話題

話題

インターネットの使いすぎにご用心 長期に渡るネット使用で脳に悪影響の可能性 思春期初期は特に注意

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、High Levels Of Internet Use May Change How Our Brain Works
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

169 views

読了時間 : 約1分59秒

インターネットを頻繁に使用していると、脳の構造や認知発達が変化する可能性があります。

 

これは、記憶力、注意力、そして社会的相互作用に影響を与えるかもしれません。

 

成熟度と言語知能が減少するので、長期間のインターネットの使用は思春期初期には有害なものです。

 

これまで30年間、インターネットはメディアに広まり、社会での関係を持ち、そして情報を探す方法にと革命を起こしてきました。スマートフォンの登場により、インターネットアクセスがさらに簡単になり、世界の人口の4分の1以上が「オンライン」であると見なされるようになりました。

 

しかし、インターネットは私たちの脳と認知機能に悪影響を及ぼしているという研究が発表されました。World Psychiatryに発表された研究では、頻繁なインターネットの使用が脳の構造と認知発達を変える可能性があると提示しています。

 

研究チームは、インターネットが認知機能をどのように変えるかを分析し、そのような理論がニューロイメージングおよび精神科分野の研究によってどの程度裏付けられているか調査を行いました。

 

調査結果によると、インターネットは認知を司る特定領域で持続的な変化と急激な変化の両方を引き起こす可能性があるということです。これらの変化は記憶プロセス、注意力、そして社会的交流に影響を与える可能性があります。

 

物事を覚えておく必要性が減少

 

オンラインの世界は24時間365日利用可能な膨大な量の情報を提供しています。そしてこれらのリソースはごくわずかのスワイプとタップで得られます。これが、脳内の事実や知識を保存し処理する方法を徐々に変えていくのです。

 

インターネットからの通知とプロンプトの無制限の流れで、特定の仕事に集中を維持する脳の働きが減少していきます。

 

参照:世界精神医学| DOI:10.1002 / wps.20617 | NICM

 

また以前の研究でも、インターネットの頻繁な使用が思春期初期により有害であることが明らかにされていました。成熟と言語知能を減少させるためです。これは親と学校の両方にとって大きな懸念事項となっています。

画像クレジット:Paul Rogers氏

 

インターネット長期使用により起こる可能性のある有害な影響を最小限に抑えるために、研究者は集中力を高めるマインドフルネスとフォーカスプラクティスを提案しています。オンラインアクティビティやユーザーが参加するコンテンツの種類の制限も必要です。

 

さらなる研究が必要

 

インターネットの歴史は30年ほどです。長期的な影響はまだ見つかっていません。一方で、若い世代におけるインターネット使用の利点と欠点をきちんと理解するためには、さらなる研究が必要です。

 

現在のところ、研究者たちは世界中でインターネットの長期使用の影響についての実験を計画しています。世界中の人々が長期的使用の影響を完全に理解させるためです。

 

この大規模な実験には、人々が対話するコンテンツの期間、頻度、および種類の分析が含まれます。これらのパラメータをライフスタイル、人口統計学的データ、およびニューロイメージングデータとマージすることで、チームは、限られた調査サンプルではなく、より広範囲にわたるインターネット機能の脳機能および心理的幸福に対する影響を正確に判断できるでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ