話題

話題

PR

壮大なる宇宙の眺め。7,500のデータを組み合わせた画像「ハッブル・レガシー・フィールド」で宇宙のさらなる研究が可能に

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Hubble Legacy Field: A Broad View Of Distant Universe
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

338 views

読了時間 : 約1分59秒

・ハッブル宇宙望遠鏡の16年にわたる観測データを用いて、遠方宇宙の組み合わせ画像を作成した。
・そこには、133億年前にさかのぼる26万5,000個の銀河が含まれている。

 

宇宙はおよそ138億年前に生まれました。つまり、遠くの宇宙に見えている光は、138億年か、それ以下の年月を旅してきたことになります。しかし、宇宙は常に膨張しているため、「観測可能な宇宙」の端は約460億光年先にあります。

 

1990年にNASAのハッブル宇宙望遠鏡【NASAが欧州宇宙機関との協力の下で開発し運用する口径2.4 mの宇宙望遠鏡で、地上約600km上空の軌道上を周回している】が打ち上げられるまでは、私たちは70億光年先の銀河までは観測することができました。また、地上の望遠鏡は、初期宇宙における銀河の形成と進化を説明できるほど発達していませんでした。

 

このたび、天文学者たちが16年間にわたるハッブル宇宙望遠鏡の観測結果を用いて、遠い宇宙の組み合わせ画像を作成しました。「ハッブル・レガシー・フィールド」と名付けられたこの画像は、133億年前にさかのぼる約26万5,000個の銀河で構成されています。

 

この組み合わせ画像の波長は紫外線から近赤外線までと幅広いため、銀河の本質的な要素をすべて捉えています。最も遠くて暗い銀河は、人間の目に見える明るさの100億分の1しかありません。

 

この画像は、複数のハッブル・ディープ・フィールド【近くに明るい天体がないところを狙って長時間観測された天空の狭い領域】探査による観測を組み合わせて作られました。

 

1. 1995年、ハッブル宇宙望遠鏡は、これまで知られていなかった何千もの銀河を記録した。
2. 2004年、ハッブル・ウルトラ・ディープ・フィールド【ハッブル宇宙望遠鏡による超深宇宙領域】探査によって、約1万個の銀河を含む単一の画像が作成された。
3. 2012年、ハッブル・エクストリーム・ディープ・フィールドは、「ろ座」の小さな領域の過去10年間の観測を統合した。

 

新シリーズのハッブル・レガシー・フィールド画像は、7,500枚の個別露出から生成されました。これは、様々な研究者チームによって実施された31のハッブル・プログラムの結果です。ハッブル宇宙望遠鏡はこの領域だけに250日以上を費やしています。一方、その次の画像シリーズは、5,200回以上のハッブル望遠鏡による露出から作成されています。

 

遠方の銀河を観測するために、幅広い感度のカラーチャンネルが利用できるようになりました。これらの画像によって、銀河内の若い星や古い星、活動銀河核の研究も可能になります。

 

壮大な宇宙の広い眺め
出典:NASA/欧州宇宙機関

 

ハッブル・レガシー・フィールドは、銀河の進化を可能な限りシンプルな方法で明らかにするものです。これは、研究者が宇宙の膨張を追跡し、基礎となる物理学をよりよく理解するのに役立ちます。この発見はまた、最終的に生命の出現につながった条件が、いつ化学元素によって可能になったかを明らかにするでしょう。

 

全体として、この画像は遠い宇宙にある銀河の膨大なカタログとなります。また、このような高解像度の測定によって、銀河系外の研究が可能になるのです。ハッブル宇宙望遠鏡の後継機であるジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、2021年に打ち上げられる予定です。より詳細な画像を提供し、遠方の銀河がどのように進化してきたかをあらゆる角度から明らかにしてくれるでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ