話題

話題

PR

何事にも負けません!障害に屈しない偉大なる15人の感動の物語

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、15 Inspiring Stories of Physically Challenged People
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

556 views

読了時間 : 約4分59秒

健常者であろうとなかろうと、誰もが成功者になる力を持っています。障害者でも人気のある人はたくさんいます。有名な科学者、企業の社長、芸能人、スポーツ選手として著名になった人々もいます。

 

この記事では、恐れることなく、人生のあらゆる問題に取り組んでいる人々を紹介します。自身の障害は、成功への道を阻むことは決してなかったのです。他の有名人とともに、彼らはその貢献で世界的に知られています。卓越した才能を持つ身体障害者の感動的な物語を、ぜひお読みください。

 

15. アラン・マーシャル

画像出典:FSU

 

アラン・マーシャルはオーストラリアの作家、人道主義者でした。わずか6歳でポリオ【急性灰白髄炎・小児麻痺】を発症し、成長するにつれて悪化しました。幼少期、彼は作家になることを決意しました。自伝の中で、直面したすべての困難を示しました。自伝『I Can Jump Puddles』は有名な著書のひとつで、オーストラリア文学協会短編賞を受賞しています。

 

14. クリスティ・ブラウン

画像出典:pinterest

 

クリスティ・ブラウンはアイルランドの画家、作家でした。彼は生まれたときから脳性麻痺で、左足でしか字を書くことができませんでした。医師は、病院での療養を両親に勧めましたが、彼らは自宅に連れ帰りました。普通の子供として育てたかったのです。数年後、彼は芸術や文学に興味を持ち始め、読み書きを覚えました。自伝『マイ・レフトフット』は有名になり、同名の映画でアカデミー賞も受賞しています。

 

13. ナタリア・パルティカ

画像出典:パラリンピック

 

ナタリア・パルティカは、生まれつき右ひじから先がなかった卓球選手です。7歳で卓球を始め、10歳のとき国際大会で初優勝。11歳で世界最年少のパラリンピックの競技選手となります。パラリンピックで数々の金賞を受賞し、2012年のロンドンオリンピック卓球女子では、ベスト32に入りました。

 

12. ジャン=ドミニック・ボービー

画像出典:wikimedia

 

ジャン=ドミニック・ボービーはフランスのジャーナリスト、作家で、ファッション雑誌『エル』の編集長でした。43歳のとき、深刻な脳梗塞で倒れ、完全に言葉を失いました。医師の所見では、脳は正常であるものの身体のほとんどが麻痺状態にあり、左まぶたの瞬きしかできないということでした。彼は、瞬きで正しいアルファベットを伝えることによって、『The Diving Bell and Butterfly(邦題:潜水服は蝶の夢を見る)』の全編を書き上げました。2007年には、同名の映画がゴールデングローブ賞とカンヌ国際映画祭で入賞しています。

 

11. マーリー・マトリン

画像出典:wikimedia

 

マーリー・マトリンは、アカデミー主演女優賞を受賞した唯一の聴覚障害者です。生後18ヶ月で聴覚を失いました。7歳で舞台デビュー。そして21歳の時、女性最年少でアカデミー主演女優賞の受賞となりました。長い間、ジャック・ジェイソンが彼女の手話通訳を務めています。自伝『I’ll Scream Later』には、人生で直面した問題など、あらゆる出来事が書かれています。

 

10. オスカー・ピストリウス

画像出典:theguardian

 

オスカー・ピストリウスは南アフリカの短距離走者で、世界最速の裸足の男という異名を持っています。生まれつき腓骨がなく、生後11ヶ月で両足の膝から下を切断しました。ピストリウスが最も影響を受けているのは、彼がまだ15歳のときに亡くなった母親の存在です。彼は、ヴァン・フィリップスが開発し、オズールが製造したカーボンファイバー製の義足を使用しています。2012年ロンドンパラリンピックでは、銀メダル1個、金メダル2個を獲得しました。

 

9. スダ・チャンドラン

画像出典:wikimedia

 

スダ・チャンドランはインドの有名な伝統舞踊のダンサー、女優です。事故で足を失った後、女優の道に入りました。それは彼女の人生の最悪の時期でしたが、義足で障害を克服しました。ほとんどの国で公演を行い、様々な賞を受賞しています。現在、彼女は世界中の何百万人もの人々にインスピレーションを与える存在となっています。

 

8. フリーダ・カーロ

画像出典:fridakahlo

 

フリーダ・カーロは、自分自身を描くことで広く知られる画家でした。10代で交通事故に遭い(脚、脊柱、骨盤など15カ所の骨折)、生涯にわたって健康上の問題を抱えることになりました。健康問題は彼女の作品に影響を与えました。「私は孤独であり、私が最もよく知っている対象は私だけだから、私は自分自身を描くのです」と彼女は語っています。その作品のほとんどはオークションで100万ドルの値がつけられます。

 

7. ラルフ・ブラウン

画像出典:mobilityworks

 

ラルフ・ブラウンは、世界最大の電動車椅子製造会社、ブラウン・コーポレーションの創業者でした。6歳のとき、彼は筋肉欠乏症に苦しみました。その後、15歳で、彼は日々の仕事をこなすために、初めて電動ワゴンを作りました。また、車椅子リフト付きのダッジ・バンを再現しました。彼の発明が広まり、需要が高まるにつれ、彼はこのパートタイム事業に専念するために仕事を辞めました。2012年、オバマ米大統領は彼を「変革のチャンピオン」と称しました。息子が会社を引き継ぎ、現在に至っています。

 

6. ジョン・ホッケンベリー

画像出典:TED

 

ジョン・ホッケンベリーは有名なアメリカの作家、ジャーナリストです。19歳のときに脊髄を損傷し、胸から下に麻痺が残りました。ナショナル・パブリック・ラジオでキャリアをスタート。そのキャリアを通じて、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、オンラインメディアなど世界各地で取材活動を行っています。1991年のソマリア内戦やアフガニスタンでのアルカイダによる攻撃も取材しました。エミー賞を4回、ピーボディ賞を3回受賞しています。

 

5. 林東賢

画像出典:zimbio

 

林東賢[イム・ドンヒョン]は韓国人で、アーチェリーの元世界チャンピオンです。左目の視力が20/200であるため、普通の人に比べて10倍近づいて物を見る必要があります。この視力障害のため、彼はアーチェリーの選手になることを決意しました。2004年の夏季オリンピックで世界記録を樹立。2008年と2012年のオリンピックでも金メダルと銅メダルを獲得しています。

 

4. フランクリン・デラノ・ルーズベルト

画像出典:biography

 

第32代アメリカ合衆国大統領です。金融危機や第二次世界大戦の際に国を支えた最もパワフルなアメリカ大統領のひとりとされています。1921年にポリオを発症し、腰から下が麻痺状態となりました。彼は常に自分が麻痺しているという事実を受け入れず、治すためにいくつもの治療を試みました。

 

3. マーラ・ランヤン

画像出典:Dailyinsider

 

マーラ・ランヤンは、元ロードランナー、マラソンランナーとして知られるアメリカのアスリートです。彼女は法的に盲目です【両眼で20/200またはそれより悪い視力(20/200視力は、正常眼が200フィートで見ることができるものを20フィートで見る能力)】。1992年夏のパラリンピックで4つの金メダルを獲得しました。彼女はオリンピックに参加した最初の盲目の選手です。また、5,000メートルマラソンで3度全国チャンピオンになりました。2002年と2006年の「ランナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。

 

2. ヘレン・アダムズ・ケラー

画像出典:moonmentum

 

ヘレン・アダムズ・ケラーはアメリカの講演家、作家でした。彼女は、世界で初めて学士号を取得した盲ろう者【視覚聴覚二重障害者】です。健常者として生まれましたが、19ヶ月後に病気で聾唖と盲目になったのです。彼女は懸命に読み書きを学びました。映画『奇跡の人』では、彼女がいかにしてコミュニケーションを学んだかが描かれています。生涯を通じて、女性の権利と社会主義の大義ために活動しました。誕生日である6月27日は、現在、ペンシルベニア州でヘレン・アダムズ・ケラーの日として記念されています。

 

1. スティーヴン・ホーキング

画像出典:Wikimedia

 

スティーヴン・ホーキング博士は、宇宙論と量子力学を研究する、最も人気のある科学者でした。21歳の時、筋萎縮性側索硬化症と診断され、全身に麻痺が残りました。時が経つにつれ、彼の病気は悪化していきました。彼は最も影響力のある障害者であり、世界中の何百万人もの人々に宇宙論への関心を抱かせました。インテル社が提供する思考制御車椅子を使用していました。

おすすめタグ