話題

話題

PR

妊娠中の日射と学習障害の関連性

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Low Sunlight Exposure During Pregnancy Associated With Learning Disabilities | New Study
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

281 views

読了時間 : 約1分30秒

● 短波紫外線曝露は、学習障害のリスクが高いことに関連していることがわかっています。

● 研究者らは、スコットランド全土からの422,512人の学童を対象に調査を実施しました。

● それらの約19%(79,616)が学習障害を持っていました。

 

学習障害は、影響を受けた人々とその家族に強烈で長期的な影響を及ぼします。国立衛生研究所によると、米国の人口の15%が何らかの種類の学習障害を持っています。

 

最近、スコットランドのグラスゴー大学の研究者は、422,000人を超える学齢期の子供たちを対象に調査を実施し、妊娠中の日光への露出が少なすぎると、学習障害のリスクが高くなることを発見しました。

 

妊娠中、胎児は急速に成長し、環境曝露に対して脆弱になります。 特に短波紫外線曝露(UVB)は、学習障害のリスクが高いことに関連していることがわかっています。

 

UVA(長波紫外線)とUVBには相関関係がありますが、日射との関連がUVBとUVAのどちらによって引き起こされるかを判断するには大きなばらつきがあります。研究チームは、UVBを具体的に分析する前に、全体的な紫外線が学習障害と関連しているかどうかを調査しました。

 

UVB光線は、体内でビタミンDを生産するのに重要な役割を果たします。これは、骨の強化と正常な脳の発達に不可欠です。ただし、曝露が多すぎると、それ自体に健康上のリスクがあります。

 

UVB曝露と学習障害との関連を調査するために、研究者はスコットランド全体の教育、出産記録、および衛星データを分析しました。 彼らは、定期的に収集された教育および健康データを環境データと結びつけました。

 

こうして、(妊娠期間全体にわたる)UVB曝露の低下と学習障害との間に強い関係があることを発見しました。特に妊娠初期は、日光が少ないことによる影響を受けやすくなっています。根本的なメカニズムはよく理解されていませんが、UVBが不十分なため、高緯度の国(スコットランドなど)では通常、冬の間ビタミンDが不足します。

 

研究者は422,512人の子供を対象に調査を実施しました。そのうちの約19%(79,616人)が学習障害を持っていました。この数字は受胎月によって異なります。2月、3月、4月に妊娠した子供の21%近くが学習障害を持っていました。

 

この研究はまた、学童の学習障害を防ぐための潜在的な方法を示唆しています。この仮説を検証し、妊娠中にビタミンDサプリメントを摂取することで学習障害のリスクを減らすことができるかどうかを検証するには、さらなる調査と臨床試験が必要です。

おすすめタグ