話題

話題

PR

世界で最も希少価値の高い物質とは?その価格は?ランキング上位20

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、20 Rarest And Most Expensive Materials On Earth
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

1,372 views

読了時間 : 約8分25秒

世界で最も貴重で希少な物質は、高価になる傾向があります。中には、これらの製品の販売や購入に違法行為や犯罪リスクが伴うため、高い値段がついているものもあります。しかし、希少な物質が入手可能かどうか、また、人々がその物質に支払う意思があるかどうかによって、価格は時とともに変動するものです。

 

今回ご紹介するのは、プラチナや金などの地球上の希少元素、違法薬物、製造が困難な複合物質など、世界で最も高価な20の物質です。違法薬物の価格は、どこで買うかによってより大きく変わります。これらにはすべて、需要が高く、供給が少ないという共通点があります。

 

【米ドルから日本円への換算は2023年5月現在のレートに基づきます】

 

20. 白トリュフ – 1gあたり5ドル【675円】

トリュフは地下の菌類で、通常は粒状に近い形に削られ、ほとんどすべての種類の料理に使用することができます。白トリュフは希少で、1年のうち2、3カ月しか採れず、ほとんどがイタリアのある地域に限られています。

 

白トリュフは、麝香、ナッツ、オゾンを合わせたような独特の香りがします。2007年12月、マカオのカジノ経営者スタンレー・ホーは、1.5キログラムのサンプルに33万ドルを支払いました。2010年11月、彼は再び33万ドルを支払い、白トリュフのペア(1つはほぼ1キログラムの重さ)を購入しました。

 

19. サフラン – 1gあたり11ドル【1,485円】

サフランは、地球上で最も希少な元素のひとつとまでは言えないものの、この記事のリストには入ります。その理由は、クロッカスの花の真ん中で育つからで、非常に手間のかかる作物なのです。紫色のクロッカスの花は、1エーカーの土地で1ポンドのサフランを収穫することができます。

 

サフランはインド料理、ヨーロッパ料理、トルコ料理に広く使われています。サフランが主なうつ病に効くという証拠はいくつかあります。また、月経前症候群の症状を和らげる効果もあると言われています。

 

18. ロジウム – 1gあたり22ドル【2,970円】

ロジウムは、白金族金属の他の種類とともに、白金またはニッケル鉱石から発見された貴金属でです。プラチナよりも硬く、耐久性があり、反射率が高く、密度が低く、熱に強い元素です。

 

ロジウムは、主に自動車の三元触媒として使用されています。また、その希少性と腐食に対する不活性さから、通常はパラジウムと合金化されます。ホワイトゴールド【白色金】は、外観をよくするためにロジウムの薄い層でメッキされることもあります。ロジウム検出器は、原子炉で中性子束のレベルを測定するために使用されます。

 

17. イラン産ベルーガキャビア – 1gあたり30ドル【4,050円】

画像出典:caviarexpress

 

イラン産ベルーガキャビア(別名:アルマス)は、主に世界最大の塩水湖であるカスピ海に生息する魚卵です。

 

キャビア用に収穫される魚は800kg近くあり、卵そのものは一般的に使用される卵の中で最も大きいものです。アルマスは通常、百年チョウザメの雌から採取されますが、これは現在入手できるベルーガの中で最も希少な種類で、生産量も極少です。

 

16. プラチナ – 1gあたり36ドル【4,856円】

プラチナ【白金】は最も反応性の低い金属で、高温でも腐食しにくいという特徴があります。通常は、化学的に結合していない自然白金【天然に産する白金の単体からなる鉱物】として発見されます。

 

金と同様、プラチナは宝飾品や装飾品に使用されます。また、触媒コンバーター、電極、白金抵抗温度計、実験器具や歯科用器具の製造にも使用されます。プラチナを含むいくつかの化合物(シスプラチンやカルボプラチンなど)は、癌を取り除くための化学療法に応用されています。

 

15. 金(22カラット) – 1gあたり56ドル【7,554円】

金は緻密な遷移金属であり、遊離元素の形で存在することの多い、反応性の低い金属元素のひとつです。2022年現在、合計205,238トンの金が地上に存在しています。

 

宝飾品、美術品、装飾品など、様々なものに含まれています。過去(1976年以前)には、金は通貨として使用されていました。その重い伝導性のため、様々な電子機器にも使用されています。いくつかの金塩は、医薬品の抗炎症剤として使用されます。また、金は、色ガラス製造、金箔貼り、歯科インプラント、赤外線遮蔽にも用いられます。

 

14. メタンフェタミン – 1gあたり90ドル【12,141円】

アメリカのテレビドラマシリーズ『ブレイキング・バッド』をご覧になった方は特に、この薬物をご存じかもしれません。違法な、最も中毒性の高い薬物で、脳の構造や機能に有害な変化をもたらし、中枢神経系のニューロンを損傷させることがあります。

 

アメリカでは、塩酸メタンフェタミンは、子どもから大人まで、肥満やADHDの治療に使用されています。特発性過眠症やナルコレプシーに適応外処方されることもあります。しかし、過剰摂取により、高・低血圧、排尿痛、過剰反応反射、心拍異常、振戦、筋肉痛などを引き起こすことがあります。

 

13. サイ(犀)の角 – 1gあたり100ドル【13,490円】

サイの角はケラチンでできています。爪や髪を構成するタンパク質と同じ種類です。中国伝統医学では、命を救う薬とされています。ベトナムの政治家の癌が、角の粉末を飲んで治ったという噂もあり、なぜか角の需要が増えました。

 

昔、角は熱病や肝臓病と闘うために使われていました。古代ギリシャでは、角には水を浄化する力があると信じられていました。また、19世紀後半から20世紀にかけてのヨーロッパでは、「上流社会」の装飾的な「流行」でした。

 

12. ヘロイン – 1gあたり110ドル【14,838円】

ヘロインは一般的に、ライセンスなしで製造、購入、販売することは違法とされています。アフガニスタンは2004年に世界の供給量の約87%を生産していました。その後、2007年から2011年にかけては、メキシコが第2位のアヘン生産国となりました。

 

ヘロインは、急性疼痛、術後疼痛、心筋梗塞、身体外傷の治療に使用されます。しかし、過剰摂取により、血液媒介性病原体や細菌・真菌性心内膜炎に感染する危険性があり、腎機能の低下、さらには死に至ることもあります。

 

11. コカイン – 1gあたり140ドル【18,885円】

コカインは、強い依存性を持つ薬物で、一般に吸引、吸入、静脈注射されます。コカインは、南米のアンデス地方で栽培されているコカの葉から作られます。

 

コカインは、鼻の手術の際の麻痺や出血を抑えるためによく使用されます。しかし、規定外の摂取は、強烈な幸福感、興奮、心拍数の速さ、高血圧、体温の上昇を招く恐れがあります。また、脳卒中や心臓突然死のリスクも高まります。

 

10. LSD – 1gあたり2,500ドル【337,238円】

リゼルグ酸ジエチルアミド(通称LSD)は、特定の穀物に生える菌やエルゴットという非有機化学物質から得られる半合成薬物です。紫外線、塩素、酸素に敏感です。

 

LSDの効果は予測不可能です。使用者は気分の変化、一度に異なる感情、視覚的な幻覚などを経験することがあります。身体的な影響としては、脱力感、低体温、不眠、震え、鳥肌、心拍数の上昇、血糖値の上昇などです。

 

9. プルトニウム – 1gあたり3,900ドル【526,091円】

プルトニウムは、ウランから派生した放射性元素で、核反応に使用されてきました。濃厚な鉱酸に素早く溶け、ハロゲン、ケイ素、水素、窒素、炭素と反応します。

 

プルトニウムは核兵器に使用されます。火星探査機「キュリオシティ・ローバー」や宇宙船「ニュー・ホライズンズ」など、宇宙ミッションのエネルギー源としても使用されています。また、何らかの形でプルトニウムを吸い込むと、癌を引き起こす可能性があります。

 

8. ペイン石 – 1gあたり8,500ドル【1,146,608円】

ペイン石は、ミャンマーで発見された非常に珍しいホウ酸塩鉱物です。微量のバナジウムとクロムを含み、オレンジ色から茶色がかった赤色をしています。

 

2021年現在、知られている結晶は300個以下ですが、最近ミャンマーで多くの物質が見つかっています。その中で個人が所有しているものはわずかです。残りの石は、米国宝石学会とGRS宝石研究所、大英自然史博物館の間で流通しています。

 

7. レッドベリル – 1gあたり9,000ドル【1,214,055円】

レッドベリルは、1904年に初めて出現が確認されました。非常に希少で、ユタ州とニューメキシコ州という、一握りの場所でしか見つかっていません。

 

レッドベリルは、トパーズを含む流紋岩の中にも産出されます。流紋岩の割れ目に沿って、あるいは表面近くの空洞の中で、低圧高温下で気泡溶解相から結晶化することで産出します。結晶はダイヤモンドよりわずかに柔らかく、はるかに希少です。宝飾品の材料として使用されています。

 

6. ターフェアイト – 1gあたり20,000ドル【2,697,900円】

ターフェアイトは、切り出した石から確認された宝石です。発見者であるリヒャルト・ターフェにちなんで命名されました。現存するターフェアイトは十数個以下であり、その色は赤から紫まであります。当初発見されたターフェアイトは1.419カラットで、その一部は分析され、残りを0.55カラットの宝石に再カットされました。

 

ターフェアイトは、マグネシウムとベリリウムの両方を含む最初の鉱物です。また、二重屈折の性質も持っています。

 

5. トリチウム – 1gあたり3万ドル【4,046,850円】

画像出典:Wikimedia

 

トリチウム【三重水素】は水素の放射性物質で、大気と宇宙線との相互作用によって微量に生成されます。

 

少量のトリチウムの放射性崩壊は蛍光体を光らせるため、ベタライトと呼ばれる自己発電型照明器具の製造に使われます。核分裂爆弾の収量や水素爆弾の核分裂ステージを増やすために使われます。海の循環や換気を調べるための道具としても使われてきました。さらに、制御された核融合のための重要な燃料でもあります。

 

4. ダイヤモンド – 1gあたり50,000ドル【6,744,750円】

ダイヤモンドは、地球上で最も希少なものではないにもかかわらず、最も高価な宝石です。炭素の同素体で、硬度や熱伝導率が最も高い物質です。いくつかのダイヤモンドは、33億年前までさかのぼることができます。

 

ダイヤモンドは主に宝飾品の製造に用いられており、婚約指輪や結婚指輪によく使われます。小さいものは、ガラスの切断や岩石の穴あけに使われます。ダイヤモンドダイス【伸線加工や線引き加工を行う工具】は、細いタングステンワイヤーを作るために使われます。

 

研究者たちは、乳癌や肝臓癌と闘うための薬物送達システムとしてのダイヤモンドや、目の見えない人の視力を助けるために網膜に埋め込むことができるダイヤモンド電極をテストしています。

 

3. カリホルニウム – 1gあたり2,700万ドル【3,640,546,080円】

カリホルニウムを初めて合成する際に使用したサイクロトロン

 

カリホルニウムは、1950年にカリフォルニア大学放射線研究所で初めて作られた放射性元素です。地球上に自然に存在するものではありません。これを作るためには、粒子加速器か原子炉が必要です。この元素は水にほとんど溶けませんが、普通の土にはよく付着します。

 

わずか1マイクログラムのカリホルニウムは、1分間に1億7千万個の中性子粒子を放出することができます。銀や金の鉱石を識別するための中性子源として使用されているほか、油井の水層や油層を見つけるのに役立つ中性子水分計にも使われています。

 

2. バックミンスターフラーレン – 1gあたり1億5千万ドル【20,225,256,000円】

画像出典:Wikimedia

 

バックミンスターフラーレン(バッキーボールとも呼ばれる)は、60個の炭素原子(その中に窒素原子が収まっている)を含んでいます。オックスフォード大学では、12年以上前からこの物質の研究に取り組んできました。

 

この物質は、小型で持ち運び可能な原子時計【原子や分子のスペクトル線の高精度な周波数標準に基づいて最も正確な時間を刻む時計】を作るのに使うことができ、世界で最も正確な計時を行うことができるようになります。現在のところ、原子時計は部屋いっぱいの大きさです。この新しいナノ材料は、原子時計をマイクロチップの大きさに縮小することができるため、携帯電話に組み込むことが可能です。また、GPSのナビゲーションも1ミリ単位で正確にできるようになります。

 

1. 反物質 – 1gあたり62.5兆ドル(NASAによる推定値)【8,451,906,250,000,000.00 円】

史上初めて観測された陽電子

 

反物質は、通常の物質の粒子と同じ質量で、反対の電荷を持つ反粒子で構成される物質です。1グラムの反物質を作るには、2,500万キロワット時のエネルギーが必要です。

 

反物質粒子が物質粒子と相互作用すると、互いに消滅して大量のエネルギーが発生します。これは、惑星間や恒星間移動の燃料として利用することができます。さらに、物質と反物質の反応は、陽電子放射断層撮影法などの医療用画像診断にも実用化されています。

 

番外編

地球上で最も強い元素

タングステンは地球上で最も強い元素で、主に合金、鋼鉄、産業機械の製造に使用されます。炭素を除くすべての元素の中で最も高い沸点(5,930℃)と最も高い融点(3,410℃)を持っています。

 

世界で最も重い物質とは?

オスミウムは、1立方センチメートルあたり22.59グラムの密度を持つ、地球上で最も重い物質です。また、地殻の中でも最も希少な元素のひとつで、1兆分の50しか存在しません。しかし、地球の外にはもっと重く、もっと密度の高い物質が存在します。例えば、中性子星は1立方センチメートルあたり約100兆グラムの密度を持っています。

 

グラフェン:透明で最も薄い2次元物質

直近の10年間で最も研究された材料のひとつがグラフェンです。グラフェンは、2次元の六角形の蜂の巣状格子に配列された炭素原子の単層です。最も薄い物質でありながら、驚くほど高い強度と電気伝導性を持っています。

 

世界中の研究者が、グラフェンの様々な特性や、半導体、電池、水フィルター、DNA配列、細菌検出などの潜在的な用途を知るために、研究を続けています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ