話題

話題

PR

知っておきたい!ガソリンのグレードに関わる「オクタン価」とは?

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、3 Different Types Of Gasoline | Based On Octane Rating
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

1,122 views

読了時間 : 約4分52秒

ガソリンは、スクーター、オートバイ、自動車、芝刈り機、ボート、その他の機械の動力源として最もよく使われる燃料のひとつです。厳密に言うと、火花点火式内燃機関に使用されます。

 

ガソリンには、エンジンの性能を高めるために、石油(地表下に存在する天然由来の液体)や様々な有機化合物(添加剤)が含まれています。通常、1分子あたり4〜12個の炭素原子を持つ炭化水素の均質な混合物です。

 

その組成は気候や環境規制によって異なりますが、一般的にガソリンの成分は以下の通りです。

 

・40% C4 – C10分岐アルカン
・25% 芳香族
・15% C4 – C8直鎖アルカン
・10% シクロアルカン
・10% 直鎖および環状アルケン

 

液体ヘプタンとイソオクタン(2,2,4-トリメチルペンタン)は、ガソリンの2大成分です。

 

市販のガソリンは、特定のエンジン性能仕様を満たすように作られています。数多くの異なる組成が可能ですが、米国のほとんどのガソリンスタンドでは、オクタン価に基づいて3つの主要グレードのガソリンを販売しています。

 

オクタン価とは?

オクタン価は、燃料のノッキングを回避する能力を示しています。現代のドライバーは「ノック」という言葉に馴染みがないかもしれません。エンジンのシリンダー内で燃料が不規則に点火されたときに発生するビシッという音のことです。これは効率を低下させ、最終的にエンジンを損傷する可能性があります。

 

ノッキングを防止するために、エタノールやETBE【エチル・ターシャリー・ブチル・エーテル】などの酸素を含む化学物質を燃料に添加します。この酸素を含む化学物質がオクタンと呼ばれる炭素数8の炭化水素です。また、燃料システムの洗浄や腐食の抑制のために、その他の化学物質も添加されます。

 

オクタン価には、リサーチ・オクタン価(RON)とモーター・オクタン価(MOR)という2つの手法があります。リサーチ・オクタン価は、低速・高温時のエンジン内での燃料の挙動を示し、モーター・オクタン価は、高速・高温時のエンジンにおける燃料の挙動を示すものです。

 

オクタン価は通常、これら2つのオクタン価の平均値です。国によっては、ガソリンの主成分であるイソオクタンとヘプタンの比率をオクタン価と定義しているところもあります。

 

オクタン価が高いほど、ガソリンの安定性は高くなります。多くの人は、オクタン価が出力に直結すると誤解していますが、オクタン価は、燃料に含まれるエネルギーとは関係ありません。燃料が爆発する前に圧縮に耐えられるかどうかを示しているだけです。

 

では、オクタン価を基準に、(米国で販売されている)ガソリンの主な3つのグレードを詳しく説明します。

 

1.レギュラー:オクタン価が最も低いガソリン

レギュラーガソリンは、オクタン価87です。つまり、87%のイソオクタンと13%のヘプタンで構成されています。ほとんどの自動車メーカーがレギュラーガソリンを推奨しています。たとえばホンダ・シビックは、最低でもオクタン価87の燃料が必要です。3つのグレードの中で最も安価です。

 

レギュラーガソリンは、技術や添加剤の改良により、数十年の間に大きく進歩し、ほとんどのドライバーにとって最適な選択肢となっています。

2. ミッドグレード:オクタン価が中間のガソリン

ほとんどの製油所ではミッドグレード燃料は製造されておらず、代わりにガソリンスタンドでレギュラーガソリンとプレミアムガソリンをブレンドして作られます。レギュラーガソリンとプレミアムガソリンを半々にすると、オクタン価89になります。

 

このグレードの燃料は、ガソリンが廃止されつつあった1990年代半ばに登場し始めました。当時、小売店の大半は有鉛(レギュラー)、無鉛(現在のレギュラー)、そしてプレミアム無鉛ガソリンを販売していました。有鉛燃料が段階的に廃止されると、小売店には3つのグレードの燃料が残ったものの、販売できるのは2つのグレードだけとなりました。そこで生まれたのが、ミッドグレード燃料です。

 

メーカーによっては、ミッドグレードのガソリン(プラスガスとも呼ばれる)の給油を推奨しているところもあります。たとえば、Chrysler 300 5.7L V8、Dodge Charger 5.7L V8、Jeep Cherokee 3.2L V6では、性能向上のためにオクタン価89が必要です。

3. プレミアム:オクタン価が最も高いガソリン

無鉛レギュラーガソリンより30〜60セント高く、一部の高性能車や高級車に必要とされます。特に、高圧縮エンジンやターボチャージャーを搭載した車は、高オクタン価の燃料を使うことで効率と性能を向上させることができます。

 

米国のガソリンスタンドで最も一般的に販売されているプレミアムガソリンは、オクタン価91と93の2種類です。米国エネルギー情報局によると、プレミアムグレードは国内で販売される全ガソリンの約11%を占めています。これは1日あたり100万バレル以上に相当します。一方、米国で販売されているガソリンの85%以上はレギュラー燃料です。

 

BMW 7シリーズやメルセデスSクラスなどの高級ラインは、プレミアムガソリンが必要です。メーカーがプレミアムを要求しているのに、レギュラー燃料を使用すると、エンジンノッキングや性能低下の危険性があります。時間が経つと、エンジンや排ガス制御システムにダメージを与える可能性や、保証が無効になる可能性もあります。

 

よくある質問

プレミアムガソリンを使うと、何か良いことがあるのですか?

ありません。自動車メーカーがプレミアムガソリンの使用を明確に指定していない場合、プレミアムガソリンを使用しても燃費が良くなったり、性能が向上したりするわけではありません。レギュラーガソリンを選んで節約するのがよいでしょう。

 

実際、AAA(全米自動車連盟)の調査によると、米国のドライバーは、レギュラーガソリンで走るように設計された車にプレミアムガソリンを使うことで、毎年20億ドル近くを浪費しているそうです。

 

プレミアムガソリンはエンジンをクリーンにするのですか?

どこかで耳にしたことがあるのかもしれませんが、プレミアムガソリンは燃料システム、特にバルブやインジェクターの堆積物をクリーンにする効果はあまりありません。レギュラーガソリンもプレミアムガソリンも、エンジンの「べとべとしたもの」の蓄積を防ぐ役割を果たす同じ洗浄添加剤を含んでいます。しかし、認可を受けたTop Tier燃料小売店は、Top Tierでない小売店よりも高い基準の洗浄添加剤を使用しています。

 

このように、ガソリンに関しては、エンジンがそれを必要としない場合、「プレミアム」が必ずしも「より良い」ことを意味するわけではありません。もし、本当に車の寿命を延ばすために、より高品質な燃料を使いたいのであれば、ハイオクを買うのではなく、Top Tierガソリンを選択すべきなのです。

 

レギュラーとプレミアム、どのように選ぶのですか?

レギュラーガソリンとプレミアムガソリンのどちらを選ぶかについては、車の年式と重量を考慮してください。もし、より重く、古い車やトラック、SUVで高性能なエンジンを搭載しており、エンジンノッキングに気づいている場合は、プレミアム燃料に変えてみて、問題が解決するかどうか試してみてください。

 

それでもわからない場合は、車のマニュアルでエンジンに必要なガソリンのグレードを確認するか、給油口の裏側を見て、そこに推奨オクタン価が書かれていないかどうかを確認してください。自分の車に必要なガソリンのグレードを知ることで、お金を節約し、エンジンを傷めるリスクも減らすことができます。

 

ガソリンのオクタン価を上げることはできるのですか?

できます。ガソリンのオクタン価を上げるには、次の2つの方法があります。

・エタノールを増量する
・ガソリンの芳香族を増量する

 

現在、エタノールは最も安価にオクタン価を上げることができます。ガソリンのオクタン価を、給油ポンプに表示されているオクタン価まで上げるために広く使われています。たとえば、オクタン価84のガソリンは、エタノールを10%混合することで、小売店で要求される最低オクタン価の87に達します。

 

さらに、エタノールは石油系のオクタン価向上剤に代わる、よりクリーンな燃焼を実現するものです。他の添加剤と比較して毒性が低いうえに、健康への影響も少なく、燃料中のエタノールの含有量を10〜15%程度増やすと、発がんリスクが6%減少します(排気管からの排出)。

おすすめタグ