話題

話題

惑星Xとは何か?真相に迫る

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、What Exactly Is Planet X? Facts and Theories
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

387 views

読了時間 : 約3分6秒

・惑星Xは、約400天文単位(AU)離れた場所にある架空の惑星です。

・私たちの太陽の周りの1つの完全な軌道を完了するには、最大20,000地球年かかる場合があります。

・惑星はまだ観測されていませんが、数学的な計算はそれがそこにあることを示唆しています。

 

百聞は一見にしかずで、惑星Xに関しては、天体の振る舞いの複雑な計算と海王星を超えた領域の軌道異常の注意深い観察が必要でしょう。

 

2015年、カリフォルニア工科大学の研究者は、太陽系に「惑星X」が存在する可能性があることを示す数学的証拠を発見しました。彼らはこの宇宙オブジェクトに–プラネットナインというニックネームを付けました。

 

架空の惑星は、冥王星をはるかに超えた大きな軌道で太陽の周りを回転します。海王星と比較して、平均して太陽から約20倍離れた軌道を回っています。惑星は、太陽の周りの1つの軌道を完了するのに、最大20,000地球年かかる場合があります。これを概観すると、海王星は平均軌道速度5.43 km / sで単一の軌道を完了するのに約165地球年かかります。

 

プラネットナインは、海王星や天王星と同様に、ガス状であると考えられています。質量は地球の5〜10倍、直径は地球の2〜4倍と推定されています。

 

「プラネットX」と「プラネットナイン」は互いに異なるものです

惑星Xは、海王星の奥に存在する目に見えない次元を超えた惑星についての陰謀説であります。1906年にアメリカのパーシヴァルローウェルによって最初に提案されています。しかしその理論は今、反証されています。

 

一方、架空のプラネットナインは、詳細な数学的モデリングとコンピューターシミュレーションに基づいており、太陽系外縁天体がはるか遠くにあることを示唆しています。

 

惑星ナインの証拠は、研究者が太陽系の最も外側の領域の海王星を越えたマイナーなオブジェクトの軌道で奇妙なクラスター化を観察したので、過去数年にわたって構築されてきました。

 

惑星、縮尺| 著者:James Tuttle Keane / Caltech

 

もし確実に発見されるならば、私たちの太陽系の9番目の惑星として冥王星に取って代わるでしょう。カリフォルニア工科大学の研究者がそれをプラネットナインと呼んでいるのはそのためです。ただし、一部の天文学者(および多くの素人)は、冥王星を9番目の惑星と見なしているため、代わりに「惑星X」または「惑星次」という用語を未発見の惑星に使用しています。

 

カリフォルニア工科大学の研究者は2015年にこの架空の惑星の証拠を提示しましたが、天体の実際の命名権は実際にそれを発見した個人にあります。

 

「惑星X」が見つかった場合、その名前はIAU-WGPSN(惑星系命名法のための国際天文学連合ワーキンググループの略)によって承認されなければなりません。

 

惑星Xについて基礎知識ができたところで、さらに深く掘り下げて、科学者が惑星Xがそこにあると考える理由をみていきましょう。

 

これまでで「惑星X」について私たちが知っていることは何か?

海王星の軌道から太陽から50AUまで伸びる太陽系外の星周円盤であるカイパーベルトを研究している研究者は、いくつかの準惑星と小さな氷の天体が一緒に集まる軌道をたどる傾向があることを観察しました。

 

カリフォルニア工科大学のチームはこれらの軌道を分析し、地球よりも大きい(しかし海王星と天王星よりは小さい)惑星が冥王星をはるかに超えて隠れている可能性があると予測しました。この未発見の惑星の重力は、カイパーベルトで発見された少なくとも5つの小さな天体(極端な太陽系外縁天体のグループ)のユニークな軌道を説明するかもしれません。

 

極端な太陽系外縁天体のグループ、惑星Xとその軌道| 著者:JPL; カリフォルニア工科大学

 

これらの太陽系外縁天体の軌道も同様に傾いており、1つのセクターで太陽に最も接近しています。彼らの奇妙な軌道は惑星(惑星X)によってのみ説明することができました。

 

いくつかの理論では、惑星Xが、太陽系の形成と初期の進化の間に木星によって実際の軌道から放出された巨大惑星のコアであることを示しています。準惑星とは異なり、惑星Xは重力によってその近隣を支配しています。実際、その支配的な領域は、私たちの太陽系の他の既知の惑星よりも大きいです。

 

4惑星Xの主な証拠

この架空の惑星の引力は、太陽系の4つの異常を説明します。

1.極端な太陽系外縁天体の軌道のクラスタリング。

2.既知の惑星の軌道にほぼ垂直な軌道を持つこれらのオブジェクトの高い傾斜。

3.セドナなどの海王星分離天体の高いペリヘリア(太陽に最も近い点)。

4.半主軸が15,000百万キロメートル未満の太陽系外縁天体の高傾斜。

 

長年の研究にもかかわらず、天文学者はまだ惑星Xがそこにあると確信していません。それが観察されない限り、その存在は完全に推測です。しかし、私たちは今、私たちの太陽系の惑星調査が不完全であるという確かな証拠を持っています。

 

惑星Xを見つけることは、2015 BP519の起源を含む、太陽系の多くの謎を解くのに役立つでしょう。それは、約550 kmの大きさで、拡張された散乱円盤オブジェクトとして説明されている「ありそうな」準惑星なのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ