話題

話題

オーバークロック記録を更新! Intel Core i9-9900K

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Intel Core i9-9900K Sets Overclocking Records | Reaching 7.6 GHz On All Cores
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

48 views

読了時間 : 約1分56秒

・ドイツのオーバークロッカーが第9世代Intel Core i9-9900Kプロセッサーの限界に挑戦し、全8コアで7.6GHzを達成しました。

・液体ヘリウムを使って、チップの温度を-230度近くまで下げました。

 

2018年秋、インテルはCoffee Lakeマイクロアーキテクチャを採用した第9世代Core i9-9900Kプロセッサを発表しました。インテルの第3世代14nm++プロセスで製造された64ビットのオクタコアマイクロプロセッサーです。

 

このチップはTurbo Boost周波数が最大5GHz、Thermal Design Pointが95Wで、350MHzで動作するUHD Graphics 630 IGPとバースト周波数1.2GHzを搭載し、最大64GibyteのデュアルチャネルDDR4-2666メモリをサポートしています。

 

近年、ニューヨークで開催されたIntel Fall Desktop Launchのエクストリーム・オーバークロッキング・デモで、このプロセッサーは世界新記録と15の性能評価で記録を作りました。

 

液体ヘリウムを使ったプロセッサーのオーバークロック

プロセッサーを効率的に冷却するため、プロのオーバークロッカーは液体窒素を使用してi9-9900Kの温度を摂氏-100度以下にまで下げました。この極低温でプロセッサーの周波数と性能は、市販の仕様よりもはるかに高いレベルに達します。

 

i9-9900Kのベース周波数は3.6GHzですが、Intel Fall Desktop Launchに参加したオーバークロッカーは、すべてのコアで7.1GHzを達成し、PC Mark 10の他のプロセッサーで新記録を達成することができました。デモを通して、このチップは8コアのカテゴリーで15の世界記録(1位)を達成しました。

 

 

 

別のドイツ人オーバークロッカー「der8auer」は、8GB DDR4メモリを搭載したAsus ROG MAXIMUS XI GENE Z390マザーボードで、8コアすべてで7.6 GHz(7613.19 MHz)という前例のない数値を達成し、さらにプロセッサーを強化することに成功しています。

 

彼は、液体窒素で約-190℃まで温度を下げる代わりに、液体ヘリウムを使用して約-230℃までチップを冷却しました。 もちろん、家庭で使うには実用的ではありませんが、der8auerが動いているのを見るのは面白いです。

 

画像元: der8auer/YouTube

 

すべての基準は、HWBOT(10万人以上の会員によるオーバークロック・プロセッサーの数千の検索結果を掲載する競技用オーバークロックのためのウェブサイト)で公開されています。

 

注意点

PCの電圧やクロック、メモリの周波数を変更すると、悪影響が出る可能性があるので、注意してください:

1・チップなどの集積部品の故障の原因になる可能性があります

2・システムの安定性を低下させ、プロセッサやメモリの寿命を縮めます

3・熱を発生させ、システム全体のパフォーマンスを低下させます

4・システムのデータの整合性に影響が出ます

 

また、プロセッサーが新しい場合、保証はできません。ですから、検証する時はこれらのことを念頭に置いておいてください。

おすすめ新着記事

おすすめタグ