話題

話題

PR

星形成の研究ー最も詳細な観測が可能に

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Astronomers Captured The Most Detailed View Of Young Star Formation
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

498 views

読了時間 : 約1分52秒

●  天文学者たちは質量比80:1の珍しい連星を観測

●  観測は大型望遠鏡であるアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計によって可能になった

●  これらの星の1つは太陽の40倍の質量であり、別の星は太陽の半分の重さ

 

星はガスと塵の雲の中で形成され、宇宙のほとんどの銀河全体に散らばっています。巨大な恒星の物体の形成メカニズムは、はるかに遠い距離と極端な埋め込みの性質により、いまだによく知られていません。

 

しかし、これらの雲は重力の下で崩壊し、より速く回転し始め、それらの周りに円盤を形成することを私たちは知っています。雲が崩れると中央の物質が熱くなり始めます。この崩壊する雲のホットコア(原始星と呼ばれる)は最終的に星になります。

 

低質量の星(太陽を含む)の場合、植物はこれらの円盤の中に形成される可能性があります。コンピュータのシミュレーションは回転する雲が2つまたは3つの魂に分裂することを示し、これは銀河のほとんどの星が複数の天体のペアあるいはグループで見つかる理由です。

 

最近、英国の天文学者のチームは大型望遠鏡であるアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計を利用してMM 1aという若い星の形成に関する最も詳細なビューを捉えました。それを観測していると、実際にはそれは1つ星ではなく、2つ星であることを発見しました。

 

MM 1aはガスと塵の円盤に囲まれた若い巨大な星です。MM1bというそのコンパニオンは、MM1aの円盤の外側で検出されたかすかな物体です。主な調査対象であるMM1a星を中心に回転しているようです。

 

星とその雲の円盤はどちらも非常に大きいので、円盤の内側の惑星を観測するの代わりに、天文学者は別の星が形成されるのを目撃しています。これは若い巨大な星の周りで特定された断片化された円盤の最初の例である可能性があります。

 

若い星の不安定な始まりと質量

MM1bの形成に適した環境は巨大で冷たい円盤の外側にあります。これらの円盤は重力的に不安定で、それら自体の重力に耐えることができないため、破片へと崩壊します。

この研究は、MM1bが独自の惑星を形成できる自らの円盤に囲まれている可能性があることを示唆しています。しかし、MM1aのような巨大な星の寿命はたった百万年であるために、MM1bの円盤に形成された惑星は長くは生存しないでしょう。

 

両方の星の質量を計算するために、研究者はガスが放出する光の周波数の中のわずかな変化と、塵から来る放射の量を測定しました。彼らは巨大な若い恒星MM1aが太陽の40倍の質量であるのに対し、かすかな星MM1bは太陽の半分の重さであることを発見しました。

 

これまでのところ、大多数の連星は質量が等しく、兄弟として一緒に誕生している可能性が高いことがわかっています。MM1aとMM1bの質量比(80:1)は、天文物理学では非常にまれであり、星の形成のまったく新しいメカニズムを示しています。

 

観測は、アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計を使用して可能になりました。研究者たちはこの干渉計の66つのアンテナを使用して、MM1aの正確な周囲を画像化しました。来年には、直径16キロメートルの望遠鏡の出力(現在のシミュレーションの直径4キロメートルと比較して)をシミュレートするでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ