話題

話題

物議を醸す品種、人間と猿のハイブリッドとは!?

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Researchers Are Creating Human-Monkey Hybrids | A Controversial Breed
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

266 views

読了時間 : 約1分55秒

・研究者は人間の細胞をサルの胚に混ぜました。

・目的は、他の種の動物を移植用の臓器の工場に変えることです。

・この研究は、ヨーロッパの法律から逃れるために中国で実施されました。

 

近年、生物学の2つの主要なテーマである幹細胞とゲノム編集の組み合わせにより、生物医学研究の新しい道が開かれています。

 

異なる種の生物内で、ある種の組織や器官を成長させることが可能になりました。これらの進歩は、人間の健康問題と長年の科学的謎に取り組む絶好の機会を提供します。しかし、多くの人は、種の壁を越えることは近い将来非常に有害である可能性があると思われています。

 

スペインとアメリカの科学者のチームは、人間の細胞をサルの胚に混ぜることによって、物議を醸す大きな飛躍を遂げました。ヨーロッパの法律から逃れるために中国でこの研究を行っています。

 

人間と動物のキメラ

スペイン生まれの生物学者フアン・カルロス・イズピスアが率いる研究チームは、初めて人間とサルのキメラを開発することに成功しました。彼らは、数日齢のサルの胚に胚性幹細胞を注入することに成功しました。

 

目的は、他の種の動物を移植用の臓器の工場に変えることです。肝臓や腎臓を含むこれらの臓器は、完全にヒトの細胞で構成されています。

 

キメラとは何か?

ギリシャ神話によると、キメラは山羊の腹と竜の尾を持つ怪物であり、ライオンの頭の顎から火を噴くことができます。しかし、科学的なキメラはそれほど派手ではありません。

 

研究されているものは、遺伝的に改変されたサルの胚を持っています。研究者は、高度な遺伝子編集技術を使用して、サルの特定の種類の遺伝子を無効にし、あらゆる種類の組織を生成できるヒト細胞を注入しました。

 

人間と猿のハイブリッドはまだ生まれていません。代わりに、彼らは胚を混合し、それがほんの数週間だけ発達するのを許しました。この期間中に胚は注意深く研究され、結果は非常に有望であるように思われます。しかし、研究者たちは詳細を共有しませんでした。彼らは論文が発表されるのを待っていました。

彼らが人間と動物のキメラを作るのはこれが初めてではなかったのです。2017年、彼らはブタの胚にヒトの細胞を加えてキメラを作ろうとしましたが、うまくいきませんでした。人間の細胞は胚の発達にほとんど貢献しませんでした。

 

人間は遺伝的にサルに近いので、研究者はサルでそのような実験を行うことを選んだのです。現在の遺伝子編集技術はまた、サルの胚とともにヒト細胞が成長する可能性を高めます。

 

研究は非常に物議を醸しています。米国では、国立衛生研究所は、生物医学および公衆衛生の研究センターが人間と猿の胚を混合することを許可していません。しかし、中国にはそのような規制がないため、中国で調査が行われているのです。スペインの私立大学であるムルシアカトリック大学から資金提供を受けています。

 

一部の科学者は、倫理的障壁について疑問を投げかけています。なぜそんなことをしなければならないのか?私たちは、子孫に伝染する可能性のある遺伝的変化に注意する必要が出てきます。

 

一方、Izpisúaは、「歴史は、私たちのDNAのように、時間の経過とともに、私たちの倫理的および道徳的尺度が変化し、変化することを何度も示しています」と述べています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ