話題

話題

PR

スーパーヒーローはお金持ち!コミック界の長者番付トップ14

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、14 Richest Superheroes Of Marvel and DC Comics
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

523 views

読了時間 : 約6分58秒

スーパーヒーローといえば、その超能力、強さ、女性を惹きつける能力について取り上げられることがほとんどで、同じことがスーパーヒロインについても言えます。しかし、この記事では、超自然的な力について、誰が優れているとか、そういう話をするつもりはありません。その代わりに、彼らの「富」について語ります。最もお金持ちなのは、誰でしょう?

 

ある映画の、ちょっと陽気なシーンでの会話が、とても印象的です。バリー・アレンがブルース・ウェインに「あなたの超能力は何ですか?」と尋ねると、ブルース・ウェインは簡単に「リッチなことだ」と答えるのです。【バリー・アレンはDCコミックス社のコミックのスーパーヒーロー、ブルース・ウェインは同社の別のヒーローであるバットマン】確かにバットマンは、お金持ちで、プレイボーイのような生活をしていて、慈善家でもあります。しかし、彼だけがそうなのではありません。

 

犯罪撲滅のために自分の財産を捧げた裕福なヒーローやプレイボーイは、少なくとも12人はいるのです。それでは早速、有名なマーベルとDCコミックスの世界で最も裕福なスーパーヒーロー14人をご紹介しましょう。

 

注:以下では、スーパーヒーローだけを取り上げますが、後に善人になった悪人も含まれています。ただし、レックス・ルーサー【スーパーマンの宿敵】、ドクター・ドゥーム【マーベル・コミックのキャラクター。ヒーローチーム「ファンタスティック・フォー」の最大の宿敵】、マグニートー【マーベル・コミックのキャラクター。 X-MENの宿敵】のような超リッチな悪役は含まれていません。

 

14. カイル・リッチモンド 別名 ナイトホーク

富の出所:リッチモンド・エンタープライズ
出版者:マーベル・コミック

 

スーパーヒーローに転身した億万長者の超悪玉、それがこのマント姿の犯罪取締人の物語です。ナイトホークは、リッチモンド・エンタープライズの創設者である父、アーサー・リッチモンドから富を得ました。彼のキャラクターはバットマンを大まかにベースにしており、ナイトホークはゴッサム独自の自警団といくつかの顕著な類似点を持っていますが、バットマンとは異なり、ナイトホークは常にスーパーヒーローだったわけではありません。

13. ジャネット・ヴァン・ダイン 別名 ワスプ

画像出典:Marvels

 

出版者:マーベル・コミック

 

金持ちの科学者の娘で、成功したファッションデザイナーの姪であるジャネット・ヴァン・ダインは、非常に恵まれた子供時代を過ごし、その結果、彼女は自己中心的で甘やかされることになりました。父親の死後、彼女はこの記事で紹介するほとんどのスーパーヒーローと同じように父親の財産を受け継いだだけでなく、羽を縮めたり生やしたりする能力も手に入れました。

 

彼女はアベンジャーズの創設メンバーの1人となり、長い間チームを牽引しました。2014年、IGN社はワスプを史上最も人気のあるコミックキャラクター100人のうち99位にランク付けしました。また、Marvel.comでは、最も偉大なアベンジャーズ50人の中で26位にランクインしています。ワスプは、2015年の映画『アントマン』にも短時間登場しています。

12. プロフェッサーX

純資産:7億5千万ドル
出版者:マーベル・コミック

 

X-MENの首謀者であり、世界最強のテレパシー能力者は、マーベル・ユニバースで最も強力かつ裕福なスーパーヒーローの1人であることは間違いありません。プロフェッサーXことチャールズ・エグゼビア教授の富のほとんどは相続によるものですが、彼はこの富を維持するために多大な努力も行っており、かなり頻繁に、仲間のミュータントの権利を促進するという目的を達成するために使い、Xマンションの修理費用を負担しています。

11. エンジェル/大天使

富の出所:ワージントン・インダストリーズ
出版者:マーベル・コミック

 

ウォーレン・ワージントン3世、別名エンジェルは、チャールズ・エグゼビア教授によってX-MENを結成するために採用された最初のミュータントの1人です。ウォーレンは羽毛の翼を持って生まれましたが、後に金属製の翼を手に入れ、大天使に変身しました。

 

彼は単に空を飛ぶクールなスーパーヒーローというだけでなく、多国籍企業であるワージントン・インダストリーズの唯一のオーナーでもあります。CEOとして、一般に公開される前から最新兵器技術を手にしています。

10. ブルー・ビートル(テッド・コード)

富の出所:コルド・エンタープライズ

 

このスーパーヒーローは、1960年代半ばにチャールトン・コミックスによって考案されましたが、ブルー・ビートルは、チャールトン・コミックスからの買収に成功した後、1980年代にDCユニバースに編入されました。テッド・コード、別名ブルー・ビートルは、ブルース・ウェインと比較することができます。彼は非常に裕福で、超能力を持たず、超近代的なガジェットに頼るのみなのです。

 

彼の莫大な富は、父親が最初に設立した数十億ドル規模の会社であるコード・エンタープライズからもたらされたものです。最終的にこの会社はブルース・ウェインによって買収され、ウェイン・エンタープライズの子会社となりました。

9. アイアン・フィスト

富の出所:ランド・インターナショナル
出版者:マーベル・コミック

 

ダニー・ランド、別名アイアン・フィストは、ランド・コーポレーションの創設者である彼の父親から、その財産のほとんどを譲り受けました。かなり恵まれた幼少期を過ごしましたが、雷公と過ごした時間が彼の人生を好転させ、スーパーヒーローに匹敵するほどタフになりました。パワーマン(ルーク・ケイジ)と同盟を結び、ヒーローズ・フォー・ハイヤーというグループを結成し、ニューヨークの街の安全を守っています。

8. オジマンディアス

富の出所:ヴェイト・エンタープライズ
出版者:DCコミックス

 

裕福な移民の家庭に生まれたエイドリアン・アレクサンダー・ヴェイトは、両親の悲劇的な死後、わずか17歳で一族の富を受け継ぎました。しかし、他のスーパーヒーローと同じように、彼は単に自分の名を成すためにすべてのお金を寄付しました。

 

数年後、世界をより良い場所にするという使命感から、ヴェイトは犯罪と戦うために、名前をオジマンディアスに変えました。「スーパーヒーロー」からの引退後は、数百万ドルの会社ヴェイト・エンタープライズを設立し、主に人道的な目的で使用しました。

7. バットウーマン

出典:Steve Epting (DCコミックス)

 

出版者:DCコミックス

 

バットウーマンことキャサリン・ケインは、バットマンに触発され、ゴッサムの犯罪と闘うために家族の財産を利用することを決意しました。ゴッサムで2番目に裕福な家庭に生まれた彼女は、家族の所有物のほとんどを受け継ぎ、その中には、バットマンやウェイン家が持っていないものも含まれています。

 

彼女の師であり、かつての恋人であったバットマンのように、彼女は超自然的な力を持たず、代わりに戦闘力と優れたガジェットを頼りにしています。口紅、ブレスレット、化粧品のようなむしろ女性的な製品に偽装された独自のバタランや他の洗練されたガジェットを持っています。バットウーマンは、1956年にDCコミックス所有の『Detective Comics』【刑事・探偵マンガ】に初めて登場しました。

6. エマ・フロスト

出典:Artgerm@SDCC(4503)/Twitter

 

純資産:9億ドル
出版者:マーベル・コミック

 

パワフルで、リッチで、美しく、白の女王としても知られるエマ・フロストは、スーパーヒロインであることに関して、もれなく全部を備えています。エマ・フロストが最初に登場したのは、1980年代版の『X-MEN』、『アンキャニィX-Men』でした。プロフェッサーXのように、彼女もまた、他の超自然的な能力を持つ洗練されたテレパシー能力者です。

5. グリーンアロー

画像出典:DCコミックス

 

純資産:30億ドル
富の出所:クイーン・インダストリーズ
出版者:DCコミックス

 

ファンの多いスーパーヒーローのもう1人、グリーンアローことオリバー・クイーンは、実は裕福な家庭の出身です。彼は最終的に、多国籍企業であるクイーン・インダストリーズという家業を受け継ぎました。経済的なバックアップがあったにもかかわらず、彼は弓と矢を選んだのです。ロビン・フッドに強くインスパイアされたグリーンアローの服装と武器は、彼を中世のヒーローの1人として表現しています。

4. ネイマー 別名 サブマリナー

 

出版者:マーベル・コミック

 

ネイマーは、キャプテン・アメリカと初代ヒューマン・トーチに次ぐ、コミック黄金時代の三大人気キャラクターの1人です。船乗りの息子でミュータントのネイマーは、最強の海底王国アトランティスの支配者であり、超能力を持っているだけでなく、世界の全海洋を所有していると断言しています。

 

彼の領土は広大で、沈没した海の宝物や希少な資源など、貴重な資源がすべて彼の指揮下にあることを想像してみてください。サブマリナーは、アベンジャーズ、ファンタスティック・フォー、その他の主要なコミックシリーズに所属し、常にマーベル世界の重要なスーパーヒーローの1人です。

3. バットマン

画像出典:Flickr

 

純資産:100億ドルから120億ドルの間
富の出所:ウェイン・インダストリーズ
出版者:DCコミックス

 

黒いマントを身にまとった十字軍騎士であるこの人物を、小悪党は恐れ、大物悪党は避けようとします。偶然にも億万長者である彼こそは、バットマンことブルース・ウェイン。幼い頃に家族を亡くしたことで、彼は自分の芯を固め、バットマンという人格を作り上げなければならなくなりました。

 

日中、ブルース・ウェインはプレイボーイを演じており、親の金で暮らし、ゴージャスな女性たちと交際するなど、自分の正体を隠しています。夜は、ゴッサムの街を敵から守る救世主となります。超能力を持たないバットマンは、自分のバットケイブで製作した近代的な機械やガジェットの助けを借りて敵に対処するのです。

 

バットマンのキャラクターや性格は、他の多くのスーパーヒーローに影響を与え、そのうちの何人かはこの記事で紹介されています。

2. アイアンマン

純資産:300億ドル
富の出所:スターク・インダストリーズ
出版者:マーベル・コミック

 

アイアンマンことトニー・スタークのようなスキル、カリスマ性、富を持っているなら、誰が超能力を必要とするでしょうか?つまり、彼のクールでスーパーなガジェットを欲しがらない人はいるでしょうか?現代技術、特にスーツやその他の武器の助けを借り、莫大な富に支えられたトニー・スタークは、間違いなく最も強力な超人の1人です。

 

当初、アイアンマンのコンセプトは、伝説的なスタン・リー【漫画原作者】によって、冷戦をテーマにしたコミックに持ち込まれたもので、基本的には、共産圏との戦いにおいて、アメリカの技術や新興企業が重要な役割を果たすことを示すものでした。しかし、時が経つにつれ、このコミックは冷戦からテロリズムなどの現代的な問題へと焦点を変えていきました。

1. ブラックパンサー 別名 ティチャラ

純資産:90兆ドル
出版者:マーベル・コミック

 

マーベル・コミックは、1966年のファンタスティック・フォー第52弾で初めてブラックパンサーを登場させました。彼の登場は、ゲイブ・ジョーンズやファルコン、さらにはデル・コミックのロボといった他のマーベルのスーパーヒーローよりも早く、ブラックパンサーはアメリカのコミック史上初の黒人ヒーローとなりました。

 

洗練された黒い服装に尖った耳、そしてあらゆる近代的なガジェットを備えたブラックパンサーは、多くのバットマンファンがブルース・ウェインと重ね合わせるかもしれませんが、そこには違いがあります。

 

技術的に先進的なアフリカの国の最高指導者として、彼はキャプテン・アメリカのシールドを作ったビブラニウムという希少金属を支配しています。その金属の破片を世界の他の地域に売って、どれだけの富を得たか想像してみてください。

おすすめタグ