話題

話題

新しい研究の成果! 人間は500歳まで生きられるのかも?

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Human Lifespan Could Be Extended To 500 Years | New Study
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

59 views

読了時間 : 約1分53秒

・C.エレガンス(線虫)の寿命を500%延ばすための細胞経路が特定された。
・C.エレガンスの寿命が驚くほど延びることは、人間が約500年生きることに相当する。

 

高度に保存されたインスリン様シグナル伝達(IIS)とラパマイシン標的タンパク質(TOR)は、種を越えて加齢に重要な役割を果たしています。老化を調節するために、科学者たちは長年にわたり、これらの経路の相互作用を調べてきました。

 

今のところ、MDI生物学研究所、南京大学、Buck Institute for Research on Aging【老化と加齢性疾患を研究する生物医学研究機関】の研究チームが、C.エレガンスの寿命を500%延長する細胞経路の特定に成功しています。

 

C.エレガンスとは、体長約1ミリの透明な、寄生・共生でない自由生活をする線虫のことです。温帯の土壌環境に生息する、非感染性、非危険性、非寄生性の生物です。

 

C.エレガンスは、神経細胞、腸、筋肉、皮膚などの組織を持ち、その遺伝や機能が人間と非常によく似ていることから、様々な研究目的で広く利用されています。

健康寿命を延ばすための経路の変更

今回の研究では、C.エレガンスの寿命が3~4週間と短いことから、人間の寿命を延ばすための遺伝子や環境への介入の効果を分析することができました。

 

現在、これらの経路を変更する(健康寿命を延ばす)薬剤がいくつか開発されています。手短に言えば、今回の発見は、さらに高度なアンチエイジング治療への新たな道を開くものです。

 

両経路(IISとTOR)は、二重変異体【2つの遺伝子が異常になっている変異体】を用いて遺伝子操作されています。IIS経路を変更すると寿命が100%伸び、TOR経路を変更すると30%伸びます。これは、二重変異体が130%長く生きするはずであることを意味しています。しかし、驚くべきことに、その寿命は500%も延長されました。

 

C.エレガンスの寿命が500%延びるということは、人間が約500年生きることに相当します。

 

研究者たちは、C.エレガンスの加齢を司る細胞経路を発見しただけでなく、これらの経路間の相互作用の特徴も明らかにしました。これにより、急速に高齢化する人口の健康寿命を延ばすために必要な、効果的な治療法への道が開かれます。

 

研究者たちは、個々の経路を見るのではなく、長寿のネットワークに注目しました。この研究で発見された相乗的相互作用は、HIVやがんの治療に既存の併用療法が用いられているように、健康寿命を延ばすための併用療法(それぞれが異なる経路に影響を与える)を可能にするかもしれません。

 

また、この相乗的相互作用は、ある人が深刻な加齢に伴う障害を受けずに並外れた年齢まで生きることを可能にする単一の遺伝子を、科学者たちが発見できていない理由を明らかにするかもしれません。

 

この研究では、真核生物のほとんどに存在する膜結合型の小器官であるミトコンドリアで、長寿がどのように制御されているかについても説明しています。

 

過去10年間に蓄積された証拠は、老化とミトコンドリアの制御異常の間に因果関係があることを示しています。今後、研究者たちは、老化におけるミトコンドリアの役割を探っていくことになるでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ