話題

話題

リンパ管の流れが鍵!?【アルツハイマー病治療薬の研究】

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Improving Lymphatic Vessels Could Enhance Learning And Reduce Memory Loss
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

135 views

読了時間 : 約1分59秒

・科学者らは、老齢マウスの首の、脳からリンパ節への老廃物の流れを良くした。

・すると、リンパ管は大きくなり、水分代謝も良くなり、マウスの記憶力や学習能力が向上した。

・この研究は、人間のリンパ管の能力を高めてアルツハイマー病を治療する薬の開発に役立つだろう。

 

中枢神経系は、特に健康でホメオスタシスな状態では免疫系との相互作用が限られていることから、免疫特権を持つ器官と見られています。血液の毛細血管と同じように、私たちの体内にはリンパ管があり、それらは徐々に大きなリンパ管に結合し、組織から体の中心に向かってリンパ液を輸送しています。

 

最近、バージニア大学の研究者たちは、髄膜(脊髄と脳を覆う3つの膜)内のリンパ管を再発見し、その特徴を明らかにしました。

 

新しい研究によると、免疫系と脳をつなぐ血管の老化が、(加齢に伴う)認知能力の低下やアルツハイマー病の発症に重要な役割を果たしているとのことです。研究者らは、リンパ管の機能を改善することで、老化したマウスの記憶力や学習能力を大幅に向上させました。この研究成果は、加齢に伴う記憶力低下やアルツハイマー病を始めとする神経変性疾患の予防・治療に新たな道を開く可能性があります。

 

脳の老化を防ぐことはできるのでしょうか?

 

リンパ管によって、脳には自浄作用がもたらされています。この研究で研究者らは、ある化合物を用いることで、脳から老齢のマウスの首にあるリンパ節への老廃物の流れを良くすることに成功しました。一定の時間が経過すると血管が大きくなり水分代謝もよくなり、マウスの記憶力や学習能力に直接影響を与えたとのことです。

脳の周りのリンパ管を対象にすることで実際にマウスの認知能力を向上させることができたのは、初めてのことでした。血管を遮断すると、マウスの脳内に傷害性のアミロイド斑が蓄積していきます。この現象は、アルツハイマー病と関係しています。

 

研究者たちはマウスのリンパ機能を低下させることで、人間の病態と非常によく似た状態にしました。このことは、人間にも同じようなアミロイド斑が蓄積されていることを明らかにするかもしれませんが、このようなアミロイド斑の蓄積の原因はよくわかっていないのです。アルツハイマー病のリスクの70%近くは遺伝によるものと考えられていますが、その他のリスク要因としては、うつ病の既往歴、高血圧、頭部外傷などがあります。

 

今後の課題

 

人間の脳における加齢疾患の具体的な治療法を開発するために、研究者たちは、脳のリンパ管でどのような変化が起きているかを調べています。

 

そして、人間のリンパ管の働きを高める薬を開発する予定となっています。また、髄膜内のリンパ管がどの程度機能しているかを見る方法を確立する必要があるとも述べています。

 

著者らによれば、アルツハイマー病の効果的な治療法の一つは、血管系の修復と他の方法を融合させることだといいます。髄膜内のリンパ管の流れを良くすることで、これまでの有望なアプローチの持つ障害を克服できるかもしれないのです。

 

さらに、脳血管内皮や血液脳関門の他の部分(周皮細胞など)が脳からのアミロイド斑の排出に関与していることを考慮すると、脳脊髄液や間質液の再循環障害、リンパ管の機能不全、血液関門やその細胞成分の適合性の低下などの間に何らかの関連性があるかどうかを調査することには興味を掻き立てられます。

 

アルツハイマー病の発症前の状態に戻すことは極めて困難ですが、髄膜リンパ機能障害に焦点を当てることで、その影響を遅らせることはできるかもしれません。

おすすめ新着記事

おすすめタグ