話題

話題

PR

人間の行動や心理の謎に迫る!最も興味深い心理学実験23選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、26 of the Most Interesting Psychological Experiments Part-I
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

1,408 views

読了時間 : 約9分17秒

人はなぜそのように行動し、反応するのか?世界中の心理学者が、この現象を完全に理解しようとしています。しかし、人間の行動に関する既存の知識が、100年にわたる研究と実験の結果であることも事実です。

 

これらの実験が、心理学的社会に多大な貢献をしたことは間違いありません。アメリカの心理学者フェスティンガーの「認知的不協和実験」からアッシュの「同調実験」まで、私たちの行動の背後にある理由を理解するのに役立つ、最も影響力のある心理学実験を一緒に紐解いていきましょう。

 

この記事では、すべての人間が知っておくべき、最も影響力のある13の心理学実験についてご紹介します。

 

13. 地下鉄の駅で演奏するヴァイオリニスト

 

 

2007年、ワシントンポスト紙は、人々がどれだけ周囲の状況をよく観察し、それに従って行動しているかを知るために興味深い調査を行いました。この実験を成功させるため、スタッフはワシントンの地下鉄の駅でのヴァイオリン演奏を企画しました。

 

この実験で、地下鉄駅の入り口で演奏していたミュージシャンはグラミー賞受賞者のジョシュア・ベルでした。その数日前、ボストンでの彼のコンサート会場は満席でした。しかし、通勤客は彼だとは気づかずに小走りで通り過ぎるだけだったのです。

 

350万ドルのヴァイオリンを使って、おそらく史上最も複雑な曲を演奏したにもかかわらず、立ち止まって耳を傾けたのはわずか6人でした。20人ほどは彼にお金を渡したものの、立ち止まることなく普通のペースで歩き続けました。結局、ジョシュア・ベルはボストンのコンサートでのチケット1枚100ドルに対して、実験では32ドルしか集められなかったのです。

 

12. ピアノ階段

 

ショッピングモールや地下鉄を利用するとき、階段とエスカレーター、どちらを利用しますか?平均すると、人々は階段よりもエスカレーターを利用することが多いようです。フォルクスワーゲンは、退屈な行動をより楽しいものにすることで、人々の行動をより良いものに変えることができることを証明するため、「楽しい理論」と呼ばれる実験を開始しました。

 

この実験はスウェーデンのストックホルムの地下鉄駅で行われました。エスカレーターの代わりに階段を使おうとする人が増えるかどうかを見るために、地下鉄の駅構内の普通の階段をピアノ演奏付きの階段に変えました。翌日、通勤客の66%近くが普段よりも階段を利用し、楽しさが人々の習慣を変える良い方法であることが証明されたのです。

 

11. 視覚的断崖実験

 

あなたは高い所が怖いですか?高所恐怖症は、生まれつきのものなのでしょうか、それとも成長とともに徐々に身につくものなのでしょうか?その答えを見つけるために、心理学者のエレノア・ギブソンとリチャード・ウォークは幼児の奥行き知覚を学ぶ研究を行いました。

 

この研究には、生後6ヶ月から1歳までの幼児36人が参加しました。実験の設定は、床から1フィートほど浮かせた大きなガラステーブルを使って視覚的な崖を作るというものでした。完璧な崖の環境を作るため、彼らはテーブルの半分に「浅い側」を表す市松模様の印をつけました。

 

同様に、「深い側」を作るために、視覚的な崖として、上から下に向かって市松模様が片側に作られました。ガラステーブルが遠くまで伸びていても、模様が床に配置されていることで、落差があるように見えるのです。幼児はそのテーブルの上に一人ずつ置かれました。

 

実験の終わりに、ギブソンとリチャードは、母親が呼んだ後に浅い側に渡った乳児はわずか27人であることを発見しました。その27人の乳児のうち、反対側から呼ばれたとき、母親のほうに向かって視覚的な崖に這いずったのは3人だけでした。渡らなかった残りの幼児は全員、浅い側に戻るか、泣きました。

 

10. 選択的注意テスト

 

有名な選択的注意テストは、D.シモンズとC.チャブリスが人間の脳の一般的な意識を理解するために行ったものです。テストは2つのチームで構成され、一方は白い服を、もう一方は黒い服を着ていました。被験者は、両チームがチームメイトの中でボールをパスするビデオを観察するよう求められました。その観察に基づき、被験者は白チームの選手間で発生したパスの総数を数えなければなりませんでした。

 

その最中、ゴリラの着ぐるみを着た男がそっと舞台に上がり、数分間中央に立った後、舞台袖に去って行きました。シモンズとチャブリスは、被験者のほぼ全員がこのゴリラを認識できなかったことを発見しました。この発見は、人がある特定のタスクに集中するよう求められると、その「事柄」に強く集中するあまり、他の重要な細部を見逃す可能性があることを証明したのです。

 

9. マシュマロ実験

心理テストには、美味しいものもあるということをご存知でしょうか?1972年、スタンフォード大学のウォルター・ミシェルは、満足を先延ばしにすることが将来の成功につながるかどうかを研究するため、マシュマロ実験を開始しました。この実験を行うため、4歳から6歳の子供たちが、テーブルがひとつだけ置かれた何もない部屋に連れて行かれました。そのテーブルの上には、マシュマロがひとつ置かれています。

 

実施にあたって、子供たちは、「実験者が部屋を出た15分後に、1個目のマシュマロがテーブルの上に残っていたら、2個目のマシュマロをもらえる」と告げられます。実験者は、子供たちがどのくらいマシュマロの誘惑に抵抗できるかを注意深く観察しました。その結果、600人の子供のうち、すぐにマシュマロを食べた子供はわずかで、3分の1近くが2個目のマシュマロを食べるのに十分な時間、喜びを我慢していることが分かりました。

 

その後、いくつかの関連研究を経て、ミシェルは、満足を先延ばしにした子供たちは、同世代の子供たちの中でも能力や資質が著しく高く、SATのスコアも高く、この特性が生涯にわたってその人の中に残る可能性が高いことを発見しました。さらに、この研究は単純化されているように見えますが、この発見は、成功を予測できる個人の基礎的な違いのいくつかを示しています。

 

8. ミルグラム実験

 

権威と命令は、私たちの人生において非常に重要な部分を占めています。私たちは人生の早い段階から、たとえそれが道徳や常識に反していても、より高い権威からの命令に従うよう訓練されています。この理論に一石を投じるために、心理学者のスタンレー・ミルグラムは、道徳に反する可能性のあるいくつかの行為を具体的に指示されたときに、権威に従おうとする人の欲求を測定するテストを考案しました。

 

参加者は、自分が実際にテストに参加していることを知らされます。別の人(被験者)が記憶力テストを受けているのを観察し、管理者として行動しなければなりません。彼らは、被験者が問題に対する答えを間違えるたびに、電気ショック(これは偽物です)を与えるよう厳しく忠告されました。

 

実験者の思惑通り、被験者(実際には演技者)が不正解を出すたびに、参加者たちは、テストを受けている被験者がとてつもない苦痛を感じているように見えるにもかかわらず、ショックの強さを増す傾向がありました。このような不満にもかかわらず、ほとんどすべての参加者が、不正解のたびにスイッチを引き、ショックの強さを増やし続けました。この実験は、人間の脳はたとえそれが正気に反していても、より高い権威に従う傾向があることを明らかにしたのです。

 

7. 代理母/ハーロウによるサルの愛着実験

 

子供が生まれて最初に感じるのは母親の愛情です。医師によれば、この愛情は子供の成長に不可欠なものだということです。子供の頃に受けた愛情に対してハーロウ氏に感謝してもいいでしょう。1960年代初頭、心理学者のハリー・ハーロウは、子供の健全な精神的・全体的発達における母親の愛情の重要性を研究し、物議を醸しました。

 

実験を行うにあたり、彼は生まれたばかりのサルを生後わずか数時間で実の母親から引き離し、2つの「代理母」とともに観察用の部屋に入れました。一方の代理母は針金を巻いたもので、哺乳瓶(餌用)が付いており、もう一方は柔らかい布で作られており、餌は入っていません。

 

興味深いことに、サルの赤ちゃんは食べ物のある針金の母親よりも、布だけの母親と過ごす時間の方がかなり長かったのです。この実験によって、子供の全体的な成長には、食べ物ではなく、愛情や愛着がより大きな役割を果たすことが証明されました。

 

6. 善きサマリア人の実験

あなたは困っている見知らぬ人を助けますか?あるいは、見知らぬ人を助ける人は何人いると思いますか?もし助けるとしたら、その理由は何でしょうか?この疑問に対する答えを見つけるために、ダニエル・バトソンとジョン・ダーリーは「善きサマリア人の実験」と呼ばれる実験を考案し、利己的でない行動の潜在的な原因を探りました。まず始めに、研究者たちは3つの仮説を検証しました;

 

A. 宗教は、誰が助け、誰が助けないかを決める大きな要因ではない。
B. 急いでいる人は寛大な行動を示しにくい。
C. 個人的な利益のためだけに宗教に傾倒した人は、人生における精神的な利益を目指す人よりも助けにならないだろう。

 

実験の設定は非常に興味深く、被験者には事前に宗教的な教えが与えられ、別の建物に集められます。別棟に向かう途中、怪我をした人が横たわっており、その人は悲痛な痛みに耐えており、助けを必要としているように見えます。ここで、2つ目の仮定を検証するために、ある被験者には急がないようにアドバイスし、別の被験者にはまったく逆のことを伝えました。

 

その結果、急がない場合は、被験者の2/3近くが立ち止まって助けを申し出ました。一方、被験者が急いでいる場合は、その比率は低下しました。さらに、人助けに関するスピーチをしようとしていた被験者は、他のスピーチをする被験者よりも人助けをする可能性が高く、思考が人助け行動を決定する重要な要因であることが示されたのです。

 

5. ハロー効果実験

ハロー効果(Halo Effect)とは、最も古くから知られている現象のひとつで、一般的に多くの人が、(肉体的に)魅力的な異性(男性であれ女性であれ)は、知的で、親切で、友好的で、判断力に優れた人であると推定することを裏付けるものです。その理論を証明するために、心理学者のリチャード・E・ニスベットとティモシー・デキャンプ・ウィルソンは、ハロー効果が個人の判断にどのような影響を与えるかを示すテストを考案しました。

 

彼らは2つのグループに分けられた大学生を対象にテストを実施しました。1つ目のグループは、ビデオに録画されたインタビューに従って教師を評価するよう求められました。そのインタビュービデオでは、講師は知的で熱心、生徒を尊敬していると自己紹介していました。2つ目のグループに与えられた2本目のビデオでは、講師はまったく別の人物、つまり、嫌われ者で不信感を抱かせるような、厳格な教授スタイルを持っている人物でした。

 

生徒たちは、講師の外見や物腰をもとに評価を求められました。ここで重要なのは、講師たちのジェスチャーとアクセントはどちらのビデオでも同じだったということです。結果は、回答者を困惑させるものでした。尋ねてみると、彼らはなぜ一人目の講師に高い評価を与えたのか見当もつかないというのです。また、彼らは講師の話を聞いて気に入ったのであり、個人に対する評価は講師の特徴に全く影響されなかったと付け加えました。

 

4. モンスタースタディ

アメリカの心理学者であり、一般意味論の強力な支持者であったウェンデル・ジョンソンは、非倫理的な実験方法を行ったことで脚光を浴びました。彼は1939年、子供を対象とした言語療法の効果に関する有名な研究を始めました。まず、彼は20人の孤児を選び、2つのグループに分けました。第一のグループは吃音に悩む子供たちで、第二のグループは吃音のない子供たちです。

 

吃音のある被験者にはポジティブな言語療法が行われ、継続的な動機づけとともに流暢な話し方を褒められました。一方、第2グループの子供たちは、文法的なミスをするたびに激しく落胆させられ、軽蔑されました。実験の結果はぞっとするようなもので、否定的な発話を経験した子供たちは長期にわたる心理的影響を受けただけでなく、一生発話に困難を抱えることになったのです。

 

3. ロスの偽の合意効果の研究

 

偽の合意効果とは、人が自分の信念、意見、好み、価値観が、他の人の信念、意見、好み、価値観と同じであり、典型的であると過大評価する傾向がある認知バイアスのことです。簡単に言えば、他人が自分と同じように考えていると判断してしまう誤った感覚です。偽の合意という概念は新しいものではなく、心理学者レオン・フェスティンガーとジークムント・フロイトの著作から1900年代半ばまで遡ることができます。

 

この実験では、他人が自分と同じように考えていると誤って結論づけ、他人の信念を選好する「偽の合意」を形成してしまうことに焦点を当てています。研究の初期段階では、参加者はそれぞれ対立が起こる状況を与えられ、その状況に対応するために2つの選択肢しか与えられませんでした。彼らは次のような3つのことを尋ねられました:

 

A. 他の人が2つの選択肢のどちらを選ぶかを推測する、
B. 自分ならどちらの選択肢を選ぶかを言う、
C. 2つの選択肢のそれぞれを選びそうな人の属性を述べる。

 

この研究から、被験者の多くは、自分が個人的に選んだ回答にかかわらず、他の人も自分と同じことをするだろうという見方を維持することが分かりました。この現象は偽の合意効果と呼ばれています。二つ目の観察によると、被験者が、自分とは逆の選択をしそうな他の人の属性を記述するよう求められたとき、自分と同じ選択をしなかった人の性格について、大胆で否定的な予測をすることが示されました。

 

2. 感情に関するシャクターとシンガーの実験【感情の二因子理論】

2つのグループに分けられた約180人の男性被験者は、エピネフリンを注射されました。エピネフリンは、震えや心拍の増加、呼吸の速さなどの興奮を引き起こす神経伝達物質やホルモンです。研究参加者は、視力を検査するために新しい薬を注射されることを告げられていました。1番目の被験者グループには注射による副作用の可能性があることが告げられましたが、2番目の被験者グループには告げられませんでした。

 

その後、参加者は一人ずつ部屋に通され、仲間だと思われる人物も一緒に通されました。しかし、その人物は実は実験の一部であり、共犯者でした。一人の参加者がドアに入ってくるたびに、共犯者は陶酔したり怒ったりします。その結果、注射の効果について事前に知らされていなかった参加者は、知らされていた参加者よりも幸福か怒りのどちらかを感じやすいことが分かりました。

 

この実験の主な動機は、認知や思考が人間の感情に与える影響を理解することでした。彼らの研究は、人が自分の生理的状態をどのように解釈するかが重要であることを示しています。さらに、この感情覚醒理論が20年以上にわたってこの分野を支配してきたのは正しいとしても、近年はその普遍性のなさから批判されています。

 

1. スタンフォード監獄実験

 

おそらく心理学で最も有名かつ物議を醸した実験のひとつであるスタンフォード監獄実験は、フィリップ・ジンバルドー教授が強制された状況下での役割分担を研究するために行ったものです。この実験は、囚人または看守の役割を割り当てられた「正常な」個人の行動を研究するために特別に設計されました。

 

参加者は大学生で、「看守」と「囚人」の役割を割り当てられました。説得力を持たせるため、実際の刑務所に近づけるよう、実施場所である心理学研究所の建物の環境はかなり重視されました。刑務官となった学生たちは、2週間刑務所を運営するよう命じられたほか、実験期間中、受刑者に肉体的な危害を加えないよう言い渡されました。

 

残念ながら、刑務所内の敵対的な環境のため、実験者は数日で実験を打ち切らざるを得ませんでした。刑務所の看守は受刑者に暴言を吐く傾向があり、受刑者の多くは権力に従順になりました。この実験は非倫理的な原則に基づくものでしたが、それでも多くの心理学者は、適切な条件下で提供された特定の役割に人がいかに従うかを示す結果が得られたと考えています。

おすすめタグ