話題

話題

世界で最も裕福な24人のエンジニア(2021年版)

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、24 Richest Engineers in the World | 2021 Edition
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

57 views

読了時間 : 約11分48秒

エンジニア(技術者)たちは社会の発展において重要な役割を果たしています。彼らによる技術革新や取り組みのおかげで、私たちの生活はより楽しく快適なものになっているのです。

 

ではもしそうだとしたら、優秀なエンジニアはいつでも引く手あまたで、非常に裕福になる人が多いということになります。しかしながら、エンジニアならだれでも億万長者になれるわけではありませんよね。

 

億万長者となる人には何か違うものがあり、そうなるためには人並外れた何かをしなくてはならないのです。この記事では、その「人並外れた何か」をしたことで現在があるエンジニアを列挙しています。世界で最も裕福なエンジニアの人たちを紹介します。

 

24位. ババ・カリヤニ

資産届出額:23億ドル
情報源:Bharat Forge社、Kalyani Group

出身校:BITS (Birla Institute of Technology & Science) Pilani/インド、マサチューセッツ工科大学(機械工学)

 

カリヤニグループは、おそらく世界で最も大きな複合企業のひとつです。インドの有名な実業家であるニールカンスラオ・カリヤニが始めた会社です。彼の死後、息子のババ・カリヤニがMITの学者からこの世界的企業の会長になったのです。現在は、カリヤニグループの旗艦会社であるバラット・フォージの会長兼社長も務めています。2018年、同社は7億5千万ドルの年間収益を報告しました。

 

23位. オットー・ハッペル

Otto Happel

画像著作権: Spiegel

資産届出額:28億ドル
情報源: REA AG

出身校: アーヘン工科大学/ドイツ

 

オットー・ハペルは、ドイツ生まれでビジネス界における有力者であり、世界中に機器や技術を提供するGEAグループをかつて所有していた億万長者です。1974年にアーヘン工科大学でエンジニアリングの博士号を取得した後、彼の父親によって50年前に始められた家業のCEOに就任しました。

 

引き継いだ当時は小さかったこの会社を、食品加工・電化製品業界の世界的な大企業へと変えたのはハペルでした。彼の下で、同社は70以上のさまざまな買収を行ったことにより、60カ国以上で200以上もの出店につながったのです。1999年から2006年にかけて、彼は自身の保有するGEAグループの全株式を様々なステークホルダーや機関銀行に売却しました。

 

22. アジム・プレムジ

資産届出額: 71億ドル
情報源:Wipro Limited社、PremjiInvest社

出身校:スタンフォード大学/アメリカ(電気工学)

 

アズイム・プレムジは彼の父が1966年に亡くなった後、父親の食品及び食用油事業を引き継いだ。当時、彼はスタンフォード大学を卒業したばかりでした。彼が受け継いだ同社(ウェスタン・インディア・プロダクツ・リミテッド)は、当初は食用油製造の会社でしたが、その後、取り扱うものがパン、ボディケアやベビー用品、そして重機にまで拡大されました。

 

しかし1980年になると、この若く大胆なビジネスマンは、情報技術の分野における新たな可能性を予見し、テクノロジー分野に参入したのです。最初はマイクロコンピュータの製造からスタートし、そこからソフトウェア生産と技術コンサルティング会社へと徐々に範囲を広げていきました。2013年までに、同社はすべての非IT事業を分社化し、Wipro Enterprise社として設立したことを発表しました。

 

21位. ゲルマン・ハン

資産届出額:107億ドル
情報源:Alfa-Eco社、TNK-BP社、 LetterOne社

出身校:キエフ教育大学 (機械工学)

 

ドイツのボリソヴィッチ・カーンは、1966年にロシアの卸売貿易会社Alfa-Ecoの社長に就任しました。また、アルファグループによる買収後、TNK石油会社の副会長を短期間務めました。

 

TNK-BPは2013年にロスネフチに約560億ドルで引き継がれ、これはエネルギー取引史上最高額となりました。彼はまた、他のビジネスパートナーと共にLetterOneとL1Energyを共同設立しました。

 

20位. トーマス・クウォック

資産届出額:117億ドル
情報源:Sun Hung Kai Properties社

出身校:インペリアルカレッジロンドン・ロンドン (土木工学)

 

1990年以来、トーマス・クウォックと2人の兄弟(ウォルター、レイモンド)は共に、香港最大の不動産会社であり、世界で最も価値のある企業の1つであるSun Hung Kai Properties全体を管理してきました。しかし、2010年に長男のウォルターはCEOの座を降り、最終的に会社を去ったのです。

 

2012年、彼は重大な陰謀罪に問われ、2014年に刑を宣告されました。「公務における共謀罪」で有罪となったのです。彼は懲役5年の判決を受け、現在服役中です。

 

19位. ヴィクトル・ヴェクセルベルク

資産届出額:122憶ドル
情報源:Renova Group

出身校::モスクワ鉄道工学大学

 

ヴィクトル・ヴェクセルベルクは、ゴルバチョフ政権が1990年に民間企業に対する厳しい制限を撤廃すると、自身のビジネスを加速させました。NPOコンベック社を設立し、ロシアの億万長者で友人のレナード・ブラヴァトニクと共に、レノバ・グループ設立にも携わりました。

 

彼はシベリア・ウラルスアルミニウム社を共同設立したことにより、エリツィン政権下の鉱物産業における権力をさらに強化したのです。数年後、彼はロシア最大の石油会社であるTNKの株式のうち過半数を取得しました。

 

18位. ミハイル・フリードマン

資産届出額:168憶ドル
情報源:Diversified社, Alfa Group

出身校: モスクワ鋼合金研究所 (冶金工学)

 

ミハイル・フリッドマンは高校卒業後の1981年、モスクワ鉄合金研究所に在籍していました。エンジニアの資格を取得して2年後の1988年に、外国人向けのアパート賃貸業を立ち上げました。

 

同年、のちに億万長者となるゲルマン・カーンとアレクセイ・クズミチョフとともに、Alfa-Ecoを設立しました。現在、フリッドマンはAlfa Group、LetterOne、新設されたL1 Energyの過半数の株式を所有しており、ロシアで2番目に裕福な人物となっています。

 

17位.レオナルド・ブラバトニック

資産届出額:193億ドル
情報源:Access Industries社

出身校:モスクワ鉄道工学州立大学

 

レオナルド・ブラバトニックは、ソ連からの移住して10年後の1986年にニューヨークでAccess Industriesを設立しました。彼が保有する会社は、娯楽業、金属産業、石油・ガス産業、化学産業など、あらゆる主要分野におけるさまざまな会社の過半数の株式を所有しています。Access Industriesの行った買収の中でも、2011年のワーナー・ミュージック・グループの買収はよく知られています。

 

ブラヴァトニクは鉄道工学州立大学に入りましたが、彼は当時移民手続きの真っ最中だったため、卒業することができませんでした。その後、アメリカのコロンビア大学に入学し、コンピュータサイエンスの修士号を取得しました。

 

16位. ゲンナジー・ティムチェンコ

AFP PHOTO / OLGA MALTSEVA

資産届出額:220億ドル
情報源:Volga Group

出身校:サンクトペテルブルグ工科大学(電気技師)

 

1976年の卒業後、ティムチェンコはサンクトペテルブルク近郊の工場でエンジニアとしてのキャリアをスタートさせました。優秀なエンジニアとしての才能と少しの運は彼のキャリアを後押しし、すぐに外務省の上級エンジニアとなったのです。

 

1991年Finishに入社した当初は次長でしたが、のちにCEOに就任。2007年にはキプロスを拠点とする商品商社として成功を収めたGunvorを設立。数年後には民間投資会社Volga Groupを立ち上げました。彼の会社は、 Novatek、Sibur、Petromir等複数のロシア大手企業の大株主となっています。

 

15位. ウラジーミル・リシン

資産届出額: 238億ドル
情報源:NLMK(Novolipetsk Steel)社

出身校:シベリア国立工業大学(旧 Siberian Metallurgic Institute) (冶金工学)

 

ロシアにおける鉄の大御所であり億万長者のウラジーミル・リシンは、ロシア3大鉄鋼会社の1つであるノヴォリペツク製鉄所の大株主です。彼は地元の金属加工会社で主任溶接工として自身のキャリアをスタートさせました。

 

10年近くそこで勤務した後、リシンはその会社の単独オーナーになりましたが、その時まだ2000年でした。彼はVolga Shipping Companyとロシア連邦送電公社(UES)の株も少し保有しています。

 

14位. ヴァギット・アレクペロフ

資産届出額: 247億ドル
情報源:Lukoil社

出身校::アゼルバイジャン石油化学大学

 

ヴァギット・アレクペロフは、カスピ海地方の地元の製造会社で掘削作業員として自身のキャリアをスタートさせました。1979年から1990年までロシア国内の複数の会社で働いた後、彼はロシアの石油・ガス産業の副大臣に任命されました。

 

燃料エネルギー省のもと、彼は副大臣として1991年に史上初となる垂直統合の国営石油・ガス会社Langepas-Uray-Kogalymneftを設立しました。社名はまもなくルクオイル(LUKoil)に変更され、アレクペロフは社長に就任しました。最近の査定によると、ルクオイルはロスネフチに次いでロシアで2番目に大きな石油会社となっています。

 

13位. レオニード・ミケルソン

資産届出額: 265億ドル
情報源: Novatek社、SIBUR社

出身校: サマラ土木工学研究所/ロシア

 

レオニード・ミヘルソンは、1977年にサマラ研究所で工学の正式な教育を修了しました。彼は当初、建設会社で主任としてスタートしましたが、専門知識があったことにより、Novafinivestとその子会社(後にNovatekと社名変更)での常務取締役というポストを手に入れることになりました。また、SIBURの株式を57%保有し、同社の取締役会長を務めています。

 

 

12位. デイヴィッド・コーク

撮影: Michael Stewart/WireImage

資産届出額: 400億ドル
情報源: Koch Industries社

出身校: マサチューセッツ工科大学(化学工学)

 

デイヴィッド・コークはアメリカの大物実業家であり、現在は世界10大民間企業の一つであるコーク・インダストリーズの副社長をしています。2008年、ある雑誌は彼のことを最も寛大なアメリカの慈善家の一人と表現しました。

 

マサチューセッツ工科大学で化学工学の学士号と修士号を取得しました。2013年、彼はニューヨーク市の最も裕福な居住者となり、推定純資産は477億ドルでした。

 

11位. チャールズ・コーク

Bo Rader/Wichita Eagle/MCT

資産届出額: 450億ドル
情報源: Koch Industries社

出身校: マサチューセッツ工科大学 (核工学)

 

チャールズ・コークはデイヴィッド・コークの兄で、現在はコーク・インダストリーズのCEOを務めています。裕福な家庭に生まれたにもかかわらず、若い頃は苦労が絶えませんでした。チャールズはあるインタビューで、自身の父親は彼に、世界で最も貧しい人のように一生懸命働いてほしいと思っていたことを明かしました。チャールズは一般工学の学士号、機械工学の理学修士号を取得しています。

 

10位. マイケル・ブルームバーグ

撮影:Andrew Burton/Getty Images

資産届出額: 561億ドル
情報源: Bloomberg L.P

出身校: ジョンズ・ホプキンズ大学 (電気工学)

 

マイケル・ブルームバーグはアメリカの政治家であり実業家であり、さらにニューヨーク市の108回番目の市長でもあります。彼は金融データ・メディア会社のブルームバーグを設立しました。1964年にジョンズ・ホプキンス大学工学部を卒業し、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した後、ソロモン・ブラザーズの証券外務員となり大企業でのキャリアをスタートさせました。

 

彼が自身の会社を設立するのにほぼ10年かかりました。はじめはInnovative Market Systemsという社名でしたが、事業が軌道に乗るとすぐに変更されました。1980年代に会社の商標であるブルームバーグターミナルを開始し、2015年までに加入者数が世界中で年間325,000件を超えました。

 

9位. カルロス・スリム・エルー

撮影:Chris Goodney/Bloomberg

資産届出額:626億ドル
情報源:Grupo Carso、Diversified社

出身校: メキシコ国立自治大学 (土木工学)

 

カルロス・スリムはメキシコの実業家、投資家、慈善家です。ビル・ゲイツにその地位を取って代わられるまで、2010年から2013年までずっと、彼は地球上で最も裕福な人物でした。現在は、投資会社Grupo Carsoを通じて、テルメックス、アメリカ・モビル、サムスンメキシコの会長兼CEOを務めています。

 

 

8位. セルゲイ・ブリン

資産届出額:757億ドル
情報源: Alphabet Inc.社

出身校: メリーランド大学、スタンフォード大学(コンピュータエンジニアリング)

 

セルゲイ・ブリンは6歳の時、家族で旧ソ連からアメリカに移住しました。彼は数学とコンピュータサイエンスを学ぶため、メリーランド大学に入学しました。

 

スタンフォード大学在学中、彼はビジネスパートナーであり億万長者仲間のラリー・ペイジと出会いました。この2人によって、インターネットがウェブ検索エンジンと連動する方法が変化したのです。ブリンは、後にGoogle開発で使用したデータマイニング技術を開発したことで広く評価されています。

 

7位. ムケシュ・アンバニ

資産届出額:763億ドル
情報源:Reliance Industries Limited (RIL)

出身校: インスティチュート・オブ・ケミカルテクノロジー(UDCT)/インド (化学工学)

 

ムケシュ・アンバニは、インドの長者番付で過去12年間ずっとトップに君臨しています。彼の会社、Reliance Industries Limited(注:Reliance Groupは弟アニル・アンバニの会社)は2018年に驚異的な年間収益600億ドルを獲得し、フォーチュン500のランキングで最大級となる急上昇を果たしました(203位から148位)。

 

同社は元々、1960年代初めに彼の父ディルバイ・アンバニによって設立されました。ムケシュ青年はインドの研究所で化学工学を学んだ後、MBAの取得を目指していましたが、この会社に入るため途中で断念しなければなりませんでした。2014年以降、彼は家族とともに20億ドル近くのコストをかけた世界一高価な家「アンティリア」に住んでいます。

 

6位. ラリー・ページ

資産届出額: 773億ドル
情報源: Alphabet Inc.社

出身校: ミシガン大学、スタンフォード大学(コンピュータエンジニアリング)

 

ラリー・ペイジはセルゲイ・ブリンと一緒に、アルファベット社の旗艦会社であるGoogleを21年前に設立しました。ともに名誉学位を授与されたスタンフォード大学在学中にこの2人は出会ったのです。彼はGoogleで最も有名な検索順位アルゴリズムであるPageRankの発明者です。

 

5位. マーク・ザッカーバーグ

Rose Lincoln/Harvard Staff Photographer

資産届出額: 1,019憶ドル
情報源:Facebook Corporation社

出身校:ハーバード大学 (名誉)

 

彼は現在34歳ですが、これほどの財を成す人物としては最年少です。彼はエドゥアルド・サヴェリン、ダスティン・モスコヴィッツ、その他2人の大学の友人らとともにハーバード大学寮からFacebookを始めました。

 

ザッカーバーグがFacebookを他の学校や大学に拡大することを決めるまで、それはただの遊びでした。カリフォルニア州パロアルトに移転してから6年後、Facebookは5億人のユーザーがいると発表しました。

 

彼は2008年に10億の大台に達し、さらにその4年後の同社IPOにより、彼の資産はかつてないほど押し上げられたのです。彼は工学部2年の時にハーバード大学を中退しましたが、2017年に同大学より名誉学位を授与されました。

 

4位. ビル・ゲイツ

資産届出額: 1,189億ドル
情報源:Microsoft Corporation社、Cascade Investments社、Berkshire Hathaway社

出身校:ハーバード大学(名誉)

 

マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツは、テクノロジー分野において今なお最も影響力のある人物の1人です。

 

ハーバード大学を中退したにもかかわらず、コンピュータサイエンスの分野における彼の並外れた功績により、名誉学位を授与されることとなりました。マイクロソフトを離れた後、ゲイツは数多くの慈善活動を推進してきました。これまでに、ビル&メリンダ・ゲイツ財団を通じて、様々な科学研究プログラムや慈善団体に350億ドル以上を寄付してきました。

 

3位. ベルナール・アルノー

資産届出額: 1,427億ドル
情報源:LVMH社、Louis Vuitton社
出身校: エコール・ポリテクニーク/フランス

 

ベルナール・アルノーはフランスの実業家であり、多国籍の高級品会社LVMHの会長兼CEOです。エコール工科大学で学士号を取得。アルノーは、ルイ・ヴィトンやクリスティアン・ディオールといった、国際的に有名な高級ブランドのいくつかを手中に収めています。

 

2位. イーロン・マスク

SpaceX Elon Musk

資産届出額: 1,524億ドル
情報源:Tesla社、SpaceX社

出身校:ペンシルベニア大学

 

イーロン・リーブ・マスクは、自身が立ち上げたZip2社をCompaq社に売却した2020年代後半に億万長者となりました。彼は売却額のうち自身のシェア7%分となる2200万ドルを受け取りました。

 

彼は現在、地球上(Tesla)と宇宙空間(SpaceX)の両方における輸送に革命を起こすために取り組んでいます。彼はTeslaの約20%を保有しており、SpaceXには460億ドル以上の価値があります。

 

また、Neuralink(ブレイン・マシン・インターフェースを開発するニューロテクノロジー会社)、The Boring Company(インフラ整備およびトンネル掘削会社)、OpenAI(人類全体に利益をもたらす方法で友好的なAIの促進と開発を目指す会社)の共同創設者でもあります。

 

1位. ジェフ・ベゾス

資産届出額: 1764億ドル
情報源: Amazon Inc.社

出身校: プリンストン大学(電気工学およびコンピューターサイエンス)

 

起業家で電子商取引のパイオニア、ジェフ・ベゾスは、自身の夢を追求するため、1994年に金融業界から離れることを決意しました。インターネットベースのAmazonを設立する前は、ウォール街の複数の会社で働いていました。

 

彼は通信会社のFitelに就職しましたが、その後Bankers Trustに移り、ネットワーク・アーキテクチャを開発しました。彼の最後の就職先となったのはD. E. Shaw & Co で、そこでは技術エンジニアとして働いていました。

 

オンライン書店としてスタートした会社が、現在では世界最大のオンライン小売会社となりました。2015年にWalmartを追い抜くと、アマゾンは米国の時価総額で最大の小売業者となりました。2018年9月には、(アップルに次いで)世界で2番目の企業となり、時価総額は1兆ドルに達しました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ