話題

話題

ブラックホールの質量は測定できるのか?

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Is It Possible To Measure The Mass Of Supermassive Black Hole?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

151 views

読了時間 : 約2分34秒

・新しい発見をするために、天文学者は中心に超大質量のブラックホールがある渦巻銀河を観測することを計画しています。

・彼らは、2021年に打ち上げられる予定のNASAのジェイムズウェッブ宇宙望遠鏡からデータを収集します。

・ブラックホールの周りの星の動きを観測することによって、ブラックホールの質量を決定することができます。

 

過去10年間で、科学者たちは、ほとんどの銀河の中央部に少なくとも1つの超大質量ブラックホールがあることに気づきました。 これらは規則的に進化していますが、理由がわかっていません。 実際、中心部の超大質量ブラックホールに関することはほとんど理解されていません。

 

NASAのジェイムズウェッブ望遠鏡は、赤外線の視線を中間渦巻銀河NGC4151の中心に向け、新しい情報を抽出します。6200万光年の距離にあるこの銀河は、活発に摂食し、光っている超大質量ブラックホールを含む最も近い銀河の1つです。

 

銀河は1970年にX線観測衛星ウフルによって最初に検出されました。 それは、中心に超大質量ブラックホール(太陽質量の約4000万倍)になっていて、平均的なスパイラルがありました。

 

ジェイムズウェッブ望遠鏡(2021年に打ち上げられる予定)は、私たちの宇宙の歴史を研究する予定です。 天文学者のチームは、NGC 4151の中心にあるブラックホールの質量を決定するために使用しようとしています。単なる雑学のように感じるかもしれませんが、ブラックホールがどのように摂食し、周囲の銀河に影響を与えるかを理解するのに役立ちます。 これにより、最終的には宇宙にある多数の銀河についての理解が深まります。

 

超大質量ブラックホールをどのように計量するのか?

超大質量ブラックホールの質量を測定する方法は多くあります。そのうちの1つは、銀河の中心部にある星の動きを決定することに依存しています。 星の動きは、それに作用する重力の影響を大きく受けるため、星の動きが速いほどブラックホールは重くなると言えます。

 

これは思っているほど簡単ではありません。NGC4151の超大質量ブラックホールは、物質を貪欲に飲み込んでいます。 このように、降着円盤の周りを渦巻く物質は明るく輝き、近くの星からのかすかな光を圧倒します。

 

渦巻銀河 NGC 4151 | 提供: NASA/ESA

 

主鏡はWebbの6.5メートル幅あり、視界が鮮明です。非常に明るいディスクがある場合でも、NGC4151の中央にあるかすかな物体を捉えるのに十分強力です。天文学者は、銀河の1000光年(中央領域を含む)を調べて、15光年のスケールで恒星の動きを把握できると信じています。

 

この偉業をどのように達成するか?

天文学者は、0.6〜5ミクロンの波長範囲で機能する望遠鏡の近赤外分光器一体型フィールドユニットを使用する予定です。 オブジェクトのスペクトルを分析し、化学組成、質量、温度などの物理的特性を推定します。

 

この一体型フィールドユニットは、画像内のすべての領域からの光を取り込み、それをレインボースペクトルに分割します。 このタスクを正確に実行するために、Webb望遠鏡は、ラップトップサイズの機器にしっかりと詰め込まれたほぼ100個のミラーを備えています。 このミラーは、空の小さな(正方形の)部分を効率的にストリップに分割し、ストリップからの光を波長で空間的に拡散させることができます。

 

1つの画像で1000のスペクトルが生成されます。 各スペクトルは、空の特定の領域でのガスと星の新しい洞察、およびそれらの相対的な動きを明らかにします。

 

Webb宇宙望遠鏡のレンダリング| 提供: NASA

 

ただし、Webb望遠鏡からのデータだけでは、各星の動きを計算するのに十分ではありません。 このデータは、NGC4151の中心に非常に近い星のセットに関する情報のみです。 チームはコンピューターモデルを使用して、ブラックホールのサイズに比例する星に作用する重力場の力を測定します。

 

コンピューターモデルは、NGC 4151の実際の星の動きを模倣する何万もの模擬星を生成します。さまざまなタイプのブラックホールをシミュレーションして、観測と完全に一致するものを確認します。

 

次に、銀河の中心にある(星ではなく)ガスに焦点を当てた別の手法と結果を比較します。 どの方法を適用しても問題ありません。 彼らが同じブラックホールを観測している限り、結果は同じであるはずです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ