話題

話題

PR

ボツになったものもありますが・・・普通のものに使われた「原子力」13選

425 views

読了時間 : 約7分46秒

第二次世界大戦中、原子力は広く悪用されました。科学者や技術者たちは、不滅の力の助けを借りて自分たちの力を拡大しようと躍起になったのです。そのほとんどは期待されたほど成功しなかったものの、人間の想像力と国家に対する意志の強さを示しています。この記事では、普通のものの核形態に関するユニークな例を紹介します。

 

13. アメリカ海軍のノーチラス

ノーチラスは、世界で初めて運用された原子力潜水艦です。1951年に認可され、1954年に進水しました。1958年8月3日、潜水艦として初めて北極点への潜航を完了しました。推進力が原子力であったため、ディーゼル潜水艦や電気潜水艦よりもはるかに長く潜航を続けることができたのです。この潜水艦はコネチカット州グロトンに保存されており、毎年約25万人の潜水艦ファンが訪れています。

 

12. オイルサンド計画、原油採掘

オイルサンド計画(当初はコルドロン計画として知られていた)は、基本的にカナダのアルバータ州にあるアサバスカ・オイルサンド【石油成分を含む砂岩】を開発するための提案でした。1958年、カナダ政府はアルバータ州のオイルサンドからビチューメン【アスファルト】を採掘しようとしていました。著名な地質学者であったマンリー・ナトランド博士が、それを実現する可能性のある方法を考え出しました。彼は、地下核爆発がオイルサンドからビチューメンを解放し、この鉱物を迅速かつ効率的に抽出する方法を提供できるという理解を深めたのです。

 

地下核爆発によって生じる熱と圧力は、アスファルト鉱床を沸騰させ、標準的な油田技術が容易に使用できる程度まで粘度を下げることになります。

 

ナトランド博士はその後、同じ提案をアメリカ原子力委員会にも相談したところ、彼らは同意し、アルバータ州の人里離れた地下10キロメートルで計画されている爆発に協力するとまで述べました。しかしカナダ政府は、環境問題や安全保障上の問題から、いかなる核爆発も中止することを決定しました。

 

11. フォード・ニュークレオン、原子力駆動によるコンセプトカー

フォード・ニュークレオンは、1958年にフォード社が開発したコンセプトカーです。内燃機関を搭載せず、車体後部に小型原子炉を搭載しました。この車は、原子力潜水艦と同じように、ウランを動力源とする核分裂を利用する予定でした。ニュークレオンは、原子炉の再充電が必要になるまでに約8,000キロ(5,000マイル)進むことができるはずでした。

 

しかし、フォードは原子炉に燃料を補給する代わりに、古い原子炉を新しい原子炉に交換するだけのステーションを計画したのです。

 

概念的には、これらの充電ステーションは標準的なガソリンスタンドの代わりとなるものでした。提案されたフォード・ニュークレオンのデザインは、車のテールフィンとクリーンなラインを持つ典型的な1950年代の自動車にインスパイアされています。この車の実物大模型は、ミシガン州ディアボーンのヘンリー・フォード博物館で見ることができます。

 

明確な評価の結果、原子炉がアメリカの都市や高速道路を高速で走り回るのは危険であることが判明し、プロジェクトは頓挫してしまいました。

 

10. 木星氷衛星周回機

画像出典:wikimedia

 

JIMO(Jupiter Icy Moons Orbiterの略【木星氷衛星周回機】)は、前例のない画期的な機能を数多く持つはずでした。NASAが提案したこの宇宙船は、木星の衛星、特にエウロパ、水の憶測がある氷の自然衛星に向かうことになっていました。この宇宙船は、高出力電気推進エンジンまたはNEXISエンジンによるイオン推進システムで推進され、小型核分裂炉で駆動され、従来のラジオアイソトープ熱電発電機ベースの電力システムの1,000倍の電気出力を提供する予定ででした。JIMOはさらなる探査が可能になると期待されていたのです。

 

電気推進を使えば、木星の衛星の周りの軌道に入りやすくなり、より詳細で長時間の観測が可能になります。原子炉は、敏感な宇宙船の機器を太陽放射線から守る強力なシールドの後ろ、宇宙船の先端に配置されることになっていました。原子炉は、宇宙船が地球の軌道から大きく外れてから点火され、打ち上げ時の放射性核種の量を最小限に抑えます。後にNASAの幹部は、この計画があまりにも高価であることに気づき、この計画を断念してしまいました。

 

 

9. M-29 デイビー・クロケット核無反動砲システム

史上最小の核兵器システムのひとつであるM-29デイビー・クロケットは、冷戦時代にアメリカが単独で配備したM-388核発射体を発射するための戦術核無反動砲です。この装置の名前は、アメリカの軍人、下院議員、そして民間の英雄であるデイビー・クロケットにちなんでいます。当初、M-29は兵士数人で戦場に運び、3人がかりで操作することができました。

 

その後、ジープや他の軍用車両に搭載できるように改良された設計が導入されました。この核バズーカ砲が成功していたらどうなっていたか、想像してみてください。しかし、不幸にも、あるいは幸運にも、デイビー・クロケットは特に効果的な兵器というわけではありませんでした。爆発半径が小さく、精度も最悪だったため、すぐに使い物にならなくなったのです。ネバダ州での最初の実験では、砲弾は標的の数百フィート以内に着弾し、これは核兵器としては恥ずかしい瞬間でした。

 

8. コンベアNB-36原子力飛行機

1950年代と60年代は、アメリカ史における重要な章のひとつです。この時期、核戦争は通常戦や伝統的な戦争よりもその支配力を強め始めていました。コンベアB-36ピースメイカー戦略爆撃機は、アメリカ空軍にとって核兵器を輸送できる最初の爆撃機でした。この飛行機は原子炉を搭載できるほど大きくても、まだ飛行可能でしたが、当時の戦争需要の高まりによって大きな変更が加えられました。

 

NB-36Hとして知られる改造されたB-36は、外観はほとんど変わらないものの、コックピット部分が大きく変更されました。NB-36Hは1955年から1957年にかけて40回以上の試験飛行を行い、215時間の飛行を記録しました。原子炉を搭載していないにもかかわらず、米空軍はNB-36を非常に慎重に扱いました。

 

機体にはあらゆる種類の放射性シンボルがあり、何かあれば大統領に知らせるための特別ホットラインが接続されていました。試験飛行は成功し、将来性も高まったものの、莫大なコストと安全性への懸念から、ANP計画は中止され、NB-36の生産は停止となりました。

 

7. プルート計画、原子力ジェットエンジン

1957年1月、アメリカ空軍と米原子力委員会は、原子炉の熱をラムジェット・エンジン【ジェットエンジンのシンプルなタイプ】に応用することの実用性に関する共同研究を開始しました。この研究は「プルート計画」として知られています。原子炉を使って空気を加熱するという発想は新しいものでした。

 

原子炉は飛行できるほど小型でコンパクトでなければならないうえ、7,000マイルの旅に耐えられるだけの耐性が必要でした。原子力エンジンの原理では、何カ月も作動するため、ミサイルを長期間空中に放置することができるはずです。超音速低高度ミサイル(SLAM)と呼ばれる特殊なミサイルがラムジェットに割り当てられました。ラムジェットの速度に達するために、通常のロケットブースターで地上から発射されることになります。

 

巡航高度に達し、地表から遠く離れたら、原子炉に点火することができます。SLAMは、複数の標的に投下できる多数の核兵器を搭載することが提案され、巡航ミサイルは無敵の無人爆撃機となりました。その後、大陸間弾道ミサイル技術の登場により、そちらの方が、開発が容易でコスト的にも優しいことが判明し、核巡航ミサイルの必要性は減少しました。その結果、「プルート計画」は1964年7月1日に中止されたのです。

 

6. SADMとMADM、核バックパックと地雷

今回の記事のイチオシはこれです。SADM(Special Atomic Demolition Munitionの略【特殊核爆破資材】)は、1960年代に開発された携帯核兵器、あるいは単なる核地雷です。ソ連のヨーロッパ侵攻を阻止するために開発されました。

 

他の通常兵器に代わる小型核兵器として、アメリカ陸軍工兵隊は、ソ連の主要な通信路を破壊、照射、遮断するのに適していると考えたのです。SADMを実行するためには、部隊は特別な訓練を受ける必要がありました。SADM装置を使用する特殊部隊の工作員は、空路で敵陣後方に展開し、小型核兵器を使って主要インフラを破壊することが期待されました。工作員はスキューバ・ダイビングでもこれらを使用できます。

 

もう一つの関連兵器はMADM【中量弾頭のADM(核地雷)】で、これはSADM核兵器の比較的小型のバージョンでした。SADMとMADMは戦場に投入されることはありませんでした。

 

5. ツポレフTU-95LAL

画像出典:wikimedia

 

ツポレフTU-95LALは、アメリカのコンベアNB-36に似たロシアの実験機です。冷戦時代、ソ連は勧告どおり核航空機の実験を行っていました。この計画の背後にある主なアイデアは、燃料補給の必要がなく、原子力航空機は従来の航空機に比べてはるかに長い航続距離を持ち、それによって長距離作戦に使用できるというものでした。

 

1955年8月12日、ソ連閣僚会議からの直接命令に従い、ソ連航空宇宙設計局の中心的存在であったアンドレイ・ツポレフとウラジーミル・ミャーシシェフが、N.D.クズネツォフとA.M.リュルカをエンジンの開発担当に任命して計画を開始しました。彼らは直接サイクル方式を選択し、ラムジェット、ジェットエンジン、さらにはターボプロップもテストしました。しかし、アメリカのNB-36と同じように着地し、弾道ミサイル技術の到来によって実験機計画は閉鎖を余儀なくされたのです。

 

4. レーニン号(原子力砕氷艦)

画像出典:wikimedia

 

砕氷船は、季節的または恒常的に氷が張る重要な貿易航路を維持するために必要とされます。このため、バルト海、五大湖、セントローレンス海路、北洋航路の主要地域では、円滑な輸送を実現するために専門の砕氷船が必要とされています。

 

当時は蒸気やディーゼルを動力源とする砕氷船が一般的でしたが、燃料容量や寿命など、いくつかの制約が深刻な問題を引き起こしていました。レーニン号が登場したのは1957年(進水は1959年)。世界初の原子力船であり、史上初の原子力民間船でもありました。最初の数年間、レーニン号の性能はその前身を圧倒していました。1960年から1965年までの航行距離は85,000マイルを超え、そのうち65,000マイル近くは氷海を航行したのです。1989年に正式に退役し、現在はムルマンスクに常設されています。

 

3. クライスラーTV-8、原子力駆動戦車

NATO諸国は、ソ連軍が戦術核兵器を使用することで冷戦作戦が危うくなることを大いに恐れていました。こうした状況を前に、アメリカは長期的な解決策を打ち出す必要に迫られていました。そこでクライスラーは、実験的コンセプト戦車TV- 8を開発したのです。

 

この戦車は、いかなる核攻撃にも耐えられるように設計されました。そのため、TV-8は型破りな設計となっており、乗員、エンジン、弾薬庫は、空輸のために分離可能な軽量シャシーの上に取り付けられたポッド型の砲塔内に搭載されることが提案されました。砲塔は外界から完全に密閉され、乗員は閉回路テレビを使って周囲を観察することが提案されました。

 

当初はV型8気筒エンジンを搭載していましたが、やがてクライスラーは核分裂エンジンを検討します。この設計は否定的なレビューを受けて人気がなくなり、TV-8の設計は必要な柔軟性を備えておらず、従来のタンク設計に比べて大きな利点がないと結論付けられました。

 

2. LENR家庭用原子炉

もし、原子力は破壊的な力としてしか使えないと考えているのなら、考え直してみるべきでしょう。シカゴを拠点とする企業家ルイス・ラーセンは、原子炉の未来は家庭の中にあると考えていました。1990年代、彼は小型原子炉で核エネルギーを利用する可能性を調査し始めたのです。低エネルギー原子炉(LENR)は、ほとんど排気ガスを出さず、普通の電子レンジと同じくらいの大きさで、家庭の電力をまかなうことができます。多くの批評家は、ラーセンのLENRはユタ大学の冷核融合炉に似ていると主張しましたが、これは完全なデマに終わりました。

 

しかし2013年、NASAは住宅や宇宙飛行機用のLENR発電所の研究を開始したのです。その研究の中で、NASAの研究チームの責任者である物理学者ジョセフ・ザウォドニーが、ラーセンのLENR研究が冷温核融合とは根本的に異なるという証拠を発見しました。研究はまだ進行中です。

 

 

1. 火星探査車「キュリオシティ」

画像出典:NASA

 

キュリオシティは、NASAのマーズ・サイエンス・ラボラトリー・ミッションの一環として火星のゲール・クレーターを探査する特殊な自動車型のロボット探査機です。放射性同位体の熱電発電機(RTG)を動力源とし、放射性同位体の崩壊から電気を生成します。2016年6月10日現在、キュリオシティは2012年8月6日の初着陸以来、1,404日間火星に滞在しています。

 

キュリオシティは、水の役割の調査を含む火星の気候と地質の調査、および将来の有人探査に備えた惑星居住性の調査を目的としています。2012年、プロジェクト・チームは全米航空協会からロバート・J・コリアー・トロフィーを授与されました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ