア市、ヴァレホ市を中心に、この名を冠した37件近くの殺人事件があります。

 

1968年12月20日、犯人は2人の高校生を射殺しました。その1年後、地元の新聞社に犯人から匿名の手紙が届き、そこには殺人の犯人は自分であると書かれており、犯人が自分の正体を秘めた408文字の暗号文が書かれていました。【上の画像は408の記号の暗号を解読したもの】

 

数ヵ月後、出版社にまた手紙が届き、今度は「ゾディアック」と名乗っていました。その後、犯人はさらに2通の暗号を送りましたが、そのうちの1通は解読されることはありませんでした。追跡されることもなく、ゾディアックという名前以外、この人物に関する情報はありません。ゾディアック殺人事件は、現在もカリフォルニア州高裁で係争中です(1969年以降)。

9. ダガペイエフ暗号

アレクサンダー・ダガペイエフは、ロシア生まれのイギリスの暗号学者で、いまだに解かれていないダガペイエフ暗号で有名です。1939年、彼は自著の初版を出版しました:『Codes and Ciphers【記号と暗号文】』、暗号の初歩的な本です。

 

その巻末に、読者への「挑戦の暗号」が掲載されています。この暗号はいまだに解読されていませんが、ダガペイエフに謎解きの可能性を尋ねたところ、「解き方を忘れてしまった」と答えたそうです。

 

暗号学者や科学者は、この暗号には多くの間違いが含まれているため、決して解くことはできないと信じています。ダガペイエフが最も優秀な暗号学者と評価されたのは、彼の暗号が70年以上も未解読のままだったからです。

8. シャグボローの碑文

画像出典:Wikimedia

 

シャグボローの碑文は、世界最高レベルの未解読暗号文とされています。DとMの間にO U O S V A V Vという文字が並んでおり、英国スタッフォードシャー州のシャグボロー・ホールの敷地内にある18世紀の記念碑に刻まれています。

 

歴史家や暗号学者を魅了したのは、この碑文がニコラ・プッサン【バロック時代のフランスの画家】の有名な絵画「羊飼いのアルカディア」の鏡像のすぐ下に刻まれていることです。

 

1982年、『聖なる血と聖杯』の著者は、プッサンがシオン修道会のメンバーであり、彼の絵画と彫刻には重要なメッセージが隠されていると指摘しました。このほかにも、プッサンの暗号にまつわる諸説があるものの、確証はありません。

7. Chaocipher

画像出典:Viral nova

 

暗号学者ジョン・F・バーンは、1918年にChaocipherを考案しました。彼によると、Chaocipherはシンプルでありながら解読不可能とのこと。自信満々で、解けた人には賞金を出すということでした。

 

Chaocipherは2枚の単純な回転円盤を使って作られ、葉巻のケースに収まるほど小さいものでした。2010年5月、バーン家はChaocipher関連の書類を米国メリーランド州フォートミードにある国立暗号博物館に寄贈しました。

6. ヴォイニッチ手稿

画像出典:Wikimedia

 

ヴォイニッチ手稿は、未知の文字で書かれた手書きの書物です。1912年にこれを購入したポーランドの書籍商、ウィルフリッド・ヴォイニッチにちなんで名付けられました。この写本は、15世紀初頭の1404年から1438年頃のもので、北イタリアからもたらされたものと推定されています。

 

この本は240ページほどあり、イラストや図解で埋め尽くされています。数十年にわたり、多くの暗号解読者や暗号学者たちがこの暗号の解読に挑んだものの、驚くべき発見をしながらも、成功することはありませんでした。

5. ドラベッラの暗号

画像出典:Wikimedia

 

ドラベッラの暗号は、イギリスの作曲家エドワード・エルガーが友人のドラ・ペニーに宛てて書いた暗号化された手紙です。暗号は3行に渡る87文字で構成され、それらは8方向のいずれかに書かれた数字の半円のように見えます。

 

1897年に書かれたこの手紙は、これまで一度も解読されたことがありません。2007年、エルガー協会はドラベッラ暗号のコンペティションを開催し、解いた人には大きな賞金を提供するということでした。多くの応募があり、中には非常に印象的なものもあったのですが、満足できるものはありませんでした。

4. 線文字A

画像出典:Wikimedia

 

「線文字A」と「線文字B」は、古代ギリシャ文明で使われていた2種類の文字に付けられた名前です。アーサー・エヴァンス卿は、様々な発掘調査でこの2つの文字を発見した最初の考古学者の一人です。

 

1950年代には、イギリスの言語学者であり建築家でもあったマイケル・ヴェントリスによって、線文字Bが広く解読されるようになりました。線文字Bをベースに、言語学者や暗号学者たちは、より複雑な前身である線文字Aを理解しようとしています。

 

線文字Aには数百の記号があります。音節記号、表意文字、意味文字を表現していることは、線文字Bと同様ですが、線文字Aの文字の約8割は特有のものです。

3. ビール暗号

画像出典:Wikimedia

 

ビール暗号は、1885年に発行された、トーマス・J・ビールという人物がバージニア州ベッドフォード郡近郊に埋めた秘密の宝を告知する小冊子に由来しています。この暗号は3つの部分に分かれており、そのうちの1つに6400万ドル以上の金、銀、宝石の埋蔵場所が記されているとされています。この3つのうち、解決に成功したのは1つだけで、他の2つは謎のままです。

 

専門家の中には、ビール暗号を手の込んだデマと考える人もいます。1980年代に書かれたいくつかの論文によると、これらの暗号は19世紀に書かれたものではない可能性が高いことが明らかにされています。また、バージニア州の歴史的な記録から、トーマス・J・ビールの存在自体もかなり疑われています。

2. ファイストスの円盤

画像出典:Wikimedia

 

ファイストスの円盤は、まさに古代ギリシャ文明の宝石のような存在です。1908年、イタリアの考古学者ルイジ・ペルニエが、ギリシャのクレタ島のファイストスから、刻印された記号からなる直径約15cmの円盤を発見しました。

 

ファイストスの円盤は、45の異なる記号で構成されており、柔らかい粘土の円盤に「印」を押して、円盤の中心に向かって螺旋状に時計回りの順序で作られた可能性が高いとされています。長年の研究の結果、考古学者、歴史家、暗号学者は、この文脈でより多くの文献が発見されるまで、この文章を解読することはできないという結論に達しています。

1. クリプトス

画像出典:Wikimedia

 

クリプトスは、バージニア州ラングレーにある中央情報局(CIA)本部ビルの外にある暗号化された彫刻です。1990年11月3日に設置されて以来、この彫刻が伝えるメッセージについて多くの憶測を呼んでいます。

 

クリプトスという名前は、古代ギリシャ語で「隠された」を意味する言葉に由来します。彫刻は869文字で構成され、そのうち865が文字、4つが疑問符です。4つの部分に分かれており、そのうちの1部分はまだ解読されておらず、世界で人気のある未解読暗号のひとつとしても有名です。

おすすめ新着記事

おすすめタグ