話題

話題

あなたが今知っておくべきNASAの火星ヘリコプターについてご紹介

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、NASA’s Mars Helicopter | 6 Things You Need To Know
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

51 views

読了時間 : 約2分25秒

NASAが小さな自立型ヘリコプターを火星に送ったことは今や衆知事項です。これは、火星の研究の探索を後押しするとされています。

 

これは、他の惑星での空気より重い乗り物の最初のテストでもあります。これから、あなたの疑問に答える火星ヘリコプターの面白い側面すべてをご紹介します。

 

ヘリコプターは何をする予定なのか?

ドローンのようなヘリコプターは1ヶ月のテスト期間の間約5回飛行する予定です。NASAはこの乗り物が安全に飛べるかどうかをテストし、ミッションの主催者に対してより良いガイダンスやデータを提供する予定です。ヘリコプターによって提供される情報は興味深い標的や、危険を避けるルートを計画するために利用されます。

 

機械の概要

このヘリコプターは高さ80センチ、重さ1.8キロです。機体(ヘリコプターの主体部分)は直径約4インチになります。

 

半径約60cmの同軸ローターが逆回転し、ブレードは毎分3,000回転と、地球のヘリコプターの10倍もの速さで回転することができます。

 

ヘリコプターは200ワットのリチウムイオン電池(太陽光で充電される)が電力となり、暖房システムによって寒い夜でも暖かさを保つことができます。

 

ペイロードは2020火星探査機からデータを送受信する通信システム、太陽追跡カメラ、地球測量システム、着陸などが含まれています。また、視覚オドメーター、高度計、ジャイロスコープ、ハザードディテクターを含む場合もあります。

 

どれくらい高く跳ぶのでしょうか?

 

今日では、タービンエンジンヘリコプターは地球の25,000フィートまで上昇することができます。しかし、火星の大気は気球の約1%のため、ヘリコプターが火星の表面に到着したときには、すでに地球上空の約10万フィートに相当します。火星のように空気が薄いところで機械を飛ばすために、エンジニアは機体をできるだけ軽く保ちながら、より機械をパワフルにしなければなりません。

 

ドローンのようなヘリコプターは1日90秒だけしか飛べないと予測されており、数百メートルの距離しか1日に飛べません。最初の飛行では、約30分間で10フィート上空まで飛ぶとされています。

 

このヘリコプターは軌道の写真より10倍も良い解決策を提供すると期待されています。ローバーのカメラではカバーしきれないディスプレイ(NASAの科学者は「鳥瞰図」と呼んでいます)が特徴です。

 

プロジェクトの現状と予算

このブロジェクトは2013年にNASAのJPLでスタートしました。2016年半ばには、科学者たちは15百万ドルを開発を続けるために要望しました。2017年12月には、ヘリコプターは火星と同じ環境にシュミレーションした北極でテストされました。

 

2018年3月、このミッションに23百万ドル投資され、科学者たちはマーズ2020ミッションでヘリコプターを打ち上げられると発表しました。

 

マーズ2020はアトラスVで打ち上げが予定されています。2021年2月に火星に到着予定です。

リアルタイムでNASAがはこのヘリコプターを操縦できるのか?

このヘリコプターは地球のコントローラーから命令を受け取った後最初の飛行を実施します。しかし、リアルタイムでヘリコプターを操縦することは不可能です。なぜなら、火星は地球から12.5光年の距離にあるからです。まだ地球から火星にデータが到達するまで約14分かかります。

 

このヘリコプターは自立型のコントロールシステムを備えており、それゆえに自力で飛行が可能です。着陸後、直接火星探知機とやりとりをすることになります。

 

ハイリスク、ハイリターンミッション

テクノロジーの証明として、このプロジェクトはリスクがありますが、全てが計画通り進めばとても有益なものになります。しかし、マーズ2020ミッションはヘリコプターが仮にうまくうごかなくても、重要な問題には直面しないでしょう。

 

もし、ヘリコプターがうまく動作した場合、探査アシスタントとして将来のミッションや、地上の乗り物では到達できないものを撮影するための空中ドローンとして利用されるでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ