話題

話題

金星の天候に影響を与える生体とは

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Microscopic Life Could Be Affecting The Weather On Venus
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

83 views

読了時間 : 約1分56秒

・金星の雲は、小さな粒子でできた珍しい暗いパッチで構成されています。

・カールセーガンのような天文学者は、これらのパッチが地球外の微生物である可能性があると長い間推測してきました。

・これらのパッチが何でできていても、金星の天気に大きな影響を与えています。

 

金星の雲の中で何か不思議なことが起こっています。私たちの太陽系で最も暑い惑星(表面で摂氏460度)であり、硫酸と二酸化炭素で満たされた過酷で厚い大気を持っています。

 

金星の表面は、反射する雲によって密に隠されているため、人間の目で観測されたことはありません。大気ガスは、天文学者が完全には理解していないパターンで雲の層に広がっています。雲はまた、「未知の吸収体」と呼ばれる珍しい暗いパッチで構成されていました。

 

パッチを構成する小さな粒子は大量の太陽放射を吸収し、金星のアルベドとエネルギー収支に影響を与えます。これらのパッチは、100年以上前に最初に発見されました。それらのコントラストと分布は時間とともに変化します。

 

これまでのところ、科学者はこれらの暗いパッチが何であるかを理解することができませんでしたが、いくつかの観察は、それらが硫黄、二酸化二硫黄、および塩化第二鉄の同素体である可能性があることを示しています。それらのどれもパッチの形成と振る舞いの満足のいく説明を提供しませんでしたが。

 

有名な天文学者のカール・セーガンと生物学者のハロルド・モロウィッツは、影のパッチが地球外の微生物である可能性があると長い間推測してきました。金星の雲のパッチを構成する粒子は、地球の大気中に見られる微生物と同様のサイズと特性を持っています。

 

いくつかの種は、それらの化学的、スペクトル的および物理的特性が惑星の雲の構成と一致している限り、金星上で独立して進化することができます。セーガンはまた、金星に20億年もの間生き残ったかもしれない液体の水の可能性についても言及しました。

 

それにもかかわらず、これらの暗いパッチが何でできていても、ベルリン工科大学の研究者によって行われた新しい研究は、未知の吸収体が金星の天気に影響を与えていることを示しています。

 

この研究は、あかつき(惑星の大気を研究した日本の金星気候オービター)、ビーナスエクスプレス(ESAの金星探査ミッション)、およびハッブル宇宙望遠鏡から得られた10年以上のデータに基づいています。

 

金星のアルベド

金星のアルベド(太陽光からのエネルギーの一部が宇宙に反射して戻る)は、2006年から2017年にかけて大幅に変化しました。これらの変化により、金星の雲はさまざまな量の太陽エネルギーを吸収し、惑星の大気の循環に影響を与えました。

 

より具体的には、これらの変化は、風が毎時360キロメートルを超える金星の上層大気の活動に激しく影響を及ぼしました。これは超回転と呼ばれる現象です。

 

金星のアルベドの変化は、太陽熱と惑星の上層大気のダイナミクスを支える強い突風との間に関係があることを示しています。金星の気候変動が地球の長期変動よりもはるかに強力であることは非常に驚くべきことです。

 

全体として、調査結果は、金星の天気を変えるのに主要な役割を果たす惑星の雲の上部にある金星のアルベドと神秘的な暗いパッチのダイナミクスを示しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ