話題

話題

PR

スマートフォンで臨床品質の超音波をいつでもどこでも生成できる

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Generate Clinical-Quality Ultrasounds On Your Smartphone | Butterfly iQ
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

438 views

読了時間 : 約2分18秒

・iPhoneで臨床品質の超音波画像を生成できる携帯端末「iQ」が開発されました。

・拡張現実と人工知能を活用し、より使いやすいインターフェースを実現します。

・この装置はFDAの認可を受けており、価格は約2,000ドルです。

 

技術産業は驚異的なスピードで成長しています。1世紀前には誰も想像しなかったようなことが、数多く実現されています。何十万キロものペイロードを宇宙へ送り出したり、携帯端末で4Kビデオを録画したりと、人類は多くのことを成し遂げてきました。

 

今はスタートアップの時代です。ここ数十年の間、私たちの生活をより快適にする、数え切れないほどの革新的な製品が作られました。最近、Butterfly Networkという新規企業が、自宅にいながらスマートフォンで高品質の超音波画像を撮影できる手軽で低価格の装置を作りました。

 

MITの卒業生であるJonathan Rothbergが共同設立したこの企業は、臨床品質の超音波画像を、体温や血圧のチェックと同じくらい簡単で、どこにでもあるものにすることを目指しています。

 

デバイスについて

最新バージョンのiPhoneに装着できる低価格のハンディスキャナーです。高画質な超音波画像を生成し、クラウドにアップロードすることで、簡単に検索することができます。許可を得た医師や専門家は、世界中のどこからでも画像を解析し、意見を述べることができます。

 

 

従来の機械とどう違うのか?

従来の超音波診断装置は、水晶振動子などのモジュールを振動させて超音波を発生させていました。価格は15,000ドルから100,000ドル程度で、大型の据え置き型装置です。

 

 

一つ言える事は、ほとんどの移行思想家が、移行は起こっていると主張していて譲らないということです。多くの社会運動が、わかりやすい例です。私たちは今、移行の真っ最中なのです。

 

2017年11月、アメリカFDA(食品医薬品局)は、腹部、婦人科、泌尿器科、胎児、心臓血管、筋骨格など複数の臨床応用を承認しました。Butterfly Networkは、数万件の注文があり、今後数ヶ月の間に製品の出荷を開始すると発表しています。

 

最初の顧客は臨床医や医師だが、最終的には救急隊員や超音波を使ったことのない看護師まで、すべての人に使ってもらえるようになります。将来的には、消費者への直接販売も目指しています。当初は病院でしか使われなかった血圧計のように、数年後には一般家庭にも普及するように、FDAと協力していく予定です。

 

 

 

iQを支える技術

超音波診断装置は、水晶振動子が埋め込まれた小さな変換器を使用しています。水晶に電流を流すと、水晶が振動し、音波が発生し、体内に伝わります。水晶に電流を流すと、水晶が振動して音波を発生し、その音波が体内に伝わります。水晶に反響があると電流が発生し、それが超音波画像に変換されます。

 

水晶のような働きをするポータブルデバイスで、低価格になりました。9,000近い振動子チャンネルと他の電子モジュールを搭載しています。音波を送受信することができ、その音波を3D超音波画像に変換します。

 

このチップの計算能力は素晴らしいものがあります。1秒間に5兆回近い演算を行い、超音波を取り込み、リアルタイムでiPhoneの画面に映し出すことができます。

 

このシステムは、拡張現実と人工知能を活用し、より使いやすくなっています。デバイスの位置を見つけられない時は、人工知能のアルゴリズムがプローブの位置を自動的に検出し、実際にスキャンしようとしているものを認識し、拡張現実システムが最適なプローブの位置まで誘導してくれます。

 

コストが低いので、遠隔地でも非常に有効で、すぐに何百人もの命を救うことができます。発展途上国や先進国を問わず、ほとんどすべての重要な地域や救急治療室で使用でき、人々の命を救うことができるため、研究者のモチベーションも上がります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ