話題

話題

PR

世界の生物多様性が進んでいる17カ国

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、17 Megadiverse Countries In The World
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

172 views

読了時間 : 約6分36秒

メガダイバーシティの国々とは、生物多様性が70%以上進んでいる国であり、1998年にコンサベーションインターナショナル(CI)によって認定され、世界の国々の生物多様性保全に対する意識を高めています。

 

CIによると、メガダイバーシティは17か国あり、ほとんどが熱帯または亜熱帯地域にあります。 これから、独自の進化をしているユニークな17の国を紹介します。

 

 

17. マダガスカル

 

Madagascar

 

以前はマダガスカル共和国として知られていたマダガスカル島は、無数の動植物が生息しており、その約90%は固有種または在来種であり、地球上の他の場所では見られません。

 

14千以上の植物種があります。 それらのほとんどは世界中のどこにも生息していません。島に生息するキツネザルは103種類いるため、キツネザルは「マダガスカルの主力哺乳類」となっています。

 

 

16. インド

 

India

 

インドはアジアで3番目に大きい国(ロシアと中国に次ぐ)であり、地球上に生息する花と両生類の6%、爬虫類の7.9%、哺乳類の8%以上、魚(魚)の12%が生息していると知られています。

 

インドで見つかった哺乳類の約12.6%は固有種(原産)であり、ベッドドームのヒキガエルやニルギリラングールなどがいます。特に爬虫類と両生類の固有種の数が多く、それぞれ46%と56%です。

 

国際自然保護連合(IUCN)によると、インドには、ベンガルトラ、ユキヒョウ、アジアライオンなど、絶滅の危機に瀕している約170種の動物が生息しています。 インドハゲワシやインドオオノガンなどの特定の鳥種は、現在絶滅の危機にあります。

 

 

15. ペルー

 

Peru

画像: Wikimedia

 

ペルーは南米西部に位置し、エクアドル、コロンビア、ボリビア、ブラジル、チリと国境を接しています。北から南に太平洋と平行に走るアンデス山脈は、国を3つに分割しました。

 

まず、太平洋に隣接する狭い平原を覆う海岸。 第二に、主にアンデスからなるシエラまたは高地地域、そして第三に、東のアマゾンの熱帯雨林に包まれた平地があります。

 

エルニーニョの発生(約4年ごと)が、周囲の気候を強めています。 ペルーは熱帯雨林とアンデスの自然のおかげで、21,000種以上の動植物が生息し、そのうち6,000種近くが固有種です。

 

 

14. エクアドル

 

ecuador

 

コンサベーションインターナショナルによると、エクアドルは1平方キロメートルあたりの生物多様性が他のどの国よりも多い国です。ダーウィンの進化論の発祥の地として有名なガラパゴス島には、膨大な数の固有種が生息しています。

 

合計で1,600種の鳥、16,000種の植物、6,000種の蝶が生息しています。 またエクアドルは、初めて自然の権利を認める憲法を施行した国です。

 

 

13. ベネズエラ

 

Venezuela

画像: Wikimedia

 

正式にはベネズエラボリバル共和国である[または単に]ベネズエラは、生物多様性が非常に高い州と見なされています。森林は、西のアンデス山脈から南のアマゾンの熱帯雨林まで、国のすべてを覆っています。

 

合計1,400種以上の鳥が生息しており、そのうち48種が固有種です。 報告によると、ベネズエラには3,900種の菌類があり、25,000種以上のランが発見されました。

 

21,000種の植物の約38%がこの国に固有のものです。 さらに、20世紀初頭に巨大な石油鉱床が発見され、この国は世界最大の石油埋蔵国になりました。

 

 

12. メキシコ

 

mexico

 

メキシコは世界の生物多様性の12%が生息しており、20万種が生息しています。北回帰線で2つの異なる気候帯に分かれています。23.5度の北の土地は温暖な気候で、南部は熱帯気候です。

 

爬虫類(707種)は生物多様性で1位、哺乳類(438種)は2位、両生類(290種)は4位、花(26,000種)は4位にランクされています。 34の生物圏保護区、67の国立公園、17の保護地域があります。 2002年に、メキシコは森林減少率が最も高い国のリストで、ブラジルに次ぎ2番目にランクされました。

 

 

11. 中国

 

China

画像: Wikimedia

 

中国は、旧北区と東洋区の2つの主要なエコゾーンの間にある多様性の国の1つです。 34,000種以上の動植物が生息しており、世界で3番目に生物多様性の高い国です。

 

中国には、551種の哺乳類、1,221種の鳥、424種の爬虫類が生息しています。146,000種類の植物と10,000種類以上の菌類が生息しています。1992年7月11日にリオ条約に署名し、翌年に条約の締約国となりました。

 

 

10. インドネシア

 

Indonesia

画像: Wikimedia

 

インドネシアは東南アジアにある14,000もの島からなる国です。固有種の総数では2番目にランクされており、メガダイバーシティの国の1つです。

 

ブラジルに続いて、1,531種の鳥、515種の哺乳類など、最高レベルの生物多様性があります。しかし、最近の人口増加により、バリスターリング、ジャワサイ、スマトラオランウータンなど、15種が絶滅危惧種として特定されています。

 

 

9. オーストラリア

 

Australia

画像: Wikimedia

 

オーストラリアはほとんどの地域が半乾燥および砂漠気候ですが、高山から熱帯雨林まで多様な動植物がいます。 大陸は孤立した場所にあるため、その種のほとんどが固有種です。

 

オーストラリアには、爬虫類が755種おり、世界で最も多い国です。 植物では、多くの常緑樹種、特にユーカリがあります。 動物では、カンガルー、コアラ、ウォンバットがオーストラリアの名物です。

 

 

8. コンゴ民主共和国

 

Democratic Republic of the Congo

画像: whc.unesco.org

 

コンゴ民主共和国は中央アフリカの国です。 隣国のコンゴ共和国と混同しないようにしてください。 かなり大きいです。 以前はザイールと呼ばれていたコンゴ民主共和国の熱帯雨林には、チンパンジーやボノボ、マルミミゾウ、シロサイなど、さまざまな生物多様性があります。

 

 

7. マレーシア

 

Malaysia

画像: Wikimedia

 

マレーシアは、東南アジアにある連邦君主国です。 世界の17の巨大な国のひとつであり、固有種が多数生息しています。

 

1993年6月12日に生物多様性に関するリオ条約に署名し、1994年6月24日に同盟国になりました。これには、世界の動物種の約20%が含まれています。

 

ボルネオの山々は多様な森で、高レベルの動植物が発見されています。 国内には約210種の哺乳類がいます。 ボルネオ島にも固有の鳥類が数多く見られます。

 

この国には、約250種の爬虫類、150種のヘビ、80種のトカゲがいます。 さらに、約150種のカエルと数千種の昆虫がいます。 マレーシアのユニークな生物多様性は、世界中から何百万もの観光客を集めています。

 

 

6.パプアニューギニア

 

Papua New Guinea

 

パプアニューギニア独立国、またはパプアニューギニアは、オーストラリアの真上にある太平洋の南西部に位置する比較的小さな国です。 オセアニアと呼ばれる地域の一部です。

 

パプアニューギニアは、オーストラリア、ニュージーランド、およびオーストラレーシアエコゾーンと呼ばれているインドネシア東部の多くと生物地理的に類似しています。 オーストラリアで見つかった動物や鳥の多くの種は、ニューギニアの対応するものと遺伝的に関連しています。

 

この国の生物多様性は世界の約5%を占めており、地球全体では1%になっています。

 

 

5. フィリピン

 

Philippines

 

フィリピンの熱帯雨林には、さまざまな植物、動物、海の生き物が生息しています。 国内で見つかった約100種の哺乳類と170種の鳥は固有種であり、地球上のどこにも見られません。 フィリピンは固有種の数が多い国の1つであり、10年強で約16の新しい哺乳類が発見されています。

 

フィリピンワシ(国鳥)やアオバネウチワインコなどの固有鳥類は、森林伐採や急速に生息環境が損失したことにより絶滅の危機に瀕しています。 フィリピン固有の淡水ワニは、世界で最も絶滅の危機に瀕しているワニの一種です。

 

 

4. 南アフリカ

 

south africa

 

南アフリカはアフリカ大陸最南端で9番目に大きい国です。 世界で6つの花の王国の1つで、22,000以上の異なる維管束植物があり、地球上に生息する植物種の約9%を占めています。

 

アフリカヒョウ、オグロヌー、ハイエナ、カバ、南アフリカのキリン、チーターなど、多数の哺乳類が、この国の亜熱帯林であるブッシュベルドで見られます。 ブッシュマンウサギのような多くの絶滅危惧種は南アフリカの固有種です。

 

1945年には4900種強であった南アフリカで発見された真菌種の総数は、2006年に約20万種と推定されています。

 

 

3. アメリカ合衆国

 

USA

 

アメリカもまた、メガダイバーシティの国の1つです。 アメリカだけでも、428種の哺乳類、784種の鳥類、311種の爬虫類、および295種の両生類が生息しています。 現在までに、91,000種の昆虫が国内で登録されています。

 

白頭ワシは、アメリカの国鳥であり、動物でもあります。 合計58の国立公園と、他の何百もの連邦公園と森林があります。

 

 

2. コロンビア

 

Colombia

 

コロンビアには約45,000の植物種があり、全世界の20%を占めています。 また、1,900種の鳥、2,000種の魚、約7,000種のカブトムシが生息しています。 両生類で2番目、爬虫類で3番目に多くの種類がいます。 国内には約30万種の無脊椎動物が生息しています。

 

 

1. ブラジル

 

Brazil

 

ブラジルはラテンアメリカと南アメリカで最大の国であり、世界で5番目に大きい国です。 土地が広いので、国中にさまざまなタイプの生態系があります。 これらは、アマゾンの熱帯雨林、大西洋の熱帯雨林、セラードと呼ばれているサバンナです。

 

アマゾンの熱帯雨林は、生物多様性が世界最大と見なされています。 一部の科学者は、ブラジルの動植物の総数は400万を超える可能性があると推定しています。

 

ブラジルには、ピューマ、ジャガー、ヤブイヌなど多くの哺乳類が生息しています。 赤ハラピラニアは、ブラジルのアマゾン盆地生息しており、他にも多くの多様な魚種が生息しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ