話題

話題

あなたの考え方を変えるかもしれない世界のおもしろい理論や仮説

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、11 Strange theories & hypothesis that will Challenge your Mind
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

583 views

読了時間 : 約6分14秒

簡単な言葉で言えば、理論とは反射的で合理的な思考の一般化です。一方で、仮説は起こった現象に対する提案された説明です。どちらも、教訓の発展に同じくらい重要です。しかし、ここで終わりではありません。理論や仮説は定期的に精査される対象となります。発展した現代の技術が利用できるようになっったおかげで多くの有名で影響力のある過去の理論が論破されるようになりました。これから面白い理論と仮説をご紹介します。

 

 

11.豊かな宇宙理論


ウォータールー大学の物理学博士リー・スモーリンは、宇宙的自然淘汰の仮説、豊かな宇宙理論としても知られている仮説を提唱しました。彼の著書「宇宙の生命」において、彼は生物学的自然淘汰の過程は壮大なステージで怒っていると述べています。

 

 

彼の理論では、ブラックホールが宇宙の自然淘汰において重要な役割を担っているとしています。彼の理論によると、ブラックホールが崩壊する度、新しい宇宙が発生するとしています。宇宙の「再生」と「突然変異」の進化論モデルを含んでいます。

 

 

10.ボストロムのトリレン

少なくとも1度はマトリックスシリーズを見たことがあるでしょう。作られているのは私達で、完全にそれに気が付いていない作られた世界で生きているとしたらどうでしょう。2003年、ニック・ボストロムは「シュミレーション論」、ボストロムのトリレンとしてもしられている説を提唱しています。ボストロムのトリレンは、私達が作られた世界に生きていると直接的に述べているわけではなく、その代わり以下3つの提案が正しいとしています。

 

 

1.人類は「ポストヒューマン」ステージへ到達する前に絶滅する
2.ポストヒューマンの文明は、自分たちの進化の歴史(またはそのバリエーション)について何度もシミュレーションを行う可能性は極めて低い
3.私たちはコンピューターシュミレーションの世界に住んでいる

 

 

人間学的論理によって彼は主張しています。もし3番目の提唱が正しくほとんどの人類がシュミレーションを経験しているとしたら、私達は確実にシュミレーションの世界を生きていることになります。ボストロムは、彼の議論は「懐疑的仮説」の概念を超えて、「形而上学的仮説」であるとも主張しています。

 

 

多くの哲学者たちはこの議論に反対しています。「シムス」は、シミュレートされていない人間と同じように意識的な経験を持たないし、そうでなければ、人間にとって自分がシムではなく人間であることは自明のことになります。

 

 

この理論と関係なく、最近の宇宙計算では私達が知っている宇宙は本当は巨大なコンピューターシミュレーションだと示しました。

 

 

9.タブララーサ

タブララーサはラテン語で「ブラックステート」という意味です。タブララーサの概念はアリストテレスの古代文書にさかのぼります。タブララーサ、ブラックステートは個人は精神的なものは持たず生まれてきて、すべての知識は後々の経験や知覚からくるという認識論的概念を示しています。

 

 

この理論の支持者は精神はある程度の知識の中で既に生まれているという事実を支持しているイナティズムの教義反対しています。タブララーサに対抗する証拠は遺伝子の動きから来ています。様々な研究で強い遺伝子の特徴が個人の特性に影響を与えると示しています。

 

 

8.火星の運河

火星の表面の北緯60度から南緯60度までの赤道地帯の長い直線のネットワークがイタリアの宇宙飛行士ジョヴァンニ・スキアパレッリによって1877年にはじめて言及されました。火星に運河があるのは共通の信念でした。

 

 

多くの人々が灌漑のために火星の知能ある文明が運河を作成したという提案を支持していました。しかし、この神話は天体観測の向上により、「運河」が単なる目の錯覚であることが判明した20世紀初頭に打ち破られました。

 

 

7.四面体仮説

長い間、多くの科学者が大陸と海洋底の起源の謎を解こうとしてきました。ロージアン・グリーンは幾何学の基本原理を利用して問題を解こうとした最初の科学者の一人です。彼の仮説は均等な4つの平面を持つ固体で、それぞれ正三角形である正四面体の特徴基づいています。

 

 

彼は私達の地球は球ではなく正四面体だと提唱しています。沢山の実験の結果、もし球が同じ圧を全ての面で受けたら、正四面体に変化していくだろうと主張しました。彼によると、地球の内外の異なる冷却と地殻を冷却する速度が内部を崩壊し、最終的に正四面体の形になるとしています。

 

 

6.エーテル

古代化学によると、エーテルは地球の上を覆っている物質であるとしています。科学者たちは、19世紀、エーテルが空間全体に広がっていて、真空中で光が伝わる媒体になっていると仮定し、この理論は一般に「ルミナス・エーテル」と呼ばれています。

 

 

この概念は、物理的な物体との相互作用がない、目に見えない無限の物質の存在を提唱するもので、19世紀から20世紀にかけて大きな議論の的となりました。自然の光を理解するためにより詳しい研究が19世紀に行われました。この理論とエーテルに要求された物質的性質はますます矛盾するようになりました。

 

 

普及しているエーテル理論の最初の説得力のある証拠は、マイケルソン・モーリーの実験でした。この実験は物の相対運動を安定した発光性のエーテルを通じ、垂直方向の光の速さを比較することによって見つけることから始まりました。

 

 

5.常温核融合

核融合は数百万度の温度の時にだけ発生すると考えられています。しかし、1989年、電気化学者のマーティン・フレッシュマンとスタンリー・ポンズが核融合はより低い温度でも発生する可能性があると提唱しました。この発見は科学的な意味だけでなく、商業的可能性も含まれていました。

 

 

この仮説をより詳しく調査するため、彼らはパラジウムカソードと重水を熱量計(温まる過程を測るために設計された断熱容器)にいれる方法で電解実験を行いました。多くの科学者たちがこの結果を真似しようとしましたが、結局否定的な結果に終わりました。この仮説は最終的に当初の実験内の欠陥が発見されることで終息しました。1989年の間、この仮説は病理学としても評判を得ていました。

 

 

4.潰瘍のストレス理論

消化性潰瘍が20世紀に一般的になるにつれて、医師たちは、ストレスや鬱が潰瘍の唯一の原因だと確信するようになりました。ストレスが胃酸のレベルを高くするかもしれないという少量の根拠がありますが、潰瘍の発生の科学的説明にはなっていませんでした。

 

 

この概念に反して、1982年、バリー・マーシャルとロビン・ワーレンが潰瘍は人間の腸内のバクテリアに起因していると主張しました。医者や科学者たちのほとんどはどんなバクテリアも胃の中の酸性の環境ではいきれないと、この主張を否定しました。2005年、彼らはどちらもピロリ菌と消化性潰瘍内の役割の発見でノーベル賞を受賞しました。

 

 

3.フロギストン説

フロギストン説はフロギストンやテラピンギスと呼ばれる火が可燃性の物体を含んでいて、燃えている間にそれを解放していると仮定した転覆した科学理論です。この理論は、ヨハン・ベッヒャーによって早くて1667年頃に唱えられ、後にジョージ・アーンスト・スタールによって支持されています。

 

 

彼の本「」の中で、ベッヒャーは古典的な4つの要素に言及し、火、水、空気をテララピス、テラフルイダ、テラピンギスに置き換えている。彼は、テラピンギスは可燃性の物質が燃える際の、燃焼と解放の重要な特徴だとしています。

 

 

しかし、ベッヒャーの支持者であるジョージ・アーンスト・スタールによって、テラピンギスはフロギストンという名前に変更されました。フロギストンは1780年代まで、アントワーヌ・ラヴォアジエが燃えるにはガス(酸素)が必要だと提唱するまで、唯一の理論とされていました。

 

 

2.トルーマンのパラドックス

1907年、アルベルト・アインシュタインは、「過去への転送(アインシュタインとゾンマーフェルト)」として知られている、光よりも速い信号が因果関係のパラドックス、を引き起こすという思考実験を行いました。その約10年後の1917年、リチャード・チャンス・トルーマンが後にタキオン反電話として知られる架空の装置を利用して同じ実験を行いました。タキオン素粒子は架空の素粒子で、光より早く動き、そのような粒子は、素粒子物理学の標準モデルでは理論的にも存在しません。

 

 

このパラドックスを理解するためにはまず、そのバリエーションを理解する必要があります。

例1)
AからBまでの距離を仮定します。AからBへ速度αで信号を送ります。Bへ到達する方程式:ここでは、A地点のイベントがB地点でのプロセスを引き起こします。 ローレンツ変換によると、もしa>cを示すことができれば、vのある値はt’の値を負にすることができます。この実験の他のバリエーションは、信号を送付元に戻ることです。

 

例2)
A地点は地球からx方向に速度vで遠ざかる宇宙船の上にあるとします。「A」は地球にある「B」へメッセージを送りたいです。ここで、「B」の参照枠”{\displaystyle S}”の座標の原点を、「A」の信号が「B」に受信された時と一致させるとします、「B」がすぐに「A」に信号を送り返すとすると、その返信信号の座標は:これは、「A」地点がメッセージを「B」へ送る前に受け取ることとなります。不思議ですよね。

 

 

1.リサイクル宇宙論


2010年、オックスフォード大学のロジャー・ペンローズがアメリカのエレバン国立大学のバッヘ・ガーザディアンと共に、現宇宙のビッグバンの前に宇宙が存在していた可能性を提唱しました。これらの観測は、宇宙から送られてきたWMAPのデータに見られる同心円を元に実施されました。

 

 

彼らは、現在私達が住んでいる地球はビッグバンの終わりのない一連の結果であると主張しました。彼らの主張を支持するため、宇宙マイクロ波(CMB)スペクトルのWMPAデータの同心円の中の温度の変動を指摘しました。彼は、変動は以前の時代に起き、激しいエネルギーを放出した超大規模なブラックフォール同士の衝突によって作られていると提唱しています。

 

 

そのエネルギーは、重力波の均一な球体となって外に放射され、私たちが生きている現在のエポックに入ると、CMB上に円が残ることになるのです。しかし、最近の研究では、その輪っかは標準モデルの特徴で、重要ではないことがわかってきました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ