話題

話題

PR

恐るべき水の威力。歴史に残る「大洪水」トップ15

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、15 Biggest and Worst Floods Ever in History
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

368 views

読了時間 : 約4分53秒

私たち人間は、存在が始まって以来、自然という大きな力をある方法から別の方法でコントロールしようと試みています。先史時代、私たちの祖先は火について学び、基本的ニーズのために火を使いました。しかし、その火は、使い方を誤ったり、扱い方を誤ったりすると、破壊を引き起こしました。

 

これは、私たちが今知っている自然のバランスです。コントロールしようとすると、自然そのものが報復し、私たちに対して優位性を示すようになるのです。洪水は、人類や地球上の他の生物に復讐するための、最も残酷な自然の方法のひとつであることは間違いありません。

 

これは避けられないことで、人類はそれを止めることはできないのです。宇宙人ならできるのでしょうか?わかりませんが、もしできるのなら、私たちは少し助けてもらえるかもしれませんね。この記事では、人類の文明の歴史上、最大かつ最悪の洪水について紹介します。

 

15. 聖マルケルスの洪水(1362年)

1362年1月16日、大西洋の南西風による破壊的な強風、グローテ・マンドレンケがイギリス諸島、オランダ、ドイツに吹き荒れました。この巨大な暴風雨は内陸部まで押し寄せ、町や地区を丸ごと消滅させました。

 

この暴風雨は、13世紀から14世紀にかけての多くの暴風雨とともに、オランダ北西部のゾイデル海の形成に重要な役割を果たしました。この暴風雨は、「第2聖マルケルス洪水」とも呼ばれます。

 

14. バングラデシュ飢饉(1974年)

1974年、バングラデシュはモンスーンによる史上最大・最悪の洪水を記録しました。東南アジアのこの国は、その地理的条件から何度も洪水に遭遇していましたが、これほどの惨状を見たことはありませんでした。

 

国全体が絶え間ない洪水に見舞われ、飢饉や多くの病気が発生したのです。1974年の洪水では、3万人が死亡し、数え切れないほどの人々が重い病気にかかりました。

 

13. 長江の洪水(1954年)

長江は、アジアで最大、世界で第3位の大河であり、中国のGDPの20%近くを占める川でもあります。しかし、歴史的に見ると、この川は世界で最も暴力的で凶暴な川のひとつとも言われています。1954年、中国中部の湖北省を一連の大洪水が襲いました。

 

これらの洪水は、多くの重要な理由で重大なものでした。まず、1954年春、中国中部と長江の中心部では、降水量が膨大になり、さらに雨季が長引いたため、6月下旬頃に長江は通常の安全レベルを大幅に超えてしまったのです。

 

重要な水門を開き、迂回させて水位上昇を抑制するなどの対策がとられたものの、洪水量は増え続け、湖北省荊州市で44.67m、武漢市で29.73mという歴史的高水位を記録しました。

 

12. 聖マルケルスの洪水(1219年)

1219年、オランダの西フリースラント州とフローニンゲン州の海岸で発生した「第2聖マルケルスの洪水」です。この洪水は莫大な財産被害をもたらし、36,000人が溺死しました。

 

11. 東グアテマラの洪水

1949年の東グアテマラの洪水は、太平洋のハリケーンがもたらしたもので、発生した洪水問題は1カ月間続きました。この災害でグアテマラでは約4万人が死亡し、他の災害と同様、多くの人が家を失いました。

 

10. 北海の大洪水(1212年)

オランダには、長年にわたる、一連の洪水の歴史があります。その理由のひとつは、もともとライン川、ムーズ川、スヘルト川の3つの大きな河口と、その支流によって国が形成されていることです。1212年の北海の大洪水は、この国で起こった最悪の洪水ではないかもしれませんが、それでも約6万人の死者を出しました。

 

このような大規模な洪水が発生すると、どんなに先進国であっても、ただただ無力感を感じます。この洪水の被害を受けた地域の復興には、何年もかかりました。

 

9. 聖ルチア祭の洪水(1287年)

1287年12月12日、オランダと北ドイツで聖ルチア祭の洪水が発生しました。これはオランダの歴史上6番目に大きな洪水で、約8万人の命が奪われました。

 

この大災害の主な原因は、大潮とヨーロッパの激しい風雨、そして低気圧が重なり、北海の平均海面から5.6メートル以上水位が上昇したことです。聖ルチア祭の洪水は、その後のオランダの歴史に大きな影響を与えました。

 

8. 長江の大洪水(1911年)

この年の長江の大洪水は、中国がこれまでに経験したことのない大災害のひとつでした。長江(揚子江)はアジアで最も長く、世界で3番目に長い川で、チベットの青海氷河から上海の東シナ海まで、6300kmにわたって流れています。

 

この川は、中国の灌漑、輸送の主要な源です。世界最大の水力発電所は、この川に建設されました。1911年の洪水では、約100万人の死者を出し、甚大な財産損失をもたらしました。

 

7. ハノイの紅河デルタの洪水(1971年)

紅河デルタは、ベトナム北部の約15,000平方キロメートルに広がっています。ベトナム戦争中の1971年、紅河デルタの洪水により、ハノイでは100万人以上の死者が出ました。

 

6. 聖フェリクスの洪水(1530年)

1530年11月5日、聖フェリクスの聖名祝日にオランダで洪水が発生しました。国土のほとんどが流され、120万人以上が犠牲になりました。現在、フランダース、ゼーラント、ライマースワールの各都市の大部分を含む水没地域は、完全に塩湿地帯と化しています。この日は、後にオランダの歴史上、悪の土曜日として認識されています。

 

5. 長江の大洪水(1935年)

1935年、中国南東部の長江(揚子江)で、またもや洪水が発生しました。長江流域は、毎年夏になると自然氾濫を起こす、世界でも有数の洪水頻発地帯です。この洪水は、1911年の洪水よりもさらに残酷なものでした。15万人以上の死者を出し、渓谷の住民が持っていたものをすべて破壊してしまったのです。

 

この洪水のために、マラリア、皮膚炎、結核など、水を媒介とする危険な病気が発生し、全国民を悩ませました。

 

4. 板橋ダム決壊(1975年)

板橋貯水池ダムは、中国河南省の汝渓に位置します。1975年、ニナ台風で破壊された駐馬店市の62のダムの中に、板橋貯水池も含まれていました。

 

人民日報によると、このダムは1日300mm以上の降雨に耐えられるように設計されていましたが、台風の影響でダムが処理できる雨量の2倍近い雨が降りました。1975年8月、このダムの決壊により、中国は半水浸しになったのです。

 

16万人以上が死亡し、数百万人が何日も水中で生存を賭けて闘うことになりました。報告によると、およそ5億ドル以上の財産が失われたということです。

 

3. 黄河決壊事件(1938年)

1938年の黄河決壊事件は、最大の環境戦争行為でした。日中戦争中、中国は日本軍から圧力を受けており、当時の国民党政府は、日本軍の進出を阻止することを決定しました。

 

そこで、黄河の堤防を破壊し、河南省、安徽省、江蘇省付近の集落に黄河を自由に流れ込ませることにしました。得るものは何もなく、この洪水の戦略的価値は疑問視されています。日本軍はその範囲外であり、さらに言えば、その軍を止めることもできなかったのです。

 

報告書では約80万人が溺死したとされていますが、これは控えめな表現でしょう。

 

2. 黄河大洪水(1887年)

1938年の黄河決壊事件の約半世紀前、1887年にも同じ黄河で大災害が起きています。1887年9月28日、黄河の水が溢れ出し、900万人以上の死者を出しました。200万人以上が家を失い、5万平方キロメートル以上の土地が水没し、農地や商業センターが破壊されました。

 

1. 中国大洪水(1931年)

1930年、中国全土が大干ばつに見舞われたとき、人類史上最悪の洪水が発生しました。1930年末の冬から始まった中部地方の孤立した気象条件により、冬の大吹雪とそれに続く大雨が河川の水位を大きく上昇させました。

 

1931年になると、サイクロンの活動が激しくなり、状況は一段と悪化しました。1931年7月、3大河川の水位が上限を超え、大洪水が始まったのです。

 

中国の公式発表では、14万5,000人近くが命を落としたとされています。しかし、それとは対照的に、外部の多くの情報源では、もっと多く、400万から500万人もの人々が亡くなったと主張されています。

おすすめタグ