話題

話題

倒立周期表をどう利用すればいいのか?

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Does Inverted Periodic Table (Upside Down) Make More Sense?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

50 views

読了時間 : 約1分34秒

・開発者は周期表を横軸に180度回転させた新バージョンを発表しました。

・この方向性により、これまでの周期表で起こる混乱が解消されます。

・何か新しい考え方が生まれたり、新しいアイデアが生まれたりするかもしれません。

 

周期表は、1869年にロシアの化学者Dmitri Mendeleevが初めて発表しました。この表は、周期的な傾向を効果的に示すために考案されました。この表は、元素を認識可能な順序でグループ化し、未同定の元素の特性を予測する点で優れています。

 

これまで多くの研究者が表を改良するために様々な形式を提案してきました。長方形、短方形、渦巻き形、さらには3D版の周期表もあります。近年、ノッティンガム大学の化学者たちが、周期表を横軸に180度回転させた倒立版を提案しました。これは、特に若い人たちに情報を伝えるのに良い方法だと言っています。

 

伝統的な周期表と倒立周期表の比較

倒立周期表は、従来のグラフのように、下から上に向かって数値が大きくなっていきます。つまり、軽い元素が下にあり、重い元素が上にあるという事です。原子番号、半径、質量、反応性、最大酸化状態など、関連する性質も下から上に行くほど大きくなります。

 

inverted periodic table upside down倒立周期表

 

この表を子供の目線でイメージしてみてください。従来の周期表では、例えば電子殻を埋める順番など、なかなか理解しにくい現象があります。

 

従来の周期表では電子殻が上から下に向かって埋まっていくのに対し、私たちが日常的に使っている物(マグカップやバケツなど)は下から上に向かって埋まっていきます。従来の表を逆さにすると、これらの混乱はすべて解消されます。実際、人は通常、縦に高い位置にあるものをより大きなもの(数字)と関連付けるという心理学的な証拠があります。

 

heat map Periodic Table

研究者は、文字のない周期表を使って小さなプレゼンテーションを行い、参加者の目の瞬間を記録しました | ヒートマップは、最も長い時間見ている領域を示しています| どちらの方向から見ても、被験者は中央の長い部分を探しますが、より明るい要素に対応する領域に目がいくようになりました

 

 

逆さにしても、各要素は以前と同じように隣り合っているので、要素間の関係はすべて保たれています。今まで誰も考えつかなかったことで、研究チームは非常に驚いています。周期表を反転させるという提案は、これまでのところ好評で、研究チームが行ったテストでも大きな欠点は見つかっていません。

 

研究者たちは、この倒立周期表が完璧であるとか、「より正しい」と主張しているわけではありませんが、元の周期表に比べていくつかの利点があることは確かです。新しい考え方が生まれ、新しいアイディアが生まれるかもしれません。

おすすめ新着記事

おすすめタグ