話題

話題

小さいピクセルドットの開発で巨大なスクリーンにも耐えうる高画質化 次世代の小型ピクセル

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Researchers Create Smallest Pixels For Large Flexible Display Screens
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

2,149 views

読了時間 : 約2分0秒

・今までよりも最小に作られたピクセルはビル全体を十分に覆えるほど大きく大規模なスクリーンを作るのに使われます。

・これらのピクセルは現代の携帯電話に使われているものより何百万倍も小さいです。

 

ここ数十年の間、プラズモンのメタ表面は強化された視覚的現象の広々とした範囲をサポートし、発動、画像、感覚、そして平らなパネルディスプレイのようなアプリをリードする価値のあるツールとして出現してきました。特に、ディスプレイアプリは完全な色彩全範囲と高い空間の分析を生み出すのに有能です。そして、最近の進化によってなの印刷技術はこれを可能にしてきました。

 

しかしながら、プラズモンの彩色をすぐに調和するのは難しく、コストのかかる複雑な石版術方式を必要とします。現在、ケンブリッジ大学の研究者は費用のかからない方法でしなやかなプラスチックフィルム上でいろいろな規格部品で作られるカラーピクセルを開発している。今までよりも最小に作られたピクセルはビル全体を十分に覆えるほど大きく大規模なスクリーンを作るのに使われます。

 

こんな小さいピクセルをどうやって作ったのか?

 

何年もの間、世界中の科学者はイカやタコの変色可能な皮膚を真似、環境に融合できる物質の原料の開発を試みてきました。そして、極端に精密な層が何層も必要なために製造コストの削減は可能ではなかったのです。この研究で、研究者は現代の携帯電話に使われているものより何百万倍も小さいピクセルの製作を可能にしました。このために、小さく微量の金の下に光の分子を閉じ込めました。

 

参照: Science Advanced/デジタルオブジェクト識別子:10.1126/sciadv.aaw2205 |ケンブリッジ大学

 

この小さい金の分子は(ナノメートルスケール)反射する表面の上に置かれ、隙間との間に光を埋め込めます。薄く粘着のあるコーティングは一つ一つ全ての金の分子の周りに塗布されます。このコーティングの科学特性は流動を変えることで変更可能です。究極的には、スペクトルの間でピクセルの色を変えます。

 

 

この小さいピクセルを作るためには、科学、物理、そして製造などの違う分野の研究者がポリアニアンという名のポリマーを作ることで金の分子の大桶の表面を覆い、しなやかな(鏡で覆われた)プラスチックにスプレーを吹きかけました。これはかなり生産コストを削減されました。ピクセルは快晴の昼間での可視でき、この色を維持するのに継続的なエネルギーを必要としないため広範囲で能率的に使用されています。

 

次は何?

 

この種類の革命的な方式で維持できるテクノロジー実習が出来ます。ナノメートルスケールで、たとえアクティブピクセルがフィルムの1/10のコストがかかったとしても、並外れた物理の光の法則はコントロールされます。振動する金の構造の中での物理範囲よりも大きいサイズの各々のピクセルによってこれは起こります。

 

これらのピクセルはカスタマイズされたソーラー熱量の構造、アクティブなカモフラージュされた衣と服、大規模なディスプレイスクリーン、そしてやがてやってくるIOTのデバイスを含む未来の何トンものアプリに使用出来ます。

 

参照: World’s Smallest, Single Atom Transistor That Works At Room Temperature

 

今日、研究者は彩色の範囲の改良とこのテクノロジーをもっと開発するために他の企業/組織と共同研究を試みている。

おすすめ新着記事

おすすめタグ