話題

話題

狭い都市でも走行可能なホイールモジュールの誕生

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、A Novel Wheel Module For Narrow Urban Vehicles
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

475 views

読了時間 : 約1分56秒

・新しい統合コーナーモジュールは、自動車メーカーが重要なコンポーネントをゼロから開発することから解放した。
・ホイールと電気モーターをステアリング、サスペンション、ブレーキ、制御システムと組み合わせて、すべて1つのユニットにまとめている。

 

世界の都市部の人口は2010年から2050年にかけて2倍になると予想されています。これらの地域で増大している2つの大きな問題は、交通渋滞と通行スペースの限界です。

 

道路上の車両の数も大幅に増加しており、2050年までに4倍になると予測されています。多くの民間組織や州政府は、車両の環境への悪影響や燃料消費などの地球規模の問題を懸念しています。現在、電気自動車はそのような懸念を減らすための最良の解決策であるように思われます。

 

車の平均乗車人数は1台あたり約1.67人であるため、メーカーはマイクロカー(平均的な乗用車よりも小さい)に重点を置いています。

 

これらの車はまだ揺籃期にあります。安定性、性能、安全性、製造コストの要素はそれほど印象的ではありません。また、市場シェアが低いため、大手自動車会社は、より魅力的な小型都市型車両の設計にリソースと時間を投資していません。

 

そんな中、ウォータールー大学のエンジニアは、自動車メーカーが重要なコンポーネントの一部をゼロから開発することから解放される統合コーナーモジュールを開発しました。企業が少量でも経済的に特殊車を生産することを可能にするでしょう。

 

自己完結型ユニット

エンジニアによって開発された統合コーナーモジュールは、従来のホイールのモジュラー設計に基づいています。そのアイデアは、モジュール性とプラグアンドプレイ制御機能を提供することです。

 

基本的には、ホイールと電気モーターをステアリング、サスペンション、ブレーキ、制御システムと組み合わせて、すべて1つのモジュールにまとめています。ホイールユニットは、ホイールが1つしかない完全な車両と言えます。ちょっともの足りなさを感じるのはボディです。

 

エンジニアは25馬力、重量40kgのプロトタイプを開発しました。アクティブなホイールキャンバーを可能にすることに加え、狭くて背の高い車の安定性を高めることになっています。

 

より具体的には、ユニットはドライブシャフトとステアリングリンクを排除し、乗客の快適さと安全のためのより多くのスペースを作成します。デュアル4バーリンケージは、キャンバーメカニズムとステアリングメカニズムの両方として機能し、より良い負荷分散とコーナーモジュールの実現を可能にします。

プロトタイプの三輪車を持ったアミール・カジュプール|クレジット:ウォータールー大学

 

狭い車両の横転しきい値を上げて安全性を向上させるために、エンジニアは新しいキャンバーメカニズムをサスペンションメカニズムと統合しました。この組み合わせにより、仮想キングピン軸とその軸を決定するための手法を作成することができました。全体として、このアプローチにより、ホイールユニットの非常にコンパクトな設計が可能になりました。

 

チームは、大型ユーティリティおよび商用車用のホイールユニットをスケールアップすることを計画しています。これにより、林業や鉱業から救助活動に至るまで、さまざまな分野で使用できる、カスタマイズされたボディを備えた特殊車両を安価に製造するための新しい扉が開かれます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ