話題

話題

ピラニアのような世界最古の肉食系魚

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、World’s Oldest Known Piranha-Like Flesh-Eating Fish
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

268 views

読了時間 : 約1分36秒

・研究者たちは、恐竜と同時に海に生息する新しい魚の種類を発見しました。

・彼らはピラニアのように鋭くとがった歯を持っていました。そして、それは他の魚の肉をかみ砕くのに使用しました。

 

 

古生物学者は、数百万年前に生息していた生物のさまざまな側面に関する情報を絶えず求めています。それらの起源の特定、周囲と進化、そしてこれらの生物が地球の過去を解明するのにどのように役立つかです。

 

最近、彼らは、恐竜が地球にいた約1億5000万年前に海に生息していた、新しい魚の種類であるpiranhamesodon pinnatomusを発見しました。 名前の通り、見た目がピラニアに非常に似ており、他の魚の肉を噛むために鋭く尖った歯を持っていました。

 

古生物学者は、ドイツのゾルンホーフェンにある同じ石灰岩の堆積物で、ピラニアのような魚と傷ついた獲物の両方を発見しました。 彼らはそれを進化と多様性の驚くべき例と言っています。

 

 

現代のピラニアと同じ方法で餌を食べる

この肉食性の魚は、他の魚の肉ではなくヒレを餌にする現代のピラニアと同じ方法で餌を食べます。 この種の行動は、彼らが賢いことを示しています。彼らはヒレが再生することを知っており、ヒレをかじると餌になることを知っていました。

 

古生物学者は、標本の顎を徹底的に分析した結果、鋤骨の外側(左右の鼻腔を隔てる小さくて薄い骨)と下顎と上顎の前部に尖った長い歯を見つけました。 また、下顎の側面にある関節周囲の骨にジグザグのエッジを持つ三角形の歯を見つけました。

 

歯と顎の形態の全体的な形状とパターンは、口の構造がひれと肉を引き裂くためだという事を示しています。 調査によると、初期のPiranhamesodon pinnatomusは、現代のピラニアの摂食行動に似ていた可能性があります。

 

 

予想外のこと

この肉食魚が恐竜時代のものだったのは驚くべきことです。 これまでに古生物学者が研究した硬骨魚類はすべて、他の動物を噛んだ形跡はありませんでした。 サメは地球に最初に現れて以来、肉を引き裂くことで知られていますが、硬骨魚は主に他の魚を飲み込んだか、無脊椎動物を食べてきたとされています。

 

earliest known flesh-eating fish

 

これは、他の魚を噛んだピラニアのような魚の最も古い記録です。さらに驚くべきことは、彼らが海に住んでいたということです。 今日、すべてのピラニアは淡水に住んでいます。

 

全体として、翼竜が飛んでいて恐竜が地球を歩いているとき、魚はお互いの肉やひれを噛んで海を泳いでいたと言えます。

 

化石がそのような魅力的な事実を投げ続けているので、研究者はより多くの驚きを見つけるために検索を続けるつもりです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ